Rchr
J-GLOBAL ID:200901034186726065   Update date: Jun. 29, 2022

Tanaka Tomoko

タナカ トモコ | Tanaka Tomoko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~tomo/tomo1.htm
Research field  (3): Educational psychology ,  Social psychology ,  Clinical psychology
Research keywords  (17): 介護者 ,  高齢者 ,  コミュニケーション ,  ソーシャル・サポート ,  ソーシャル・スキル ,  異文化間対人関係形成 ,  異文化接触 ,  異文化適応 ,  family caregivers ,  elderly ,  interpersonal relationship ,  inter-cultural education ,  cross-cultural psychology ,  cross-cultural communication ,  cross-cultural adjustment ,  social support ,  social skills
Research theme for competitive and other funds  (36):
  • 2021 - 2026 Cross-cultural social skills for global human resources: Toward adjustment support for frontier studying abroad
  • 2021 - 2024 在日中国人長期滞在者における文化変容方略の選択-言語管理理論による検討
  • 2018 - 2023 「介護安全」のための職種特性を活かした連携安全力の測定と教育実践
  • 2019 - 2022 Construction of a Medical Accident Generation Process Control Model Using Gaming Simulation
  • 2017 - 2022 外国人ケア労働者を対象とした異文化間ケア教育プログラムの開発から協働文化の創生へ
Show all
Papers (122):
  • Tomoko Tanaka, Yuri Okunishi. Impact of Gaming Simulation of Garbage Classification on Foreign Residents in Japan. The Educational Review, USA,. 2021. 5. 5. 106-116
  • Koyuri Sako, Tomoko Tanaka. Ambivalent object relations of the Japanese living in Brazil with Japanese Brazilians:Stress and support sources for cross-cultural adaptation. Journal of Health Psychology Research. 2021. 33. Special_issue. 249-258
  • Tomoko Tanaka. Cross-cultural contact and health in Asia. Journal of Health Psychology Research. 2021. 33. Special_issue. 225-239
  • Tomoko Tanaka, Yoshimi Hyodo. “Eating Gaps” and cross-cultural adaptation among foreign visitors:Implications regarding cross-cultural dietary education for international students in Japan. Journal of Health Psychology Research. 2021. 33. Special_issue. 211-223
  • Kaori Hatanaka, Emiko Yamamoto, Tomoko Tanaka. Cross-cultural care and the successful aging of the elderly:The influence of relationships with foreign care workers on the psychological health, meaningful life, and perceived health status of elderly Japanese. Journal of Health Psychology Research. 2021. 33. Special_issue. 241-248
more...
MISC (119):
  • 畠中香織, 山本恵美子, 田中共子. Cross-cultural care and the successful aging of the elderly:The influence of relationships with foreign care workers on the psychological health, meaningful life, and perceived health status of elderly Japanese. Journal of Health Psychology Research (Web). 2021. 33. Special_issue
  • 中野祥子, 田中共子. 日本人学生むけムスリム文化アシミレーターの改訂版を用いた異文化間教育の試み. 文化共生学研究. 2019. 18. 53-66
  • Tomoko TANAKA. Cross-cultural Health Psychological Perspective of Eating Behaviors : Developing Cross-cultural Dietary Education for Sojourners. 2018. 17. 95-104
  • Tomoko Tanaka, Yoshimi Hyodo, Hiroe Yamanaka. Case Study About Cognitive and Behavior Features of "High-Stopper Nurses": Suggestions for Medical Safety Education. INTERNATIONAL JOURNAL OF QUALITATIVE METHODS. 2017. 16. 1
  • Sachiko Nakano, Tomoko Tanaka. Interpersonal Behavioral Difficulties of Japanese People in Indonesia During Situations of Intercultural Contact: Implications for Learning Social Skills Towards Forming Relationships with Indonesian Muslims. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 728-729
more...
Books (67):
  • 健康心理学事典
    丸善出版 2019
  • 質的心理学辞典
    新曜社 2018
  • 異文化間教育学体系 第一巻・異文化間に学ぶ「ひと」の教育
    明石書店 2016
  • ソーシャルスキルの視点から見た学校カウンセリング 第6章第2節「ソーシャルスキル教育研究の課題」
    ナカニシヤ出版 2011
  • 社会化の心理学/ハンドブック
    川島書店 2010
more...
