Rchr
J-GLOBAL ID:200901036882118978   Update date: Dec. 17, 2020

Ono Fumio

オノ フミオ | Ono Fumio
Affiliation and department:
Research field  (4): Religious studies ,  Education - general ,  History of thought ,  Philosophy and ethics
Research keywords  (9): ホモ・パティエンス ,  人間学 ,  Hansen's disease ,  Minamata Studies ,  倫理学 ,  哲学 ,  思想史 ,  ユダヤ思想 ,  教育学
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2020 - 2025 民衆思想にみるカタストロフィーの記憶継承技法の教育学的可能性
  • 2019 - 2023 Anthropology of Homo Patiens: A Philosophical Study of the Weak Knowledge and Technical Rationality
  • 2017 - 2021 例示とアナロジー的思考に関する教育思想史的研究
  • 2015 - 2019 Philosophical Anthropology based on the Knowledge of Pathos
  • 2010 - 2013 A Philosophical Study on the Concept of Actuality and Potentiality. Reconsideration of the Holistic Knowledge
Show all
Papers (29):
  • Mika Okabe, Fumio Ono. The Preface to the Thematic Research: The Globalization, Internationalization, and Universality of the Philosophy of Education. E-Journal of Philosophy of Education: International Yearbook of the Philosophy of Education Society of Japan. 2020. Vol. 5. pp. 99-101
  • Morimichi Kato, Naoko Saito, Ryohei Matsushita, Masamichi Ueno, Shigeki Izawa, Yasushi Maruyama, Hirotaka Sugita, Fumio Ono, Reiko Muroi, Yasuko Miyazaki, et al. Philosophy of Education in a New Key: Voices from Japan [ Experience of Páthei Máthos and educationを分担執筆]. Educational Philosophy and Theory (The Online Journal of the Philosophy of Education Society of Australasia). 2020. pp. 1-17
  • 小野 文生. 鶴見俊輔のプラグマティズムにおける〈ひずみの底の未来イメージ〉--弱さの倫理から科学技術の政治性を問う. 『日本デューイ学会紀要』第60号(日本デューイ学会). 2019. pp.111-120
  • ONO Fumio. Freedom, Authority, and the Experience of the Pathos :A Response to Gert Biesta’s “The Rediscovery of Teaching”. English E-Journal of the Philosophy of Education Vol.4: pp.70-80. 2019
  • 小野 文生. ブーバー、根源の脱構築と両極性の思想--「宗教的アナーキズム」への註解. 『京都ユダヤ思想』(京都ユダヤ思想学会). 2019. 第7号(2). 特集号 マルティン・ブーバー:対話思想のこだま. pp.117-142
more...
MISC (52):
  • 小野 文生. 「調和的なるものの配置--シンポジウム「ハルモニアの思想史における音楽と人間形成」に寄せて」. 『近代教育フォーラム』(教育思想史学会編). 2020. 第29号. pp. 84-90
  • 小野文生. 「ごあいさつ」(小野文生監修『水俣フィールドワーク報告書(同志社大学グローバル地域文化教養セミナー13)』2020年3月より抜粋). 『ごんずい』(一般財団法人水俣病センター相思社編) 第157号. 2020. pp.7-9
  • 岡部美香, 小野文生. 「課題研究に関する総括的報告」(課題研究「The Globalization, Internationalization, and Universality of the Philosophy of Education」). 『教育哲学研究』(教育哲学会編). 2020. 第121号. pp.51-56
  • 小野 文生. 新刊紹介『いま、教育と教育学を問い直す』. 『同志社時報』(学校法人同志社). 2019. No.148. p.72
  • 平岡 光太郎, 小野 文生. (翻訳)ダン・ラオール「アグノンとブーバー--ある友情の物語、あるいは『ハスィディズム集成』の発端と結末」(原題 דן לאור, ש "י עגנון: היבטים חדשים, ספרית פועלים, 1995 עמ' 127 - 153 ). 『京都ユダヤ思想』(京都ユダヤ思想学会). 2019. 第7号(2). 特集号 マルティン・ブーバー:対話思想のこだま. pp.268-335
more...
