Rchr
J-GLOBAL ID:200901035271891675   Update date: May. 06, 2021

Kimizuka Masaomi

Kimizuka Masaomi
Research field  (1): Public law
Research keywords  (2): Constitutional Law ,  Constitutional Law
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2018 - 2023 憲法訴訟論の適正手続・身体的自由への発展・展開
  • 2013 - 2019 司法権・憲法訴訟論の総合構築
  • 2005 - 2009 「家族」の再検討に伴う社会権規定の再考
  • 2001 - 2003 「家族」の憲法学的研究
  • 1999 - 2002 アメリカ憲法判例の総合的分析に基づく憲法訴訟の研究
Papers (181):
  • Masaomi Kimizuka. [Case Note] Sixth Amendment - Right to Jury Trial - Nonunanimous Juries - Ramos v. Louisiana, 590 U.S. -, 140 S. Ct. 1390 (2020). YOKOHAMA JOURNAL OF SOCIAL SCIENCES. 2021. 26. 1. 未定-未定
  • The Story of Hawke v. Smith, 253 U.S. 221 (1920). 2021. 613-639
  • KIMIZUKA Masaomi. The Diet, The Cabinet, and Local Self-Government. YOKOHAMA LAW REVIEW. 2021. 29. 3. 449-516
  • Masaomi Kimizuka. The Right of Access to the Courts, and Information and Communication Technology Innovation to the Courts of Japan. YOKOHAMA JOURNAL OF SOCIAL SCIENCES. 2021. 25. 4. 1-13
  • Masaomi Kimizuka. Rethinking Constitutonality of Capital Punishment. YOKOHAMA JOURNAL OF SOCIAL SCIENCES. 2021. 25. 3. 1-30
more...
MISC (47):
  • Symposium. PUBLIC LAW REVIEW. 2018. 80. 217-229
  • Symposium. PUBLIC LAW REVIEW. 2018. 80. 150-161
  • 裁判いろいろ-特に民事裁判と刑事裁判の違いについて. 現代社会へのとびら. 2018. 36. 5-9
  • A Commentary and Answer Example of Japanese National Bar Exam 2013-2017 :Constitutional Law. YOKOHAMA JOURNAL OF SOCIAL SCIENCES. 2017. 22. 3. 91-126
  • 表現の自由の規制の憲法問題. 現代社会へのとびら. 2017. 33. 1-4
more...
Books (222):
  • ジェンダー法を学ぶ基礎として I 憲法の基本
    レクチャー ジェンダー法〔第2版〕(犬伏由子=井上匡子=君塚正臣編)、法律文化社 2021 ISBN:9784589041524
  • 男性にとってのジェンダー法-弱き者、汝の名はさて誰なのか
    レクチャー ジェンダー法〔第2版〕(犬伏由子=井上匡子=君塚正臣編)、法律文化社 2021 ISBN:9784589041524
  • 高等学校 公共
    帝国書院 2021 ISBN:9784807165377
  • [判例研究]所得税の不平等-サラリーマン税金訴訟
    憲法判例百選I[第7版](長谷部恭男=石川健治=宍戸常寿編),有斐閣 2019 ISBN:9784641115453
  • [判例研究]所得税の不平等-サラリーマン税金訴訟
    憲法判例百選I[第7版](長谷部恭男=石川健治=宍戸常寿編),有斐閣 2019 ISBN:9784641115453
more...
