Rchr
J-GLOBAL ID:200901033851417528   Update date: Apr. 15, 2020

Saito Miwa

サイトウ ミワ | Saito Miwa
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (3):
Research field  (1): Literature - British/English-languag
Research keywords  (7): 近代英国の文学・社会・思想 ,  伝記 ,  英米詩 ,  英文学 ,  Early Modern English Literature ,  Biography ,  English Poetry
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2019 - 2022 近代英国における女の〈終活〉研究
  • 2013 - 2016 Women and Biography in Early Modern England
  • 2010 - 2012 Children and Martyrologies in the Christian World
  • 2002 - 2003 European View of Suicide
  • 2001 - 2002 Political Lamentation: The Funeral Elegy in Early Modern England, 1603-1660
Show all
Papers (7):
  • 齊藤 美和. 無名少女の偉人伝 -ジョン・ダン『周年追悼詩』-. 欧米言語文化研究. 2015. 3. 71-91
  • 齊藤 美和. 殉教者を演じる魂-バニヤンの内的自伝『溢れる恩寵』についての考察-. 欧米言語文化研究. 2013. 1. 59-76
  • 齊藤 美和. 花嫁の反逆-反-童話としてのGoblin Market. 外国文学研究. 2009. 28. 1-18
  • 齊藤 美和. Margaret Cavendish から読者へ-書き、出版し、献呈する有閑マダム-. 奈良女子大学文学部研究教育年報. 2007. 4. 35-41
  • 齊藤 美和. 「Carol Ann Duffyの詩に見る移民問題」. 奈良女子大学人間文化研究科年報. 2003. 18号. 19-27
more...
MISC (13):
  • 齊藤 美和. (翻訳)マーガレット・キャベンディッシュ「著者の生い立ちと人生についての真実の話」(1656年)〈後編〉. 欧米言語文化研究. 2016. 4. 93-104
  • 齊藤 美和. (翻訳)マーガレット・キャベンディッシュ「著者の生い立ちと人生についての真実の話」(1656年)〈前編〉. 欧米言語文化研究. 2014. 2. 113-124
  • SAITO, Miwa. Review: Karen Weisman(ed.), The Oxford Handbook of Elegy. Notes and Queries, Oxford Journal. 2011. 256. 3. 465-6
  • SAITO miwa. Review: Scott L. Newstok, Quoting Death in Early Modern England: The Poetics of Epitaphs Beyond the Tomb. Notes and Queries, Oxford Journal. 2010. 255. 3. 433-4
  • 齊藤 美和, 谷内律子, 王暁利. Christina Rossetti, Goblin Market 研究. 人間文化研究科年報. 2009. 24. 251-260
more...
Books (10):
  • (単著)『記憶の薄暮-十七世紀英国と伝記ー』
    大学教育出版 2018
  • (編著)『イギリスの詩を読む -ミューズの奏でる寓意・伝説・神話の世界-』
    かもがわ出版 2016
  • (共著)『十七世紀英文学を歴史的に読む』
    英宝社 2015
  • (共著)『十七世紀英文学における終わりと始まり』
    金星堂 2013
  • (共訳)『ジョン・ダン「自殺論」』
    英宝社 2008
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • 「John Bunyan, Grace Abounding to the Chief of Sinners についての考察」(十七世紀英文学会関西支部での発表とほぼ同一の内容)
    (十七世紀英文学会全国大会(仙台ガーデンパレス) 2013)
  • 「殉教者を演じる魂-John Bunyan, Grace Abounding to the Chief of Sinners-」
    (十七世紀英文学会関西支部例会 2013)
  • 「マーガレット・キャベンディッシュから読者へ」
    (奈良女子大学英語英米文学会 2006)
  • 「英文学の楽しみ方ー英文学研究の展望」
    (日本英文学会「関西支部」設立準備大会シンポジアム (於:大阪大学) 2005)
  • 「イギリスにおける〈文学〉の誕生」
    (日本英文学会 第77回全国大会:シンポジア「第一部門」(於:日本大学) 2005)
more...
Education (4):
  • 1994 - 1998 Nara Women's University
  • 1996 - 1997 Oxford University, Oriel College,
  • 1992 - 1994 Nara Women's University
  • 1986 - 1990 Kyoto Women's University
Professional career (2):
  • (BLANK) (Nara Women's University)
  • 文学修士 (奈良女子大学)
Work history (4):
  • 2018 - 現在 Nara Women's University Faculty
  • 2006 - 2018 Nara Women's University Faculty of Letters
  • 2003 - 2006 Kyoto Institute of Technology
  • 2000 - 2003 Nara Women's University
Committee career (5):
  • 2019/04 - 2020/03 日本英文学会関西支部 大会準備委員(開催校委員)
  • 2017/04 - 2018/03 日本英文学会関西支部 編集委員長
  • 2016/04 - 2017/03 日本英文学会関西支部 副編集委員長
  • 2013/04 - 十七世紀英文学会 編集委員
  • 2008/04 - 2010/03 日本英文学会関西支部 大会運営委員
Association Membership(s) (3):
十七世紀英文学会 ,  日本英文学会関西支部 ,  日本英文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page