Rchr
J-GLOBAL ID:200901033645562171   Update date: Sep. 30, 2020

Tamura Kazuo

タムラ カズオ | Tamura Kazuo
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.life.kindai.ac.jp/~tamura/index.htm
Research field  (5): Tumor diagnostics and therapeutics ,  General surgery, pediatric surgery ,  General surgery, pediatric surgery ,  Medical biochemistry ,  Medical biochemistry
Research keywords  (9): Hereditary tumors ,  Genetic Testing ,  遺伝性腫瘍 ,  Genetic Counseling ,  Cancer Genetics ,  遺伝性大腸癌 ,  人類遺伝学 ,  Hereditary colorectal Cancer ,  Human Genetics
Research theme for competitive and other funds  (17):
  • 2017 - 2018 ゲノムcopy number異常検出に向けた新しい解析法の開発と展開
  • 2016 - 2017 大腸癌発生に関わるWntシグナル伝達系・塩基除去修復遺伝子群および修飾遺伝子の解析
  • 2016 - 2017 多彩な内分泌異常を生じる遺伝性疾患(多発性内分泌腫瘍症およびフォン・ヒッペル・リンドウ病)の実態把握と診療標準化の研究
  • 2016 - 2017 遺伝性腫瘍疾患の責任遺伝子探索から治療開発
  • 2013 - 2014 Wntシグナル伝達系を介する大腸発癌と多様性発現に関する研究
Show all
Papers (65):
MISC (156):
Patents (1):
  • 遺伝子量の測定方法
Books (34):
  • 最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング シリーズ3 最新多因子遺伝性疾患研究と遺伝カウンセリング
    メディカルドゥ 2018
  • トンプソン&トンプソン 遺伝医学第2版
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 2017
  • 最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング(シリーズ1) 最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍研究と遺伝カウンセリング
    メディカルドゥ 2016
  • 最先端バイオマーカーを用いた診断薬/診断装置開発と薬事対応
    (株)技術情報協会 2015
  • こどもの病気 遺伝について聞かれたら
    診断と治療社 2015
more...
Lectures and oral presentations  (151):
  • 乳癌及び卵巣癌患者のBRCA1/2検査受検率と検査費用の関連性について
    (第26回日本家族性腫瘍学会学術集会 2020)
  • 若年性ポリポーシス症候群13家系の遺伝学的検査とその意義
    (第26回日本家族性腫瘍学会学術集会 2020)
  • がんゲノム医療時代のEMAST解析の意義
    (第26回日本家族性腫瘍学会学術集会 2020)
  • 誤った病名の認識は、遺伝性腫瘍のリスク評価とリスク認識に影響を与える
    (第26回日本家族性腫瘍学会学術集会 2020)
  • 多発性肺嚢胞と反復性気胸を契機に遺伝学的検査を受検しBirt-Hogg-Dube症候群と確診した1例
    (第26回日本家族性腫瘍学会学術集会 2020)
more...
Education (4):
  • 1990 - 1994 Hyogo College of Medicine
  • - 1994 Hyogo College of Medicine
  • 1972 - 1978 Hyogo College of Medicine School of Medicine
  • - 1978 Hyogo College of Medicine
Professional career (1):
  • (BLANK) (Hyogo College of Medicine)
Work history (7):
  • 2020/04 - 現在 Kindai University Faculty of Science and Engineering Department of Life Science Visiting Professor
  • 2007/04 - 2020/03 Kindai University Department of Life Science, Faculty of Science and Engineering Professor
  • 1999/04 - 2007/03 Hyogo College of Medicine Institute for Advanced Medical Sciences Assistant professor
  • 2000 - 2001 Associate Professor, Faculty of Medicine,
  • 1995/07 - 1999/03 Hyogo College of Medicine Department of Genetics Lecturer
Show all
Committee career (3):
  • 2020/06 - 現在 日本遺伝性腫瘍学会 監事
  • - 現在 日本遺伝カウンセリング学会 日本遺伝カウンセリング学会評議員
  • - 現在 日本人類遺伝学会 日本人類遺伝学会評議員
Association Membership(s) (12):
American Association for Cancer Research ,  THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN ,  JAPAN GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY SOCIETY ,  The International Society for Gastrointestinal Hereditary Tumours ,  The Japanese Society for Hereditary Tumors ,  Americal Association of Human Gentics ,  日本遺伝カウンセリング学会 ,  日本外科学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本癌学会 ,  日本人類遺伝学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page