Rchr
J-GLOBAL ID:200901038252789893   Update date: Oct. 19, 2020

Hirayama Tomoko

ヒラヤマ トモコ | Hirayama Tomoko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Machine elements and tribology ,  Design engineering
Research theme for competitive and other funds  (34):
  • 2020 - 2022 量子ビームトライボオペランド分析によるストライベック曲線のナノスケール学的再整理
  • 2019 - 2020 新生面のトライボロジー:添加剤吸着とミクロ摩擦特性の観点からの再評価
  • 2018 - 2020 量子ビームを用いた摺動界面のメカノオペランド計測に基づく境界潤滑層の動的挙動解析
  • 2018 - 2019 量子ビームオペランド分析による摩擦低減のための摺動界面の動的構造解析
  • 2018 - 2019 固液界面における潤滑油分子の並進運動計測:単一蛍光分子追跡
Show all
Papers (85):
  • Tomoko Hirayama, Naoki Yamashita. Combined Use of Neutron Reflectometry and Frequency-Modulation Atomic Force Microscopy for Deeper Understanding of Tribology [Review]. Japanese Journal of Applied Physics. 2020. 59. SN0803
  • Tomoko Hirayama, Shun Shibata, Tomoyuki Harada, Yusuke Hashimoto, Naoki Yamashita. Shear Property of Oil Film Containing Oiliness Additive in Narrow Gap Measured with Newly-Developed Parallel-Disk Viscometer Supported by Aerostatic Bearing. Lubrication Science. 2020. 32. 2. 46-57
  • Khalil Ibrahim, Mohamed Ali, Tomoko Hirayama, Khalaf Diab. An Investigation into the Tribological Properties of Wood Flour Reinforced Polypropylene Composites. Materials Research Express. 2020. 7. 015313
  • Jitendra K. Katiyar, Sujeet K. Sinha, Tomoko Hirayama, Arvind Kumar. Tribological Analysis of Tip-Cantilever Made of SU-8, Talc and PFPE Composite. Tribology - Materials, Surfaces & Interfaces. 2019. 14. 2. 92-101
  • 小宮広志, 下司佑馬, 八百谷昇, 平山朋子, 松岡敬, 坂本英俊. 潤滑グリースの油膜形成に及ぼす増ちょう剤の効果-摩擦面への増ちょう剤の付着・堆積を伴うグリース膜形成のメカニズム-. トライボロジスト. 2019. 64. 1. 33-41
more...
MISC (32):
  • 平山朋子, 野間正泰, 伊勢智彦. 軸受技術分野の最新動向 【解説】. トライボロジスト. 2020. 65. 1. 9-10
  • 平山朋子, 山下直輝. トライボロジー現象解明に向けた量子ビーム分析の応用 【解説】. トライボロジスト. 2019. 64. 11. 641-647
  • 平山朋子. 中性子反射率法を中心とした量子ビーム分析のトライボロジー応用 【解説】. 波紋. 2018. 28. 4. 192-195
  • 平山朋子. 表面テクスチャリングに期待される効果 【解説】. 機能材料. 2018. 38. 1. 53-57
  • 平山朋子. MoDTCと無灰FMの併用系における固液界面構造とナノトライボロジー特性 【解説】. 潤滑経済. 2017. 632. 9-15
more...
Books (6):
  • 数値解析と表面分析によるトライボロジーの解明と制御
    テクノシステム 2018
  • カーボンが創る未来社会
    丸善プラネット 2017
  • 高分子トライボロジーの制御と応用
    シーエムシー出版 2015
  • はじめてのトライボロジー
    講談社サイエンティフィク 2013
  • 機械屋のための分析装置ガイドブック
    コロナ社 2012
more...
Lectures and oral presentations  (44):
  • 量子ビームを用いたトライボロジー研究の基礎と展望
    (第16回日本接着学会関西支部 若手の会 2020)
  • 固液界面分析に基づくトライボロジー現象の理解
    (日本物理学会2020年秋季大会 「界面におけるエネルギー変換と輸送」シンポジウム 2020)
  • 中性子反射率法のトライボロジー応用-基礎的メカニズム解明から実用展開まで
    (東大物性研シンポジウム 2020)
  • 固液界面分析に基づくトライボロジー現象の理解と応用
    (表面科学 技術研究会2020『トライボロジーの最先端-ナノトライボロジーその場計測-』 2020)
  • Neutron and AFM studies for Understanding of Tribology (Invited Talk)
    (27th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy 2019)
more...
Education (6):
  • - 2001 Kyoto University
  • - 2001 Kyoto University
  • - 1999 Kyoto University
  • - 1999 Kyoto University
  • - 1997 The University of Tokyo
Show all
Professional career (2):
  • Doctor of Engineering (Kyoto University)
  • Master of Engineering (Kyoto University)
Work history (9):
  • 2019/04 - 現在 日本学術振興会(JSPS) 学術センター研究員(兼任)
  • 2019/04 - 現在 Kyoto University Graduate School of Engineering
  • 2014/04 - 2019/03 Doshisha University Faculty of Science and Engineering
  • 2013/10 - 2017/07 科学技術振興機構(JST) さきがけ研究員(兼任)
  • 2014/08 - 2016/08 Ministry of Education,Culture,Sports,Science and Technology
Show all
Awards (7):
  • 2015 - 第27回 中小企業庁長官賞(産学官連携特別賞)
  • 2011 - Best Paper Award of ASPEN 2011 「Nano-Motion X-Y Stage by Pneumatic Servo Spherical Bearing Actuators」
  • 2011 - Best Paper Award of ASPEN 2011
  • 2009 - 日本機械学会情報・知能・精密機器部門 優秀講演論文賞(部門賞) 「中性子反射率法によるDLC膜/潤滑剤界面のナノ構造解析」
  • 2009 - 日本トライボロジー学会 論文賞 「中性子反射率法による物質最表面近傍における潤滑剤の密度測定(第1報)」
Show all
Association Membership(s) (7):
設計工学会 ,  表面科学会 ,  表面技術協会 ,  精密工学会 ,  日本機械学会 ,  日本トライボロジー学会 ,  中性子科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page