Rchr
J-GLOBAL ID:200901034034028699   Update date: Dec. 04, 2020

Suzuki Hiroyuki

Suzuki Hiroyuki
Affiliation and department:
Research field  (2): Literature - General ,  Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (3): アフリカ文学 ,  アフリカ音楽 ,  文化人類学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2017 - 現在 フランス語圏西アフリカにおけるアフリカ文学の研究
  • 2000 - 現在 西アフリカにおけるマンデ音楽の研究
  • 1989 - 現在 アフリカ都市におけるストリート音楽の研究
Papers (25):
  • The Mande Identity expressed in Camara Laye's novels. Liberal Arts Review. 2020. 83. 1-32
  • History of Mande Literature: Introduction to the Anthropological Study of African Literature. Kyoyo-Ronshu Liberal Arts Review. 2019. 82. 1-27
  • マンデ・ポップスと音楽マーケットとの関係:ナショナリズム時代からワールドミュージックまで. 教養論集. 2017. 80. 17-39
  • アビジャンの音楽産業とグリオの技芸:近代化される誉め歌の伝統. 教養論集. 2015. 78. 1-34
  • Relation entre la Mande Pop et le marche de la musique : de la musique nationaliste a la World Music. Culture sonore d'Afrique VI. 2015
more...
Books (13):
  • 『アフリカン・ポップス!:文化人類学からみる魅惑の音楽世界』
    明石書店 2015
  • 『恋する文化人類学者:結婚を通して異文化を理解する』
    世界思想社 2015
  • 文化の構成要素としてのドラッグ:アビジャンのストリート文化における大麻
    晃洋書房 2014
  • アフリカ文化論:音楽から見たアフリカ社会、伝統から現代まで
    明石書店 2010
  • レヴィ=ストロース『神話論理IV-2:裸の人2』(訳書)
    2010
more...
Lectures and oral presentations  (28):
  • マンデ文学研究3:マサ・マカン・ジャバテによるマンデの<人間喜劇>
    (日本アフリカ学会第57回学術大会 2020)
  • Studies of Mande Literature 2: Camara Laye and Mande Identity
    (Japan Association for African Studies 56th Annual Meeting 2019)
  • History of Mande Literature: African Literature from anthropological viewpoints
    (Japan Association for African Studies 55th Annual Meeting 2018)
  • 恋する文化人類学者は、アフリカで何を見たのか?:調査と体験の狭間で
    (英米文化学会第35回大会 2017)
  • African Musin in Japan: When and How the African Musicians came to Japan ?
    (Japan Association for African Studies 54th Congress 2017)
more...
Works (4):
  • 政治を映すレゲエ:アルファ・ブロンディはいかに政治を歌ったか
    2005 -
  • ギニア音楽の<近代化>:あるグリオー族の歴史から
    2002 -
  • セク・トゥレが音楽で目指したもの:ギニア・ナショナリズム昂揚のメディアとして
    2001 -
  • コートジボワールのことわざ
    1995 -
Education (3):
  • 1989 - 1995 Keio University
  • 1987 - 1989 Keio University
  • 1983 - 1987 Keio University
Professional career (1):
  • 社会学修士 (慶應義塾大学)
Work history (6):
  • 2004/04/01 - 現在 Kokushikan University Faculty of Law, Department of Modern Business Law
  • 2003/04 - 現在 Professor
  • 1998/04 - 2003/03 Associate Professor
  • 1996/04 - 1998/03 Lecturer
  • 1995/04 - 1996/03 Lecturer
Show all
Awards (1):
  • 2000 - 渋沢クローデル賞<現代フランス・エッセイ賞>
Association Membership(s) (4):
国際伝統音楽学会(ICTM) ,  日本ポピュラー音楽学会 ,  日本アフリカ学会 ,  日本文化人類学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page