Rchr
J-GLOBAL ID:200901035819948093   Update date: Oct. 05, 2020

Ako Takayuki

アコ タカユキ | Ako Takayuki
Affiliation and department:
Job title: 主任研究員
Research field  (4): Science education ,  Library/information science, humanistic/social informatics ,  Museology ,  Cultural properties
Research keywords  (8): Museum Informatics ,  文化情報学 ,  アーカイブ ,  文化遺産 ,  遺跡探査 ,  博物館学 ,  GIS ,  文化財探査
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2018 - 2021 博物館の新たな在り方を模索するための体験学習・ワークショップ評価の構築
  • 2014 - 2016 文化施設のオンデマンド・フロアガイド創作ー空間と作品情報のオープン化
  • Archaeological Prospection
Papers (17):
more...
MISC (17):
  • Ako Takayuki. Cultural Value Chain Analysis: Expansion of Perspective and Its Sharing. ARTEFACT. 2019. 2. 10-13
  • 阿児 雄之. 総合資料学におけるモノとしての理工系資料の可能性. 総合資料学ニューズレター. 2018. 4. 13-13
  • 阿児 雄之. 手島精一関連コレクションー実体資料と文書を包括して扱う意味ー. 全史料協関東部会会報. 2017. 88. 10-12
  • 阿児 雄之. JADS第5回(2012年度)秋季研究会 前半・第56回見学会 印刷博物館見学会報告 現在的活動と視点で記録資料情報に切り込んだ研究発表. アート・ドキュメンテーション通信. 2013. 96. 5-7
  • 日下九八, 阿児雄之. saveMLAK 震災を受けてMLAK になにができるか,なにができたか. じんもんこん2011論文集. 2011. 2011. 8. 3-4
more...
Books (12):
  • Integrated Studies of Cultural and Research Resources
    The National Museum of Japanese History 2019
  • 展示学事典
    丸善出版 2019 ISBN:9784621303597
  • 入門デジタルアーカイブ
    勉誠出版 2017 ISBN:9784585200604
  • フィールドノート古今東西
    古今書院 2016 ISBN:9784772271349
  • りばーさいど ペヤングばばあ 下
    2015 ISBN:9784092897458
more...
Lectures and oral presentations  (18):
  • 学校教育・生涯教育(一般利用)に向けた文化財・文化資源情報の在り方とは
    (歴博共同研究「総合資料学の創成」地域連携・教育ユニット研究会 2020)
  • View academic and cultural resources through Information Logistics
    (Academic Camp 2019 2019)
  • 企業・NPOが参加するオープンサイエンスのこれまでとこれから 2019年版
    (2019)
  • A Study on Research and Opening of Academic Resources
    (11th Autumn -Meeting of Japan Art Documentation Society 2018)
  • 探査でわかる古墳の構造
    (3D考古学の再挑戦-遺跡・遺構の非破壊調査研究- 2017)
more...
Education (5):
  • 2001 - 2005 東京工業大学大学院 計算工学専攻
  • 1999 - 2001 Nara University of Education
  • - 2001 Nara University of Education
  • 1995 - 1999 Nara University of Education
  • - 1999 Nara University of Education
Professional career (1):
  • 博士(学術) (東京工業大学)
Work history (8):
  • 2018/10 - 現在 Tokyo National Museum Informatics Systems Manegement Curator
  • 2018/04 - 2018/09 合同会社 AMANE 客員研究員
  • 2013/04 - 2018/03 Tokyo Institute of Technology The Musuem
  • 2011/04 - 2013/03 Museum, Tokyo Institute of Technology Assistant Professor
  • 2009/04 - 2011/03 Tokyo Institute of Technology Centennial Hall
Show all
Committee career (4):
  • 2019/04 - 現在 アート・ドキュメンテーション学会 幹事 学会30周年記念事業担当
  • 2016 - 現在 国立歴史民俗博物館 基幹研究プロジェクト連携研究員/共同研究員
  • 2019/07 - 2020/03 一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会 アーバンデータチャレンジ実行委員
  • 2014/09 - 2019/03 アート・ドキュメンテーション学会 幹事『アート・ドキュメンテーション学会通信』編集委員
Awards (1):
  • 2010/09 - Japan Institute of Design Promotion GOOD DESIGN AWARD 2010 Conversion of University's existing building into exhibition space [Design of conversion for existing meeting space into exhibition space, Tokyo Institute of Technology Centennial Hall]
Association Membership(s) (4):
GEOGRAPHIC INFORMATION SYSTEMS ASSOCIATION OF JAPAN ,  JAPAN ART DOCUMENTATION SOCIETY ,  日本情報考古学会 ,  日本文化財科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page