Rchr
J-GLOBAL ID:200901038194650928   Update date: Oct. 23, 2020

Tanimura Shogo

タニムラ ショウゴ | Tanimura Shogo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.phys.cs.is.nagoya-u.ac.jp/~tanimura/http://www.phys.cs.is.nagoya-u.ac.jp/~tanimura/index-en.html
Research keywords  (5): category theory ,  differential geometry ,  dynamical systems ,  measurement theory ,  quantum mechanics
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2017 - 2021 量子もつれ状態にある2電子の生成および量子干渉現象に関する実験的検証
  • 2014 - 2017 らせん電子波と量子測定理論
  • 2010 - 2013 余剰次元に基づくカイラルフェルミオン生成の新しい機構と階層性問題の解決
  • 2010 - 2013 新しいベル型不等式と量子相関
  • 2006 - 2010 並進対称性の破れと相構造
Show all
Papers (104):
  • 谷村省吾. アインシュタインの夢 ついえる-測っていない値は実在しない. 日経サイエンス. 2019. 49. 2. 64-71
  • 谷村省吾. 幾何学から物理学へ-物理を圏論・微分幾何の言葉で語ろう;第20回:力学系の簡約とゲージ対称性. 数理科学(サイエンス社). 2019. 57. 1. 57-64
  • 谷村省吾. 幾何学から物理学へ-物理を圏論・微分幾何の言葉で語ろう;第19回:リー群・リー代数と力学系の対称性. 数理科学(サイエンス社). 2018. 56. 11. 60-67
  • 谷村省吾. 幾何学から物理学へ-物理を圏論・微分幾何の言葉で語ろう;第18回:幾何学的なハミルトン力学. 数理科学(サイエンス社). 2018. 56. 10. 68-75
  • 谷村省吾. 幾何学から物理学へ-物理を圏論・微分幾何の言葉で語ろう;第17回:物質中の電磁場. 数理科学(サイエンス社). 2018. 56. 8. 60-67
more...
MISC (70):
  • 谷村省吾. 幾何学から物理学へ-物理を圏論・微分幾何の言葉で語ろう;第19回:リー群・リー代数と力学系の対称性. 数理科学(サイエンス社). 2018. 56. 11. 60-67
  • 谷村省吾. 幾何学から物理学へ-物理を圏論・微分幾何の言葉で語ろう;第18回:幾何学的なハミルトン力学. 数理科学(サイエンス社). 2018. 56. 10. 68-75
  • 谷村省吾. 幾何学から物理学へ-物理を圏論・微分幾何の言葉で語ろう;第17回:物質中の電磁場. 数理科学(サイエンス社). 2018. 56. 8. 60-67
  • 谷村省吾. 幾何学から物理学へ-物理を圏論・微分幾何の言葉で語ろう;第16回:カレントで表される電磁気量. 数理科学(サイエンス社). 2018. 56. 7. 68-75
  • 谷村省吾. 幾何学から物理学へ-物理を圏論・微分幾何の言葉で語ろう;第15回:幾何学的な電磁気学. 数理科学(サイエンス社). 2018. 56. 5. 60-67
more...
Books (4):
  • 〈現在〉という謎-時間の空間化批判
    勁草書房 2019 ISBN:9784326102778
  • 幾何学から物理学へー物理を圏論・微分幾何の言葉で語ろう
    サイエンス社 2019
  • 理工系のためのトポロジー・圏論・微分幾何-双対性の視点から
    サイエンス社 2006
  • ゼロから学ぶ数学・物理の方程式
    講談社 2005 ISBN:9784061546714
Lectures and oral presentations  (49):
  • 量子論の弱値の幾何学的解釈,とくに負の確率の幾何学的描像
    (日本物理学会 秋季大会 2019)
  • 捩形式の定義・描像・応用
    (研究会「量子と古典の物理と幾何」 2019)
  • Symmetry and conservation law of electrically charged particle in magnetic field
    (Geometry, Mechanics, and their Applications 2019)
  • Tensor categorical structure of observables in classical physics
    (2019)
  • ベクトルポテンシャルの古典力学的意味とベクトルポテンシャルを用いない量子力学
    (日本物理学会 第74回年次大会 2019)
more...
Works (28):
  • (翻訳記事監修)G. マッサー「物理学におけるリアリティー」
    2019 -
  • ノーベル物理学賞は量子論がらみと予想-ゲージ場の実在性、量子実在論争の決着、はたまた量子コンピューターか光格子時計か
    谷村省吾 2019 -
  • アインシュタインの量子論不信が開いた新世界:長年の論争に決着「量子論が正しく、局所実在論は誤り 」
    谷村省吾 2019 -
  • (翻訳記事監修)R. ハンソン,K. シャルム「最終決着:「ベルの不等式」の破れの実験」
    2019 -
  • 新聞取材協力
    高橋真理子 2018 - 2018
more...
Education (2):
  • 1990 - 1995 Nagoya University
  • 1986 - 1990 Nagoya University
Professional career (3):
  • 工学士 (名古屋大学)
  • 修士(理学) (名古屋大学)
  • 博士(理学) (名古屋大学)
Work history (2):
  • 2017/04/01 - 現在 Nagoya University Graduate School of Informatics Department of Complex Systems Science 1 Professor
  • 2011/04/01 - 2017/03/31 Nagoya University Graduate School of Information Science Department of Complex Systems Science Many-body Systems Science Professor
Committee career (2):
  • 2013/05/02 - 現在 Progress of Theoretical and Experimental Physics editor
  • 2013/05/02 - 現在 学術誌 Progress of Theoretical and Experimental Physics 編集委員会 編集委員
Association Membership(s) (1):
The Physical Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page