Lectures and oral presentations  (418):
  • アフターコロナへ向かう健康心理学(With/Postコロナ社会とヒトの生活-生活科学からみた課題-)
    (生活科学系コンソーシアム第10回公開シンポジウム 2021)
  • ダブルチェックの落とし穴に焦点を当てたゲーミングシミュレーション-着実な実施のための課題認識と医療安全意識の向上に関する検討-
    (第16回医療の質・安全学会学術集会)
  • 理事長講演:アフターコロナへ向かう健康心理学
    (日本健康心理学会第34回大会 2021)
  • 現役介護士に見られる被介護者との円滑な関係形成のためのソーシャルスキル
    (日本健康心理学会第34回大会)
  • 日本における中国出身長期滞在者の滞在スタイルと日本語への自己評価
    (2021年度日本華僑華人学会研究大会第3回サーキュラー)
more...
Education (4):
  • 1987 - 1989 Hiroshima University Planning sciences of environment(Psychology)
  • 1988 - 1989 University of Washington Psychology
  • 1985 - 1987 University of Tsukuba
  • 1981 - 1985 University of Tsukuba Biology, Medical Biology
Professional career (2):
  • PhD (Waseda University)
  • Master of Sciences (University of Tsukuba)
Work history (4):
  • 2003 - 現在 岡山大学社会文化科学研究科 教授
  • 1998 - 2003 岡山大学社会文化科学研究科 助教授
  • 1990 - 1998 Hiroshima University International Student Center
  • 1989 - 1990 Hiroshima University Health Service Center
Committee career (11):
  • 2015 - 現在 日本健康心理学会 理事長(2019-2020)(2021-2022)、財務委員長(2016-2018)、研究推進委員会委員長(2013-2015)、年次大会準備委員長(2015-2016)、理事・常任理事
  • 2007 - 現在 日本質的心理学会 副編集委員長・編集委員(2007-2012)、理事(2019-)、年次大会準備委員(2010-2011)
  • 2005 - 現在 異文化間教育学会 編集委員(2005-2009、2012-2019、2020-)、理事(2003-2008、2011-2012、2015-2016、2019-)
  • 2016 - 2018 the Asian Association of Health Psychology Vice President
  • 2013 - 2017 Committee of the Asian Congress of Health Psychology Chair of Scientific Program(2014-2017)
Show all
Awards (9):
  • 2019/08 - 日本応用心理学会 日本応用心理学会学会賞(奨励賞) 看護学生の正確な指示受けのためのソーシャルスキルトレーニング-臨地実習で直面する困難状況を課題場面とした医療安全教育の試み-
  • 2018/09 - 留学生教育学会 第9回留学生教育学会優秀論文賞 ブラジル留学における困難体験とその対処一在ブラジル日本人留学生の異文化適応支援に向けて-
  • 2015/11 - 日本学術振興会 科学研究費助成事業 平成27年度 審査委員表彰 「科学研究費補助金 第一段審査」
  • 2014 - 日本健康心理学会 日本健康心理学会研究・優秀ポスター賞 在日外国人ケア労働者の異文化適応に及ぼす協働文化の影響-異文化間ケアの創出基盤としての職場環境の検討-
  • 2013 - 日本健康心理学会 日本健康心理学会研究・実践活動奨励賞 在日外国人ケア労働者と日本人スタッフにおける協働文化の創出と異文化間ケアの実践
Show all
Association Membership(s) (23):
日本保健医療行動科学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本カウンセリング学会 ,  岡山心理学会 ,  中四国心理学会 ,  日本行動療法学会 ,  日本学生相談学会 ,  SST普及協会 ,  日本応用心理学会 ,  Asian Association of Social Psychology ,  日本看護研究学会 ,  アジア健康心理学会 ,  留学生教育学会 ,  日本質的心理学会 ,  多文化関係学会 ,  日本健康心理学会 ,  日本グループダイナミックス学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本心理学会 ,  Asian Association of Health Psychology ,  異文化間教育学会 ,  日本華僑華人学会 ,  医療の質・安全学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page