Rchr
J-GLOBAL ID:200901034996543072   Update date: Sep. 10, 2021

Kaneko Masayuki

カネコ マサユキ | Kaneko Masayuki
Research field  (3): Pharmaceuticals - health and biochemistry ,  Pharmacology ,  Neuroscience - general
Research keywords  (19): osmolality ,  lysosome ,  genome editing ,  ALS ,  apoptosis ,  brain ischemia ,  APP ,  bioinformatics ,  Parkinson's disease ,  ubiquitin ,  chemical chaperone ,  Alzheimer's disease ,  ubiquitin ligase ,  ERAD ,  Neurodegenerative disease ,  ER stress ,  Signal Transduction ,  Neurodegenerative Diseases ,  Stress Response
Research theme for competitive and other funds  (32):
  • 2021 - 2024 ゲノム編集を用いた浸透圧関連ユビキチンリガーゼの生理的基質同定と大腸炎への関与
  • 2017 - 2022 Investigation of the nucleus-endoplasmic reticulum cooperative zone which plays roles in DNA quality control
  • 2019 - 2022 ライソゾームにおけるタンパク質分解を制御するユビキチンリガーゼを標的とした薬物の同定
  • 2018 - 2021 Regulatory mechanism of mTOC1 signaling by ubiquitin ligase RNF182 involved in neural differentiation
  • 2019 - 2020 ユビキチンリガーゼRNF183を標的とした炎症性腸疾患治療薬の開発
Show all
Papers (66):
more...
MISC (44):
more...
Patents (2):
Books (2):
  • ストレスシグナルと疾患 : 細胞恒常性維持機構の破綻と病態
    医歯薬出版 2016
  • ファーマコセラピー(病体生理からのアプローチ) 初版
    ブレーン出版 2007
Lectures and oral presentations  (35):
  • 高浸透圧条件下での腎特異的ユビキチンリガーゼRNF183とオートファジーの関連性の解析
    (日本薬学会第141年会 2021)
  • ユビキチンリガーゼRNF183は高浸透圧環境下でNKCC1のライソゾームにおける分解を促進する
    (第94回日本薬理学会 2020)
  • 核膜ストレスと細胞老化、癌化の制御
    (2020年度 新学術領域「オルガネラゾーン」Zoom班会議 2020)
  • 小胞体膜貫通型転写因子OASISによる核膜ストレス応答機構解明
    (新学術領域研究 第3回オルガネラ・ゾーン若手の会 2020)
  • 高浸透圧により誘導されるユビキチンリガーゼRNF183はNKCC1をライソソームで分解する
    (第73回日本薬理学会西南部会 2020)
more...
Education (4):
  • 2000 - 2000 Hokkaido University
  • 1998 - 2000 Hokkaido University
  • 1995 - 1998 Hokkaido University
  • 1994 - 1995 Hokkaido University
Professional career (1):
  • Doctor (Hokkaido University)
Work history (7):
  • 2020/10 - 現在 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科(薬学系)創薬薬理学 教授
  • 2019/04 - 2020/09 Hiroshima University Biochemistry, Graduate School of Biomedical & Health Sciences Associate Professor
  • 2014/07 - 2019/03 Hiroshima University Biochemistry Associate Professor
  • 2012/06 - 2014/06 Gifu Pharmaceutical University Medical Therapeutics and Molecular Therapeutics Lecturer
  • 2011/04 - 2012/05 Chiba Institute of Science Pharmacology Associate Professor
Show all
Committee career (6):
  • 2021/01 - 現在 日本薬学会 代議員
  • 2012/11 - 現在 小胞体ストレス研究会 世話人
  • 2010/09 - 現在 日本神経化学会 評議員
  • 2007/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
  • 2009/06 - 2020/03 日本薬学会 薬理系薬学部会 若手世話人
Show all
Awards (3):
  • 2012/03 - 日本薬学会 奨励賞
  • 2009/03 - 日本薬理学会 学術奨励賞
  • 2008/06 - 日本脳科学会 奨励賞
Association Membership(s) (7):
Society for Neuroscience ,  日本脳科学会 ,  日本生化学会 ,  日本神経化学会 ,  日本薬理学会 ,  日本薬学会 ,  日本ゲノム編集学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page