Rchr
J-GLOBAL ID:200901036514067786   Update date: Aug. 06, 2018

Nakamura Takeshi

Nakamura Takeshi
Research field  (1): Literature - General
Research keywords  (4): Thackeray ,  Shakespeare ,  サッカレー ,  シェイクスピア
Papers (12):
  • Love and Obstacles to Marriage in Shannon's Way. GAKUEN. 2016. 906. 81-102
  • 『虚栄の市』におけるシンボリズム. 学苑. 2011. 846. 82-97
  • 『虚栄の市』の主要人物の特徴 -人物名の意味と言い換え表現を通じて-. 学苑. 2010. 834. 70-91
  • サッカレーのユーモア -Vanity Fair の場合-. 昭和女子大学英語コミュニケーション紀要『学苑』. 2009. 822号. 81-90
  • Thomas Otway作Caius Mariusについて. 昭和女子大学英米文学紀要(『学苑』). 1998. 697号. 124-135
more...
Books (1):
  • 『シェイクスピアの変容力 先行作と改作』
    彩流社全275頁 1999
Lectures and oral presentations  (1):
  • <I>Vanity Fair</I> における作中人物名の意味について
    (2009)
Works (12):
  • The Functions of Literature
    2014 -
  • サッカレーのユーモア---<I>Vanity Fair</I> の場合---
    2006 -
  • 『楽しく読めるネイチャーライティング』(ネイチャーライティングの代表的作品を紹介した書物)
    高田賢一, 高橋勤, 野田研一ほ 2000 -
  • <I>Jane Eyre</I>にみられるC.ブロンテの自然観
    1998 -
  • Thomas Otway作<I>Caius Marius</I>について
    1997 -
more...
Work history (1):
  • Showa Women's University Faculty of Humanities and Culture, Department of English Language and Communication
Committee career (2):
  • 1988/10 - 2004/02 湘南英文学会 事務次長
  • 1993/04 - 2001/03 英米文化学会 編集担当理事(会報編集等担当)
Association Membership(s) (3):
The Victorian Studies Society of Japan ,  英米文化学会 ,  湘南英文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page