Rchr
J-GLOBAL ID:200901037760385033   Update date: Jul. 05, 2024

Uchida Tatsuhiko

ウチダ タツヒコ | Uchida Tatsuhiko
Affiliation and department:
Research field  (1): Hydroengineering
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2022 - 2026 Sediment transport model considering SGS classification and its application to fine sediment dynamics in a watershed
  • 2022 - 2026 Mechanisms of upstream migration of knickpoints and rapid riverbed degradation
  • 2022 - 2025 レオロジー特性に着目したセメント改良による既存の河川堤防の強化
  • 2021 - 2023 New developments in fluid and mixed grain size granular mechanics based on Available Porosity theory
  • 2019 - 2023 令和元年台風19号及び台風21号による広域災害に関する総合研究
Show all
Papers (164):
  • 土田 孝,土肥聖平,内田龍彦. 土砂災害の前兆現象としてのニオイの発生に関する室内実験と考察. 日本災害情報学会誌 災害情報. 2024. 22-1. 11-21
  • 原田守啓,呉修一,内田龍彦. 流域治水の実践と求められる技術:持続可能な社会の発展に河川技術はどう貢献するか?. 河川技術論文集. 2024. 30. 519-524
  • 内田龍彦,岩見収二,石川博基,知花武佳,川池健司,原田守啓,呉修一. 流域治水に関わる近年の河川技術研究の動向. 河川技術論文集. 2024. 30. 501-506
  • 小谷隼人,内田龍彦,井上卓也,鳩野美佐子,梶昭仁,小森潤二,宮田英樹,中野寛隆,金藤将啓,海堀正博. 山体の岩盤内地下水位の長期変動と流域の降雨流出特性. 河川技術論文集. 2024. 30. 543-548
  • 梶昭仁,小森潤二,宮田英樹,内田龍彦,小谷隼人,田所弾,横江祐輝. 表層崩壊発生予測のための地下水理特性に関する研究. 河川技術論文集. 2024. 30. 447-452
more...
Books (2):
  • 水理公式集[2018年度版]
    丸善株式会社 2019 ISBN:9784810608359
  • 水理実験解説書[平成27年度版]
    丸善株式会社 2015
Lectures and oral presentations  (16):
  • 河道の流れの解析法について
    (河道管理に関する勉強会(第三回) 2019)
  • 平成30年7月豪雨時の広島県の洪水の実態と日本の河川洪水流に対する防災・減災
    (2019年度JICA青年研修ミャンマー 防災コース 2019)
  • 小瀬川水防災タイムライン検討会に期待するもの~施設では防ぎきれない大洪水に対する多機関連携型の減災体制構築に向けて~
    (小瀬川水防災タイムライン検討会発足式 2019)
  • 平成30年7月豪雨における広島県内の河川災害事例と課題
    (第18回都市水害に関するシンポジウム 2019)
  • A powerful tool calculate open channel flows for sediment transport analysis:Bottom Velocity Computation method,
    (The 18th International Conference on Civil and Environmental Engineering(ICCEE) 2019)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page