Rchr
J-GLOBAL ID:200901038740723958   Update date: May. 29, 2012

Uekita Takeo

ウエキタ タケオ | Uekita Takeo
Research field  (3): Civil law ,  International law ,  Legal theory and history
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 外国法研究の意義とその方法
  • ADRの体系化の試み
  • 仲裁手続の特色とその位置づけ
MISC (28):
  • わが国における仲裁手続の現状と問題点-裁判外の紛争解決手続(ADR法)の活性化は期待できるか- ≪ワールドワイド研究センター主催シンポジウム≫ 中国における国際的企業活動に伴なう紛争とその解決手続(第1回). 同志社大学ワールドワイドビジネスレビュー (同志社大学ワールドワイドビジネス研究センター). 2006. 8. 1. 128-137
  • 不正競争による侵害の差止請求権不存在確認を求める訴えと民訴法五条九号. 私法判例リマークス (日本評論社). 2006. 31. 102-105
  • 他人の権利を譲り受けて訴訟等の手段によってその権利の実行をすることを業とする行為が弁護士法73条に違反するとはいえない場合. 私法判例リマークス (日本評論社). 2003. 26. 126-129
  • 新民事訴訟法のもとでの裁判所書記官の役割--訴訟の非訟化と裁判所書記官の職務内容の質的変化について--. 同志社法学(井ヶ田良治名誉教授古稀記念論集).同志社法学会. 1998. 49-5. 257. 42-62
  • 「訴訟参加及び訴訟引受」. 新民事訴訟法大系-理論と実務-(全4巻)青林書院. 1997. 第1巻197頁-222頁
more...
Works (5):
  • 民事判決原本の保存に関する研究(共同研究)
    1994 - 1996
  • 仮差押え・仮処分に関する実態調査(協同研究)
    1985 - 1986
  • Research on Temporary Injunction
    1985 - 1986
  • 弁護士制度に関する実態調査(協同研究)
    1968 -
  • Research on Lawyers
    1968 -
Education (6):
  • - 1966 Kobe University
  • - 1966 Kobe University
  • - 1966 Kobe University
  • - 1966 Kobe University
  • - 1964 Doshisha University Department of Law
Show all
Professional career (1):
  • Master of Laws (Kobe University)
Work history (1):
  • Doshisha University Law School Professor
Committee career (2):
  • 2000 - 2006 比較法学会 理事
  • 1992 - 1995 日本民事訴訟法学会 理事
Association Membership(s) (6):
金融法学会 ,  比較法学会 ,  日独法学会 ,  日本私法学会 ,  日本民事訴訟法学会 ,  国際私法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page