Rchr
J-GLOBAL ID:200901034503349981   Update date: Apr. 06, 2021

kunimi yasuo

クニミ ヤスオ | kunimi yasuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2016 - 現在 Effects of sports movement and the mounting object is given to the vascular function
  • 1999 - 現在 -
  • 2003 - 2008 -
  • -
Papers (72):
  • 国見 保夫. 運動の学習における創発から動感運動の形態発生過程での動画映像の提示法に関する研究 ー課題映像の再生速度変化と見る感覚に感アスル考察ー. 玉川学園・玉川大学 健康・スポーツ科学研究紀要第20号. 2020. 23-28
  • 高島二郎, 国見保夫, 川崎登志喜, 山田信幸, 工藤 亘, 鈴木淳也, 南島永衣子, 板倉令奈, 山下 誠, 野寺和彦. 大学1 年生に実施した体力テスト結果の推移-1999~2017 年データの分析-. 玉川学園・玉川大学健康・スポーツ科学研究紀要. 2018. 18. 2. 23-28
  • 国見保夫, 板倉令奈. バスケットボール授業におけるアナロゴンと運動リズムを用いたドリブル・レイアップシュートに関する指導法. 玉川学園・玉川大学 健康・スポーツ科学研究紀要 第18号. 2017. 18. 5-11
  • 国見保夫, 板倉令奈. バスケットボール授業におけるアナロゴンを用いた ワンハンド・シュート指導法に関する考察. 玉川学園・玉川大学 健康・スポーツ科学研究紀要. 2016. 17. 5-10
  • -. 2016. 24-25
more...
MISC (93):
  • 国見保夫. 運動学習者の創発から動感運動の形態発生過程における動画映像の提示法に関する研究 - 課題映像の再生速度変化と見る感覚に関する考察 -. 日本運動・スポーツ科学学会 第25回大会 抄録集. 2018. 36
  • -. 2016. 24-25-25
  • -. 2015. 1-88-88
  • -. 2015. 15. 1
  • Construction of Strategic Action Model for Goal Oriented Ball Game and its Evaluation:Case study in J league game analysis. TAMAGAWA UNIVERSITY RESEARCH REVIEW. 2015. 20. 15-21
more...
Books (6):
  • 教養としての健康・スポーツ
    玉川大学出版部 2017 ISBN:9784472405426
  • -
    2015 ISBN:9784472405051
  • -
    2010
  • -
    2005
  • -
    1995
more...
Education (1):
  • 1976 - 1980 Tamagawa University
Professional career (2):
  • 修士(体育学) (筑波大学)
  • 文学士 (玉川大学)
Work history (7):
  • 2012/04/01 - 現在 Tamagawa University
  • 2011/04/01 - 2012/03/31 Tamagawa University
  • 2007/04/01 - 2011/03/31 Tamagawa University
  • 2003/04/01 - 2007/03/31 Tamagawa University
  • 1988/04/01 - 2003/03/31 Tamagawa University
Show all
Committee career (1):
  • 2015 - 2020 日本運動・スポーツ科学学会 編集委員
Association Membership(s) (6):
Japan society of Ski Sciences ,  - ,  - ,  - ,  - ,  -
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page