Rchr
J-GLOBAL ID:200901032948093623   Update date: Jun. 07, 2020

Kawabata Mitsuko

カワバタ ミツコ | Kawabata Mitsuko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (3): Art history ,  Aesthetics and art studies ,  Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (6): ユダヤ研究 ,  ラテンアメリカ研究 ,  民族音楽学 ,  Jewish Studies ,  Latin American Studies ,  Ethnomusicology
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2018 - 2021 「ディアスポラ」を離れたアルゼンチン・ユダヤ音楽家に関する民族音楽学的研究
  • 2012 - The Politics of Musical Hybridity in Buenos Aires: Jewish Music, Youth Culture, and Cultural Policy
  • The Construction of Argentineness and Music
  • The Construction of Jewish Identity and Music in Latin America
Papers (8):
  • Mitsuko Kawabata. The Politics of Musical Hybridity in Buenos Aires: Jewish Music, Youth Culture, and Cultural Policy. Indiana University. 2019
  • KAWABATA Mitsuko. Musical Diversity in the Contemporary Argentine Jewish Community. Journal of Latin American Studies. 2019. 47
  • 川端美都子. The Meanings and Problems of Preserving Musical Performance from an Ethnomusicological Perspective. 2017
  • 川端美都子. The Topology of Queerness and Jewishness in Buenos Aires. -- From “Silent Exile” to “Home” --. 香川大学経済論叢. 2016. 89. 3. 595-623
  • 川端 美都子. 「伝統と創造性の狭間で:なぜジューバンJewban・パフォーマーはアイデンティティを表現するのか?」. 『コンフリクトのなかの芸術と表現-文化的ダイナミズムの地平』. 2012. 127-148
more...
Books (1):
  • 世界の音楽大図鑑
    河出書房新社 2014
Lectures and oral presentations  (34):
  • (民族)音楽学者というアイデンティティと音楽文化研究との狭間で
    (2017)
  • 民族音楽学的見地から考える音楽演奏の保存の意義と諸問題
    (第60回 自動制御連合講演会 2017)
  • (民族)音楽学者というアイデンティティと音楽文化研究との狭間で
    (2017)
  • 民族音楽学的見地から考える音楽演奏の保存の意義と諸問題
    (第60回 自動制御連合講演会 2017)
  • 19世紀末のアルゼンチン・サーカスと初期のタンゴ音楽
    (2016)
more...
Works (6):
  • アルゼンチンへのフィールドワーク
    2012 -
  • アルゼンチン
    2008 -
  • アルゼンチン
    2007 -
  • アルゼンチン
    2005 -
  • アルゼンチン、ペルー、ポリビア
    2003 -
more...
Education (4):
  • 2009 - 2019 Indiana University
  • 2003 - 2009 大阪大学大学院 音楽学
  • 2006 - 2007 University of Kansas Musicology
  • 2001 - 2003 Osaka University Musicology
Professional career (4):
  • Master's (Osaka University)
  • Ph.D. (Osaka University)
  • Master's (University of Miami)
  • Ph.D (Indiana University)
Work history (18):
  • 2018/10 - 2020/03 Kwansei Gakuin University School of Humanities
  • 2017/06 - - 香川大学経済学部, 准教授
  • 2016/04 - 2017/05 香川大学, 講師
  • 2016/10 - - 関西学院大学社会学部, 非常勤講師
  • 2015 - Osaka University
Show all
Association Membership(s) (4):
日本ユダヤ学会 ,  Society for Ethnomusicology ,  日本ポピュラー音楽学会 ,  日本音楽学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page