Rchr
J-GLOBAL ID:200901034796731630   Update date: Jan. 04, 2021

Nishimura Yuichiro

ニシムラ ユウイチロウ | Nishimura Yuichiro
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://nrid.nii.ac.jp/nrid/1000090390707/
Research field  (2): Human geography ,  Geography
Research keywords  (36): 参加型マッピング ,  東日本大震災 ,  ラオス ,  時間地理学 ,  市民 ,  複合的生業 ,  地域環境・災害 ,  住民参加 ,  参加型GIS(PGIS) ,  地理情報システム(GIS) ,  農村部 ,  自然災害 ,  生活行動 ,  生活空間 ,  GIS ,  参加型GIS ,  市民参加 ,  クリティカルGIS ,  カウンターマッピング ,  環境 ,  プローブパーソン調査 ,  生活時間 ,  GPS ,  地域景観 ,  生物資源 ,  水害 ,  保全 ,  空間的思考 ,  disaster prevention research ,  time geography ,  socio-economic geography ,  社会経済地理学 ,  防災 ,  市場経済 ,  天水田農村 ,  生活活動空間
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2018 - 2022 クラウドソース型地理情報のトラスト:網羅性と正確性,ダイバーシティに着目して
  • 2017 - 2021 Evaluation of new technologies in mapmaking and geospatial information from human/society aspects
  • 2015 - 2018 Geographical study on open data and counter-mapping
  • 2014 - 2018 Comparative study on geography education at the secondary level in Asian countries
  • 2013 - 2017 Construction and application of public participation geographic information systems by collaboration with diverse entities
Show all
Papers (32):
more...
MISC (19):
more...
Books (12):
  • 参加型GISの理論と応用 : みんなで作り・使う地理空間情報
    古今書院 2017 ISBN:9784772242004
  • Japan after 3/11: Global Perspectives on the Earthquake, Tsunami, and Fukushima Meltdown (Asian In The New Millennium)
    The University Press of Kentucky 2016
  • 人文地理学事典
    丸善出版 2013
  • 歴史と環境-歴史地理学の可能性を探る
    花書院 2012
  • トヨティズムを生きる 名古屋発カルチュラル・スタディーズ
    せりか書房 2008 ISBN:9784796702843
more...
Lectures and oral presentations  (48):
  • クラウドソース型ウェブ地図に関わるマッピング・コミュニティの拡大
    (2020年日本地理学会春季学術大会 2020)
  • mapcompare.jp launched
    (State of The Map 2019 2019)
  • Analysis of OSM data through OSM-Notes user posting
    (State of The Map 2019 2019)
  • VGI contributors’awareness of geographic information quality and its effect on data quality: a case study from Japan.
    (International Cartographic Conference 2019 Tokyo 2019)
  • 大学教育における地理オープンデータ作成活動への参加とその現実
    (地理情報システム学会 2018)
more...
Education (2):
  • 1995 - 2003 名古屋大学大学院 史学地理学専攻
  • 1990 - 1994 Nagoya University
Professional career (1):
  • 博士(地理学)
Work history (5):
  • 2012/04 - 現在 Nara Women's University Faculty, Division of Humanities and Social Sciences
  • 2008/10 - 現在 Aichi Institute of Technology Disaster Prevention Research Center
  • 2010/04 - 2012/03 Nara Women's University Faculty of Letters
  • 2005/10 - 2008/09 Aichi Institute of Technology Disaster Prevention Research Center
  • 2003/09 - 2005/09 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所講師(研究機関研究員)研究プロジェクト4-2「アジア・熱帯モンスーン地域における生態史モデルの構築1945-2005」所属 研究機関研究員(講師)
Committee career (3):
  • 2008/04 - 2010/04 (株)エーアイシステムサービス 取締役
  • 2006/04 - 2010/03 東海地域の企業防災ネットワーク地震につよいものづくり地域の会「あいぼう会」 事務局
  • 2008/09 - 2009/03 社会福祉法人AJU自立の家 厚生労働省平成20年度社会福祉推進費補助金「GISを使った災害時要援護者避難支援システムのモデル整備事業」災害時要援護者の避難支援検討委員会委員
Awards (1):
  • 2017/10 - 地理情報システム学会 地理情報システム学会学会賞著作部門 『参加型GISの理論と応用-みんなで作り・使う地理空間情報-』(古今書院)
Association Membership(s) (6):
地理情報システム学会 ,  日本災害情報学会 ,  経済地理学会 ,  Association of American Geographers ,  人文地理学会 ,  日本地理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page