Rchr
J-GLOBAL ID:200901033167859538   Update date: Nov. 17, 2020

Makino Koshi

マキノ コウシ | Makino Koshi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Social psychology
Research keywords  (2): 社会心理学 ,  心理学
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2009 - 2018 中学生におけるコミュニケーション・スキル訓練の開発とその実施
  • 2009 - 2015 中学生におけるコミュニケーション・スキル訓練の開発とその実施
  • 2006 - 2009 恋愛関係崩壊時の話し合い方略とその効果
  • 2006 - 2008 広告効果に及ぼすコンテンツ情報の影響
  • 2001 - 2004 説得に及ぼすユーモアの効果
Papers (21):
  • Effects of marital couples' humor on relationship quality. 2019. 7. 1-17
  • 牧野幸志, 吉田佐治子, 久保貞也, 鳥居祐介, 小野晃正, 米山雅紀, 植杉大, 柳沢学. 大学におけるアクティブ・ラーニングの現状とその課題. 地域総合研究所報. 2019. 4
  • 水野 武, 久保 貞也, 牧野 幸志他. 摂南大学におけるアクティブ・ラーニングのためのティーチングスキルの実証的研究. 摂南大学地域総合研究所報. 2018. 3. 78-91
  • A basic research on the unfaithful love of contemporary adolescence in Japan (4). Social Psychology and Affects in Contemporary Japan. 2014. 64. 99-122
  • A basic research on infidelity amongst contemporary adolescence in Japan. 2014. 印刷中
more...
MISC (1):
  • 田中克明. 広告効果に及ぼすコンテンツ情報の影響とその情報処理過程に関する研究. 平成17年度~19年度科学研究費補助金(基盤研究(C)研究成果報告書. 2008
Books (4):
  • 心理学研究の新世紀2 「社会心理学」
    ミネルヴァ書房 2012
  • 説得に及ぼすユーモアの効果とその生起メカニズム
    風間書房 2010
  • PSYCHOLOGY A STUDENT'S HANDBOOK
    2008
  • ことばのコミュニケーション 対人関係のレトリック
    ナカニシヤ出版 2007
Lectures and oral presentations  (63):
  • コミュニケーション・スキルに及ぼす心理ゲームの効果(1)
    (日本社会心理学会 第60回大会 2019)
  • 説得のためのコミュニケーション・スキルの開発(2)
    (日本グループ・ダイナミックス学会 第66回大会 2019)
  • 大学におけるアクティブ・ラーニングとその効果(3)
    (日本教育心理学会第61回総会 2019)
  • Active learning and its effect at the university (4)
    (2019)
  • 青年期の批判的思考に及ぼす心理ゲームの効果
    (アジア社会心理学会2019 2019)
more...
Education (2):
  • - 2000 Hiroshima University
  • - 2000 Hiroshima University
Professional career (3):
  • 教育学士 (東京学芸大学)
  • 心理学(修士) (広島大学)
  • 博士(心理学) (広島大学)
Committee career (2):
  • 2005/04/01 - 現在 日本心理臨床学会 会員
  • 1995/04/01 - 現在 日本心理学会 会員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page