Rchr
J-GLOBAL ID:200901034663928430   Update date: Jun. 08, 2020

Sonoda Tatsuhiko

ソノダ タツヒコ | Sonoda Tatsuhiko
Affiliation and department:
Research field  (6): Biochemistry ,  Analytical chemistry ,  Nano/micro-systems ,  Nanomaterials ,  Nanobioscience ,  Nanomaterials
Research keywords  (10): プロテインキナーゼ ,  網羅的解析 ,  タンパク質リン酸化 ,  細胞内シグナル伝達 ,  ペプチドチップ ,  バイオチップ ,  質量分析法 ,  酸化チタン ,  ペプチドアレイ ,  リン酸化シグナル解析
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2012 - 2013 リン酸化シグナル高感度検出が可能な質量分析型ペプチドチップの開発
  • 2009 - 2010 Development of peptide-immobilized TiO2 chip for monitoring of intracellular protein phosphorylation signals.
  • 2006 - 2007 細胞内リン酸化シグナル網羅的解析を指向した質量分析検出型ペプチドアレイの開発
  • Design and characterization of novel polymer micelle that responds to intracellular kinase signal
  • リン酸化シグナルに応答する細胞シグナル変換分子の創製
Papers (25):
more...
MISC (49):
Patents (16):
  • 新規リン酸化検出方法
  • ペプチドアレイ
  • プロテインキナーゼ活性の網羅的プロファイリング用アレイ
  • ペプチドアレイ
  • プロテインキナーゼ活性のプロファイリング方法
more...
Books (1):
  • 先端の分析法-理工学からナノ・バイオまで- 第3章第11節2.タンパク質・ペプチドセンサ(in vitro)(一部執筆)
    NTS 2004
Lectures and oral presentations  (2):
  • タンパク質リン酸化反応網羅的解析を指向した質量分析検出型ペプチドアレイの開発
    (第27回九州沖縄地区高専フォーラム 2017)
  • 非特異的吸着物除去能を有する酸化チタン基板の開発
    (第27回九州沖縄地区高専フォーラム 2017)
Education (2):
  • 1998 - 2003 九州大学大学院 材料物性工学専攻
  • 1995 - 1998 Kyushu University
Professional career (1):
  • 博士(工学) (九州大学)
Work history (8):
  • 2015/04 - 現在 Kitakyushu National College of Technology
  • 2010/04 - 2015/03 Kitakyushu National College of Technology Dept. of Materials Science and Chemical Engineering
  • 2008/04 - 2010/03 Kitakyushu National College of Technology Dept. of Materials Science and Chemical Engineering
  • 2007/04 - 2008/03 Kitakyushu National College of Technology Dept. of Materials Science and Chemical Engineering
  • 2006/04 - 2007/03 Kitakyushu National College of Technology Dept. of Materials Science and Chemical Engineering
Show all
Awards (2):
  • 2004 - 2004分析化学討論会新人賞
  • 2003 - 九州分析化学奨励賞
Association Membership(s) (3):
化学とマイクロ・ナノシステム研究会 ,  日本分析化学会 ,  日本化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page