Rchr
J-GLOBAL ID:200901033253854000   Update date: Dec. 14, 2003

Kamada Osamu

カマダ オサム | Kamada Osamu
Affiliation and department:
Research field  (2): Linguistics ,  Literature - European
Research keywords  (6): 英語教育 ,  日本語教育 ,  応用言語学 ,  English Pedagogy(Teaching English as a Second Language) ,  Japanese Pedagogy(Teaching Japanese as a Second Language) ,  Educational Linguistics
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 国内・国外の日本語教育
  • 日本語の中間言語研究
  • 引用とソーシャルダイクシス引用、モダリティー、視点、スタイル
  • Japanese as a Second and a Foreign Language
  • Japanese interlanguage research
Show all
MISC (22):
  • 「日本語の引用」. 明治書院. 2000. 19. 5. 13
  • 日本語の引用研究:序論. 無差(京都外国語大学日本語学科紀要). 1999. 6. 25
  • Quotation in Japanese : Introductory Remarks. Musha. 1999. 6. 25
  • 生きた素材で学ぶ「中級から上級への日本語」. ジャパン・タイムズ. 1998
  • Authentic Japanese : Progressing from Intermediate to Advanced. Japan Times. 1998
more...
Books (12):
  • 『接触場面と日本語教育-ネウスプトニーのインパクト』
    明治書院 2003
  • 『異文化を知る心-国際化と多文化の視座から』
    世界思想社 2003
  • 『ACTFL-OPI入門』
    アルク 2001
  • 『日本語の引用』
    ひつじ書房 2000
  • (Reportel Speech in Japanese)
    2000
more...
Works (4):
  • Ohushu Nihongo Kyozai Project
    2000 - 2003
  • 多応性のある日本語教育教材研究及び作成-欧州広領域での使用を目指して-
    2000 -
  • 日本語中間言語研究(米国社会科学協会の援助による日本での一年間研究)
    1989 - 1990
  • A Study of Reported Speech in Japanese as a Second Language
    1989 - 1990
Education (6):
  • - 1986 マサチューセッツ大学大学院 教育言語学
  • - 1986 University of Massachusetts
  • - 1980 University of Pittsburgh
  • - 1980 University of Pittsburgu Linguistics
  • - 1974 Osaka University of Foreign Studies
Show all
Professional career (2):
  • Doctor of Education
  • Master of Arts
Committee career (2):
  • 1990 - 1992 全米日本語教師学会 Association of Teachers of Japanese 理事(Executive Board)
  • 日本語教育学会 評議員
Association Membership(s) (4):
日本語教育学会 ,  アメリカ外国語教育協会 American Council on Teaching of Foreign Languages ,  アメリカ言語学会 Linguistic Society of America ,  全米日本語教師学会 Association of Teachers of Japanese
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page