Rchr
J-GLOBAL ID:200901032882100577   Update date: Jun. 06, 2020

Ishinazaka Tsuyoshi

イシナザカ ツヨシ | Ishinazaka Tsuyoshi
Affiliation and department:
Job title: Research Assistant
Research field  (3): Veterinary medicine ,  Veterinary medicine ,  Veterinary medicine
Research keywords  (2): 動物病とその予防・治療 獣医学一般 ,  Animal diseases and their prevention and therapy Veterinary medicine in general
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2004 - 外来種対策としての繁殖抑制技術の有効性評価〜獣医学と哺乳類生態学の融合〜
  • 2004 - Evaluation of fertility control for alian species in Japan.
  • 2003 - 乳牛の卵巣疾患に関する研究
  • 2003 - 犬猫の人工授精技術の改良
  • 2003 - Ovarian disorders in dairy cows
Show all
MISC (47):
Books (3):
  • 「生態学からみた野生生物の保護と法律」(共著)
    講談社サイエンティフィク 2003
  • 「知床のほ乳類1」(共著)
    北海道新聞社 2000
  • 「トドの回遊生態と保全」(共著)
    東海大学出版会 1999
Works (6):
  • (北海道の海生哺乳類管理-シンポジウム「人と獣の生きる海」報告書- pp.69-87. 北の海の動物センター, 札幌.) 桜井泰憲・星野広志・磯野岳臣・高山琢馬・石名坂豪・和田昭彦(2004)なぜトドは越冬来遊するのか.(小林万里・磯野岳臣・服部薫 編)北海道の海生哺乳類管理-シンポジウム「人と獣の生きる海」報告書- pp.69-87. 北の海の動物センター, 札幌. (ISBN4-902747-00-6 C3045 ソフトカバー書籍A5版)
    2000 - 2003
  • Aerial observation on Steller sea lions in the Sea of Japan during winter.
    2000 - 2003
  • 石名坂豪(2003) トド・アザラシ類(鰭脚類)の繁殖学的研究. Twig's(The Journal of Nihon University Veterinary Science), 49:13-16.
    2003 -
  • (北方四島(択捉島、国後島、色丹島および歯舞群島)) 北方四島における鰭脚類の生息状況調査(ビザなし専門家交流による).
    2000 - 2002
  • 第6回自然環境保全基礎調査 海域自然環境保全基礎調査 海棲動物調査(鰭脚類及びラッコ生息調査)報告書.(環境省自然環境局 生物多様性センター) (PDF全文ダウンロード可能)
    2002 -
more...
Education (4):
  • - 2002 Hokkaido University
  • - 2002 Hokkaido University
  • - 1998 Nihon University
  • - 1998 Nihon University Department of Veterinary Medicine
Professional career (1):
  • 博士(獣医学) (北海道大学)
Work history (5):
  • 2002 - 2003 学校法人宮島学園 北海道調理師専門学校 非常勤講師(公衆衛生学)
  • 2002 - 2003 Hokkaido University Graduate School of Veterinary Medicine
  • 2003 - - 日本大学生物資源科学部獣医学科 獣医臨床繁殖学研究室 助手
  • 2002 - 北海道大学先端科学技術共同研究センター 臨時研究補助員
  • 1999 - 2001 学校法人宮島学園 北海道調理師専門学校 非常勤講師(公衆衛生学)
Association Membership(s) (5):
日本獣医学会 ,  日本繁殖生物学会 ,  野生生物保護学会 ,  日本野生動物医学会 ,  日本哺乳類学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page