Rchr
J-GLOBAL ID:200901035205188718   Update date: Aug. 30, 2020

Hayashi Yasuhiro

ハヤシ ヤスヒロ | Hayashi Yasuhiro
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): http://www.archi.kyoto-u.ac.jp/~hayashi/
Research field  (4): Building structures and materials ,  Disaster prevention engineering ,  Safety engineering ,  Social systems engineering
Research keywords  (15): 耐震設計 ,  地震被害予測 ,  地震リスク評価 ,  伝統木造 ,  地震荷重 ,  地震防災 ,  基礎構造 ,  Seismic risk management ,  Prediction of earthquake damage ,  Earthquake disaster prevention ,  Preservation technology ,  Foundation ,  Seismic design ,  Structural analysis ,  Seismic design load
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2003 - 2005 基礎・地盤系の非線形相互作用に関する研究
  • 2003 - 2005 Study on Nonlinear Soil Structure Interaction Effects
  • 2005 - 建築物保全再生に関する研究
  • 2005 - Study on Regenerative Preservation of Built Environment
  • 1995 - 都市地震防災に関する研究
Show all
Papers (120):
  • 杉野未奈, 木本雄太, 畑田玲子, 林 康裕. 伝統木造住宅の微動時1次固有振動数の解釈と活用に関する基礎研究. 構造工学論文集. 2020. 65B
  • 森井雄史, 杉野未奈, 林康裕. 断層近傍のパルス性地震動に対する建物応答と建物被害. 日本地震工学会論文集. 2019. 19. 6. 139-151
  • 杉野 未奈, 李 想, 結城 啓司, 立石 一, 林 康裕. 衝撃弾性波を用いた伝統木造建物の柱の材料定数評価法の提案. 日本建築学会構造系論文集. 2019. 84. 759. 667-684
  • 西塔純人, 杉野未奈, 林 康裕. 常時微動計測による低層住宅の1次固有振動数低下率の変形依存性評価, 在来木造, 軽量鉄骨造および伝統木造について. 日本建築学会構造系論文集. 2019. 84. 757. 343-350
  • 南部恭広, 杉野未奈, 多幾山法子, 林 康裕. 伝統木造住宅の耐力要素や重量の地域制に関する研究. 構造工学論文集. 2019. 65B. 149-156
more...
MISC (84):
  • 杉野未奈, 具典淑, 壇一男, 林康裕. 大阪府域で想定される地震動特性. 日本建築学会近畿支部耐震構造研究部会シンポジウム 「巨大地震に備えて免震・制震技術に期待すること」. 2019. 11-18
  • 西澤崇雄, 杉野未奈, 林 康裕. 南海トラフ沿いの地震を想定した建物応答. 2019年度日本建築学会大会, 構造部門(振動)PD「プレート境界地震による大振幅地震動の予測と耐震設計」. 2019. 13-24
  • 間平 一輝, 大村 早紀, 杉野 未奈, 林 康裕. 22296 枠の内造りによる伝統木造軸組架構の構造特性 (その3)水平構面の水平力伝達. 構造III. 2019. 2019. 591-592
  • 大村 早紀, 杉野 未奈, 林 康裕. 22305 伝統木造建物の崩壊形推定式の提案. 構造III. 2019. 2019. 609-610
  • 林 康裕, 杉野 未奈, 森井 雄史. フリングステップによる想定建物被害. 日本建築学会近畿支部耐震構造研究部会シンポジウム 「大振幅地震動に対する建築基礎構造の設計法を考える」. 2018. 27-36
more...
Books (8):
  • 木の住まい
    木の文化研究会編 2014
  • 大振幅地震動と建築物の耐震性評価 -巨大海溝型地震・内陸地震に備えて-
    日本建築学会編 2013
  • 地震荷重-性能設計への展望
    日本建築学会編 2008
  • 建築物の被害率曲線と地震防災対策, 総合防災学への道
    京都大学学術出版会 2006
  • 15章家具、16章コンピュータ機器, 17章医療機器
    2003
more...
Lectures and oral presentations  (70):
  • 断層近傍におけるパルス性地震動の特性化 - 2018 年花蓮地震の観測地震動を対象として -
    (第15回日本地震工学シンポジウム 2018)
  • 想定される京都の地震の特色と被害
    (京都市 耐震シンポジウム地震に備えるまちづくり~人々のつながりで「いのち」を守る~ 2018)
  • 大阪府域に立地する超高層建物の現状分析
    (日本建築学会近畿支部耐震構造研究部会シンポジウム 「大振幅地震動に対する設計と地震対策の最新動向」 2017)
  • 大振幅地震動に対する超高層建物の応答
    (日本建築学会近畿支部耐震構造研究部会シンポジウム 「大振幅地震動に対する設計と地震対策の最新動向」 2017)
  • 大阪市域の大振幅予測地震動に対する超高層建築物群の応答
    (関西ライフライン研究会地震防災フォーラム 南海トラフ巨大地震に備えて 2017)
more...
Education (4):
  • - 1984 Kyoto University
  • - 1984 Kyoto University Department of Architecture and Architectural Engineering
  • - 1982 Kyoto University School of Architecture
  • - 1982 Kyoto University Architecture
Professional career (2):
  • Doctor of Engineering (Kyoto University)
  • Master of Engineering (Kyoto University)
Work history (13):
  • 2004/12 - 現在 京都大学工学研究科 建築学専攻・教授
  • 2004 - 現在 Dec. 2004 - Present Professor, Dept. of Architectural
  • 2000/04 - 2004/11 Kyoto University Disaster Prevention Research Institute
  • 1984/04 - 2000/03 清水建設株式会社
  • 2000 - April 2000 - Nov. 2004 Associate Professor, Disaster
Show all
Committee career (5):
  • 2017/06 - 現在 建築研究協会 理事
  • 2014/04 - 現在 損害料率算定会 地震災害予測研究会・委員長
  • 2015/06 - 2018/06 関西地震観測研究協議会 座長
  • 2009/04 - 2011/03 日本建築学会 災害委員会・委員長
  • 2004 - 2006 日本地震工学会 理事
Awards (3):
  • 2007 - Architectural Institute of Japan The Prize of AIJ (Paper)
  • 1999 - 日本建築学会奨励賞 1995年兵庫県南部地震の低層建物被害率に基づく最大地動速度の推定
  • 1999 - Encouragement Prize, The Architectural Institute of Japan
Association Membership(s) (10):
関西地震観測研究協議会 ,  日本免震構造協会 ,  日本自然災害学会 ,  地域安全学会 ,  THE JAPANESE GEOTECHNICAL SOCIETY ,  日本地震工学会 ,  ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN ,  Japan Society for Natural Disaster Science ,  Institute of Social Safety Science ,  Japan Association for Earthquake Engineering
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page