Rchr
J-GLOBAL ID:200901034911864940   Update date: Jul. 25, 2022

Asayama Natsuko

アサヤマ ナツコ | Asayama Natsuko
Affiliation and department:
Research field  (4): Aesthetic practices ,  Aesthetics and art studies ,  Art history ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (11): 西洋史 ,  西洋音楽史 ,  19世紀 ,  音楽学 ,  ドイツ ,  20世紀 ,  J. C. F. フィッシャー ,  演奏習慣 ,  古楽受容 ,  19世紀ドイツ ,  J. S. バッハ
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2012 - 2012 楽譜制作と資料整備にひそむナショナリズム:西洋音楽史学再考
  • 2009 - 2010 大規模楽譜叢書編纂事業にみる、音楽芸術の価値基準の変化と西洋音楽史学の戦略
Papers (15):
  • Study on sound performance of solid wood. 2021. 125. 137-140
  • 朝山 奈津子. G. アドラーの音楽史構想における「楽派」概念についての小考. 弘前大学教育学部紀要. 2021. 125. 69-75
  • 朝山 奈津子. フィリップ・シュピッタ「芸術学と芸術」. 音楽を通して世界を考える:東京藝術大学音楽学部楽理科土田英三郎ゼミ有志論集. 2020. 158-171
  • 朝山 奈津子. 1914年までのドイツ語圏の音楽雑誌にみるベルギー表象. 弘前大学教育学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University. 2019. 122. 67-75
  • 朝山 奈津子. 『オーストリアの音楽記念碑』における第二次世界大戦後の構成と音楽史観の変化. 弘前大学教育学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University. 2019. 121. 61-70
more...
MISC (3):
  • 朝山 奈津子. 書評:出佳奈子,佐々木千佳,吉住磨子,新保淳乃,大 野陽子著,上村清雄監修解説,石井朗企画構成 『聴覚のイコノグラフィア-楽器・音 楽家・音楽文化』(感覚のラビュリントゥ スIII)(東京:ありな書房,2013年6月1日,254頁,\4,500+税,ISBN978-4-7566-1327-1). 音楽学. 2016. 62. 1. 46-48
  • 朝山 奈津子. Review: Bettina Varwig. Histories of Heinrich Schutz, Series: Musical Performance and Reception. Cambridge: Cambridge University Press, 2011, xiv+251 pages, 18 b/w illus, 30 music examples, $99.00, ISBN978-0-521-19765-6. ONGAKUGAKU: Journal of the Musicological Society of Japan. 2013. 59. 1. 33-34
  • ASAYAMA Natsuko. "Neu-deutsche Schule" und "historisches Konzert" von Carl Riedel (1827-1888)(Abstracts of the Papers Read at the 60th National Congress). 2009. 60. 2. 132-132
Books (2):
  • ピアノを歌わせる ペダリングの技法 「いつ踏むか」ではなく「どう踏むか」
    全音楽譜出版社 2013 ISBN:9784118100920
  • バッハの街 音楽と人間を追い求める長い旅へのガイド
    東京書籍(株) 2005 ISBN:448779840X
Lectures and oral presentations  (13):
  • 『ネーデルラント楽派』から『フランス=フランドル音楽』へ:『楽派』概念の成立と変容
    (「周縁か中心か?--音楽史の中のベルギー」 第2回シンポジウム「1830年~70年:ロマン主義とフェティス」 2019)
  • A report about the procedure of iBis data entry in Japan: Is RILM one of the clues to the literature search on the Internet or a documentary project of the musical bibliography?
    (IAML/RILM Joint International Conference. Music Information in Asia and Advancement of International Collaboration: Searching the Music Source and Connecting the Music Libraries 2018)
  • イタリア近代歌曲の興隆、その知られざる諸相から:詩、ワグネリズモ、ピアニスト
    (日本音楽学会東日本支部第28回定例研究会(弘前大学) 2014)
  • ドイツ語圏における『音楽遺産』刊行の戦後 -バイエルンとオーストリアの場合
    (日本音楽学会東日本支部 第7回定例研究会 2012)
  • 『ドイツ音楽の遺産(EDM)』における戦中と戦後 : 音楽史観の変遷(Session B,研究発表要旨,日本音楽学会第62回全国大会総覧)
    (音楽学 2012)
more...
Education (2):
  • - 2008 Tokyo University of the Arts
  • - 1999 Tokyo University of the Arts
Professional career (1):
  • 博士 (東京藝術大学)
Work history (3):
  • 2011/04 - 現在 Hirosaki University Faculty of Education
  • 2009/04 - 2011/03 Okinawa Prefectural University of Arts
  • 2008/04 - 2009/03 東京藝術大学音楽学部楽理科 教育研究助手
Committee career (2):
  • 2021/04 - 2023/03 日本音楽学会 東日本支部長
  • 2015/04 - 2019/03 日本音楽学会 常任委員(庶務)
Awards (3):
  • 2004/10 - 国際ロータリー財団(2710地区) 国際親善奨学金 国際親善奨学生(マルチイヤー)
  • 2002 - 広島国際文化財団中村音楽奨学金
  • 1998 - 東京芸術大学安宅賞
Association Membership(s) (4):
広島芸術学会 ,  美学会 ,  日本音楽学会 ,  Japanese Society for Musical Arts Management (JaSMAM)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page