Rchr
J-GLOBAL ID:200901033418271837   Update date: Jul. 02, 2022

Aoyagi Naoto

Aoyagi Naoto | Aoyagi Naoto
Affiliation and department:
Job title: Associate Research Manager
Research field  (1): Synthetic organic chemistry
Research keywords  (3): 二酸化炭素 ,  有機合成 ,  高分子合成
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2022 環状トリチオカーボナートを側鎖に持つ高分子の固体電解質への応用
  • 2005 - 2007 リビングラジカル重合反応による両末端反応性オリゴマーの合成と機能
Papers (30):
more...
MISC (10):
  • 米田昌弘, 松木囿裕之, 青柳直人, 遠藤剛. 種々の触媒を用いたシアネート基を有するモノマー類の環化三量化に基づく重合挙動. ネットワークポリマー講演討論会講演要旨集. 2019. 69th
  • 青柳直人, 遠藤剛. 硫黄原子からなるスピロ構造を有する二官能性モノマーの合成と光硬化反応による高屈折率ネットワークポリマーの合成に関する研究. ネットワークポリマー講演討論会講演要旨集. 2019. 69th
  • 青柳直人, 遠藤剛. スピロ構造を有する二官能性O-プロパルギル及びS-プロパルギルモノマーの合成とチオール類との光硬化反応による高屈折率ネットワークポリマーへの応用. ネットワークポリマー講演討論会講演要旨集. 2018. 68th
  • 米田昌弘, 柚木辰也, 青柳直人, 遠藤剛. 芳香族ニトリルの環化三量化によるトリアジンポリマーの合成. 高分子学会予稿集(CD-ROM). 2017. 66. 1
  • 柚木辰也, 西雅之, 青柳直人, 遠藤剛. エーテル/スルホンスペーサーを有するポリベンゾイミダゾールの合成とネットワークポリマーの燃料電池における電解質膜への応用. 高分子学会予稿集(CD-ROM). 2017. 66. 2
more...
Patents (13):
  • (メタ)アクリル酸エステル化合物、それを含む重合性組成物、及び(メタ)アクリル系重合体
  • 多官能プロパルギル化合物及びそれを含む光学用組成物
  • 光学材料用組成物
  • 新規テトラチアスピロ化合物、それを含む光学用組成物、及びその製造方法
  • 新規テトラチアスピロ化合物、それを含む光学用組成物、及びその製造方法
more...
Books (2):
  • CO2削減,省エネに関する新技術,採用事例,規制対応
    (株)技術情報協会 2017
  • 二酸化炭素を用いた化学品製造技術
    S & T出版 2016
Education (5):
  • - 2004 Yamagata University
  • - 2001 Yamagata University
  • - 2001 Yamagata University
  • - 1999 Yamagata University
  • - 1999 Yamagata University
Professional career (1):
  • Dr. (Yamagata University)
Work history (6):
  • 2019/10 - 現在 三菱ガス化学株式会社 東京研究所 副主任研究員
  • 2019/04 - 2019/09 Kyushu Institute of Technology Molecular Engineering Institute
  • 2014/04 - 2019/03 Kindai University Molecular Engineering Institute
  • 2011/04 - 2014/03 Kindai University Molecular Engineering Institute
  • 2006/06 - 2011/03 (財)山形県産業技術振興機構 研究員
Show all
Awards (2):
  • 2018/11 - 合成樹脂工業協会 第42回合成樹脂工業協会賞 学術奨励賞
  • 2013/10 - 合成樹脂工業協会 第63回ネットワークポリマー講演討論会 ベストプレゼンテーション賞
Association Membership(s) (3):
THE SOCIETY OF CHEMICAL ENGINEERS, JAPAN ,  THE SOCIETY OF POLYMER SCIENCE, JAPAN ,  THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page