Rchr
J-GLOBAL ID:200901034339488118   Update date: Oct. 14, 2020

Ohnishi Hiroshi

オオニシ ヒロシ | Ohnishi Hiroshi
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): https://biosignal.dept.med.gunma-u.ac.jp/https://biosignal.dept.med.gunma-u.ac.jp/
Research field  (2): Nutrition and health science ,  Neuroscience - general
Research keywords  (19): Immunity ,  thermal biology ,  genetically modified mouse ,  behavior ,  Rasopathy ,  neural network ,  phosphatase ,  protein phosphorylation ,  synapse ,  neuroimmunology ,  aging ,  microglia ,  がん ,  細胞接着 ,  細胞増殖 ,  神経伝達物質 ,  細胞間相互作用 ,  統合脳・分子脳科学 ,  包括脳ネットワーク
Research theme for competitive and other funds  (37):
  • 2019 - 2022 脳内免疫老化チェックポイントを起点とした健康長寿脳の実現
  • 2018 - 2021 ネオニコチノイド系農薬により引き起こされる生態系影響および毒性の実態に迫る
  • 2018 - 2019 哺乳類神経細胞に秘められた低温応答メカニズムの解明
  • 2014 - 2016 Molecular basis of the CD47-SIRP alpha signaling system in the regulation of physiological function
  • 2014 - 2016 Search for a novel biological regulatory system based on low temperature biology
Show all
Papers (94):
more...
MISC (60):
more...
Patents (2):
  • マクロファージ活性化剤並びにその製造方法及びスクリーニング方法
  • Pharmaceuical Composition And Method For Acivating Macrophage Using The Same
Books (6):
  • ストライヤー 生化学
    東京化学同人 2013
  • ストライヤー 基礎生化学
    東京化学同人 2010
  • 実験医学増刊 シグナル伝達研究2008-'09 疾患発症の分子メカニズムと実現化する分子標的薬開発
    羊土社 2008 ISBN:9784758102933
  • タンパク質科学イラストレイテッド
    羊土社 2005
  • ブレインサイエンス・レビュー
    クバプロ 2005
more...
Lectures and oral presentations  (180):
  • Induction of long-term torpor by enhancing the adenosine receptor signal via PPARs activation
    (9th FAOPS (Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies in conjunction with The 96th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2019)
  • 哺乳類神経細胞に秘められた低温応答メカニズムの解明
    (新学術領域研究「温度生物学」第7回領域会議 2018)
  • Study of stress-induced tyrosine phosphorylation of SIRPα in immortalized murine microglia cell line
    (Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery 2018)
  • Analysis of stress-induced tyrosine phosphorylation of SIRPα in primary cultured neurons
    (Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery 2018)
  • Control of microglia activation by SIRPα
    (Workshop on Frontiers in Phosphatase Research and Drug Discovery 2018)
more...
Education (3):
  • 1990 - 1993 東京大学大学院 応用生命工学専攻 博士課程
  • 1988 - 1990 東京大学大学院 応用生命工学専攻 修士課程
  • 1984 - 1988 東京大学 農学部 農芸化学科
Professional career (3):
  • PhD (Tokyo University)
  • 修士 (東京大学)
  • 博士(農学) (東京大学)
Work history (7):
  • 2013 - 現在 Gunma University Graduate School of Health Science Professor
  • 2007 - 2012 Gunma University Institute for Molecular and Cellular Regulation
  • 2006 - 2007 Gunma University Institute for Molecular and Cellular Regulation
  • 2001 - 2005 Gunma University Institute for Molecular and Cellular Regulation
  • 1997 - 2001 三菱化学生命科学研究所 准研究員
Show all
Committee career (4):
  • 2009 - 現在 日本プロテインホスファターゼ研究会 世話人
  • 2006 - 現在 日本神経化学会 評議員
  • 2017/05 - 2019/02 日本神経化学会 シンポジウム企画委員会委員
  • 2013/05 - 2015/02 日本神経化学会 シンポジウム企画委員会委員
Awards (22):
  • 2019/10 - 日本イーライリリー 日本イーライリリー教育・研究助成 ミクログリア相転移チェックポイントからの認知症克服への新戦略創出
  • 2019/05 - ノバルティスファーマー ノバルティス研究助成 アルツハイマー型認知症の新規治療戦略創出のためのミクロ グリア相転移チェックポイントについての研究
  • 2018/07 - 群馬健康医学振興会 平成30年度 群馬健康医学振興会研究助成
  • 2017 - 群馬大学医学部保健学科ベストティーチャー賞
  • 2016 - 平成28年度 群馬大学 一般研究助成
Show all
Association Membership(s) (10):
生体機能研究会 ,  Kitakanto Medical Society ,  Japanese Association for Protein Phosphatase Research ,  International Society of Radiation Neurobiology ,  THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR NEUROCHEMISTRY ,  THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY ,  THE JAPANESE CANCER ASSOCIATION ,  Society for Neuroscience ,  THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page