Rchr
J-GLOBAL ID:200901034001989898   Update date: Apr. 10, 2021

Miyazaki Seiko

ミヤザキ セイコ | Miyazaki Seiko
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.fwu.ac.jp/la/miyazaki.html
Research field  (4): Sociology ,  Cultural anthropology and folklore ,  Gender studies ,  Local studies
Research keywords  (16): 青年団 (男女) ,  社会教育 ,  ふるさと ,  再生産労働 ,  エスニシティ ,  階層 ,  ケア ,  兵士 ,  ライフヒストリー ,  キャリア ,  植民地 ,  教育 ,  台湾 ,  ジェンダー ,  地域研究 ,  文化人類学
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2011 - 2014 Study on School Education and Cultures around the Schools in Taiwan and Korea under the rule of Japan
  • 2012 - 2013 現代台湾における育児をめぐる言説の諸相とジェンダー
  • 2010 - 2012 植民地における通婚と家族をめぐる法制・慣習の研究
  • 2007 - 2009 Study about Registered/unregistered Marriages between Colonizers and the Colonized
  • 2007 - 2008 Nurses and Nursing Education in Asia in an Era of Globalization : Gendered Perspectives
Show all
Papers (35):
  • MIYAZAKI , Seiko. The establishment of the Maiden’s Association and the role of a Japanese official as a middle leader in colonial Taiwan. Japanese Studies in East Asia. 2020. 4. 205-218
  • 宮崎聖子. 「植民地期台湾における内地人女子青年団--台北女子青年団」. 南島史学. 2019. 87. 186-197
  • 宮崎聖子. 「植民地期台湾における田中一家と満洲」. 東アジア日本学研究. 2019. 創刊号. 191-200
  • 宮崎聖子. 「ボーダーランドとしての植民地 : 台湾の青年団女子におけるエイジェンシーを中心に」. 民衆史研究. 2016. 91. 21-33
  • 宮崎聖子. 「植民地期台湾における田中一二の青年言説と実践」. 南島史学. 2015. 83. 136-166
more...
MISC (27):
  • 宮崎聖子. お茶の水女子大・家政学部・家庭経営学科における原先生. 国際ジェンダー学会 News Letter. 2020. 2020年. 6月. 5-6
  • 宮崎聖子. 東アジアの植民地とジェンダー. 歴史と地理ー世界史の研究. 2019. 721. 50-53
  • 宮崎聖子. 「私の情報窓口だった台湾教育史研究会」. 『台湾教育史研究会通訊』(台北). 2018. 解散記念号. 55-55
  • 宮崎聖子. 黄麗雲報告に対するコメント. 現代台湾研究. 2014. 45. 125-126
  • 宮崎聖子. 植民地台湾における幼児と日本文化・日本語--国語保育園を中心に. 『日本統治下台湾・朝鮮の学校教育と周辺文化の研究』平成23~25年度科学研究費補助金 基盤研究B 研究成果報告書 研究代表者 佐藤由美. 2014
more...
Books (10):
  • 殖民地臺灣之青年團與地域變貌(1910-1945)
    国立台湾大学出版中心 2019
  • 植民地帝国日本における知と権力
    思文閣出版 2019
  • 現代台湾における子育てをめぐる言説の諸相とジェンダー(KFAW調査報告書Vol.2013-2)
    アジア女性交流・研究フォーラム 2014
  • 地域社会から見る帝国日本と植民地: 朝鮮・台湾・満洲
    思文閣出版 2013 ISBN:4784216820
  • Taiwan under Japanese Rule: Cultural Translation and Colonial Modernity
    Center For Taiwan Studies, Department of East Asian Languages and Cultural Studies, University of California, Santa Barbara 2011
more...
Education (1):
  • - 2004 Ochanomizu University
Professional career (1):
  • 博士 人文科学 (お茶の水女子大学)
Work history (6):
  • - 現在 九州大学大学院 非常勤講師
  • 国立台湾師範大学 文学院歴史学系 客員教授
  • 北九州アジア女性交流研究フォーラム 客員研究員
  • International Research Center for Japanese Studies
  • Seinan Gakuin University
Show all
Committee career (8):
  • - 現在 南島史学会 評議員
  • - 現在 国際ジェンダー学会 評議員
  • - 現在 南島史学会 学会誌編集委員
  • 2018 - 2019 日本台湾学会 21回大会実行委員
  • 福岡市 男女共同参画審議会委員
Show all
Association Membership(s) (8):
東アジア日本学研究学会 ,  台湾史研究会 ,  日本台湾学会 ,  南島史学会 ,  関東社会学会 ,  教育史学会 ,  国際ジェンダー学会 ,  日本文化人類学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page