Books (19):
  • 『無心のケア』(坂井祐円・西平直編)
    晃洋書房 2020
  • 『西洋教育思想史(第2版)』(真壁宏幹編)
    慶應義塾大学出版会 2020 ISBN:9784766426588
  • 『いま、教育と教育学を問い直す--教育哲学は何を究明し、何を展望するか』(森田尚人・松浦良充編)
    東信堂 2019 ISBN:9784798915296
  • Martin Buber. His Intellectual and Scholarly Legacy. (Ed. by Sam Berrin Shonkoff)
    Brill Academic Publishers 2018 ISBN:9789004377035
  • Bildung in fremden Sprachen? Pädagogische Perspektiven auf globalisierte Mehrsprachigkeit (R. Mattig, M. Mathias, K. Zehbe (hrsg.))
    transkript Verlag 2018 ISBN:9783837636888
more...
Lectures and oral presentations  (75):
  • [The Thematic Research] International Symposium: "Globalization, Internationalization, and Universality of the Philosophy of Education"
    (The 62nd Annual Meeting of the Japanese Society for the Philosophy of Education, Hiroshima University 2019)
  • シンポジウム「ハルモニアの思想史における音楽と人間形成」
    (教育思想史学会第29回大会 立教大学池袋キャンパス 2019)
  • 「鶴見俊輔のプラグマティズム思想とユートピアとしての漫画的精神」
    (滋賀大学経済学部ワークショップ《マンガ学ワークショップII》 滋賀大学彦根キャンパス 2019)
  • 講演「美と教育の〈かたち〉と〈かたちなきもの〉について--思想研究の視点から」
    (日本美術教育学会京都支部研究会17 白沙村荘・橋本関雪記念館(京都市) 2018)
  • 「生と社会をめぐる〈かたち〉と〈あいだ〉の思想--ブーバーとジンメル」(「ゲオルク・ジンメル没後100年記念シンポジウム」小野文生・合田正人・廳茂・深澤英隆)
    (京都ユダヤ思想学会第2回関東大会 慶応義塾大学日吉キャンパス 2018)
more...
Education (5):
  • 2004 - 2005 京都大学大学院 共生人間学 博士後期課程 学修認定退学
  • 2002 - 2003 ベルリン・フンボルト大学
  • 2000 - 2003 京都大学大学院 人間・環境学 博士後期課程 中途退学
  • 1998 - 2000 京都大学大学院 人間・環境学 修士課程 修了
  • 1994 - 1998 Nagoya University
Work history (26):
  • 2020/04 - 現在 同志社大学人文科学研究所 兼担研究員
  • 2019/04 - 現在 Mukogawa Women's University Research Center for School Education and Childcare
  • 2014/04 - 現在 Nara Women's University
  • 2013/04 - 現在 Doshisha University Faculty of Global and Regional Studies, Department of Global and Regional Studies
  • 2012/04 - 現在 同志社大学一神教学際研究センター 共同研究員
Show all
Committee career (8):
  • 2018/10 - 現在 教育哲学会 次世代育成企画委員会委員
  • 2016/10 - 現在 教育哲学会 理事(2019年10月より常任理事)
  • 2016/03 - 現在 教育哲学会 国際交流委員会委員(2019年10月より委員長 兼 E-Journal Editor in chief)
  • 2015/10 - 現在 教育思想史学会 理事
  • 2012/06 - 現在 京都ユダヤ思想学会 『京都ユダヤ思想』編集委員会編集委員
Show all
Awards (1):
  • 2009/09 - 教育思想史学会 第6回教育思想史学会奨励賞
Association Membership(s) (11):
International Network of Philosophers of Education ,  Martin Buber Gesellschaft [Deutschland] ,  京都ユダヤ思想学会 ,  The Japan Society for Jewish Studies ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR RELIGIOUS STUDIES ,  日本シェリング協会 ,  日本ヘルダー学会 ,  教育思想史学会 ,  教育哲学会 ,  日本教育学会 ,  Hansen's Disease Association for the People
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page