Lectures and oral presentations  (35):
  • 研究会
    (合衆国最高裁判所判例研究会「MITCHELL v. WISCONSIN, 588 U.S. -, 139 S. Ct. 2525 (2019.6.27) -運転手が意識なく、酒気探知機による吸気検査が不可能な時に、令状のない採血検査は憲法上許容されるか 2020)
  • 研究会 理由を述べた最後の州裁判所の判断まで遡ってその理由を検討すべきかどうか」
    (合衆国最高裁判所判例研究会「Wilson v. Sellers, 584 U.S. -, 138 S. Ct. 1188 (2018.4.17)-州の最高裁判所が理由を述べずに請求を拒絶した下級の裁判所の判断を支持していた場合、連邦裁判所は人身保護令状についての判断に関し、 2019)
  • 研究会
    (合衆国最高裁判所判例研究会「McCOY v. LOUISIANA, 584 U.S. -, 138 S. Ct. 1500 (2018.5.14)-被告の意思と異なる弁護-被告が無罪を主張している死刑宣告事件で、公選弁護人が有罪前提の弁護をすることは修正6条違反か」 2019)
  • 研究会
    (合衆国最高裁判所判例研究会「NELSON v. COLORADO, 581 U.S. -, 137 S. Ct. 1249 (2017.4.19)-州裁判所における有罪判決が上訴審で覆された(間違って有罪とされたことが確定した)とき、有罪判決に基づいて州に支払った過料・科料の返 2018)
  • 研究会
    (アメリカ憲法判例研究会(第三期)「HAWKE v. SMITH, 253 U.S. 221, 40 S. Ct. 495 (1920.6.1) -住民投票抜きの憲法修正の合憲性」 2017)
more...
Works (9):
  • アメリカ憲法判例研究会(第3期)での研究活動(~2018年3月)
    2016 -
  • アメリカ憲法判例研究会(第2期)での研究活動(~2016年3月)
    2014 -
  • アメリカ憲法判例研究会での研究活動(~2013年9月)
    2011 -
  • 故・中村孝一郎著『アメリカにおける公用収用と財産権』(大阪大学出版会、2009)校正・索引作成・刊行事業(~2009年10月)
    2009 -
  • コンメンタール女性差別撤廃条約研究会での研究活動(~2010年3月)
    2008 -
more...
Education (2):
  • - 1996 Osaka University Public Law
  • - 1988 Osaka University Law
Professional career (4):
  • 博士(法学) (大阪大学)
  • 法学修士 (大阪大学)
  • Doctor of Law (Osaka University)
  • Master of Law (Osaka University)
Work history (20):
  • 2013/04/01 - 現在 Yokohama National University Graduate School of International Social Sciences Law School Professor
  • 2013/04/01 - 現在 Yokohama National University Faculty of International Social Sciences Division of International Social Sciences Professor
  • 2013/04/01 - 現在 Yokohama National University Graduate School of International Social Sciences Professor
  • 2004/04/01 - 現在 Yokohama National University Graduate School of International Social Sciences International Social Sciences Section Professor
  • 2014/04/01 - 2015/03/31 Yokohama National University Graduate School of International Social Sciences Law School
Show all
Committee career (10):
  • 2017/06 - 2017/11 独立行政法人日本学術振興会科学研究費委員会審査第三部会社会科学小委員会 専門委員
  • 2016/11 - 2017/06 横浜税関本関 横浜税関税関モニター
  • 2016/05 - 2017/04 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構法科大学院認証評価年次報告書等専門部会 委員
  • 2016/06 - 2016/11 独立行政法人日本学術振興会科学研究費委員会審査第三部会社会科学小委員会 専門委員
  • 2016/04 - 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構法科大学院認証評価委員会 専門委員
Show all
Awards (3):
  • 2015/07/25 - 日外アソシエーツ 紀田順一郎ほか編『現代日本執筆者大事典第5期』(日外アソシエーツ、第1巻690頁)に掲載
  • 2008/12/29 - 産経新聞社 『憲法の私人間効力論』(悠々社、2008)が、産経新聞「2008今年、私の3冊<学術>」2位(選者:宮崎哲弥)に選ばれる
  • 2003/11 - 日外アソシエーツ 紀田順一郎ほか編『現代日本執筆者大事典第4期』(日外アソシエーツ、第2巻269頁)に掲載(憲法学者として最年少)
Association Membership(s) (3):
合衆国最高裁判所判例研究会 ,  Japanese American Society for Legal Studies ,  Japan Public Law Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page