Rchr
J-GLOBAL ID:200901039444460530   Update date: Aug. 31, 2020

NORIAKI YOSHIKAI

ヨシカイ ノリアキ | NORIAKI YOSHIKAI
Affiliation and department:
Job title: Project Professor
Research field  (3): Library/information science, humanistic/social informatics ,  Computer systems ,  Information theory
Research keywords  (11): 誤り訂正 ,  グラフ理論 ,  情報源符号化 ,  Prisoner's Dilemma ,  social network ,  reputation system ,  Ubiquitous Environment ,  Information Sharing ,  Network Codes [ KEYWORD(S): Error Detection & Collection, Power Spectrum] ,  Network Theory [KEYWORD(S): Graph Theory, Queue Theory, Power law] ,  Cooperation Technology on Internet [KEYWORD(S):reputation system , social network ]
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2020 自治体等保険者レセプトデータと健康情報等を基盤にAIを用いてリスク予測やターゲッティングを行う保健指導システムの構築に関する研究
  • 2018 - 2019 自治体等保険者レセプトデータと健康情報等を基盤にAIを用いてリスク予測やターゲッティングを行う保健指導システムの構築に関する研究
  • 2017 - 2018 自治体等保険者レセプトデータと健康情報等を基盤にAIを用いてリスク予測やターゲッティングを行う保健指導システムの構築に関する研究
Papers (77):
  • Shun-ichi Kurino, Tatsuya Shimura, Noriaki Yoshikai. Improvement of Alert Message’s Credibility for Recovering Computer Virus Infection. Proceeding of IMCIC2020. 2020. 2. 143-147
  • Kana Shimbo, Shun-ichi Kurino, Noriaki Yoshikai. Credibility of Alert Messages for Computer Virus Infection. Proceedings of IEEE iCCECE'2019. 2019. 1. 89-92
  • KENTO TAKATA, NATSUO YOKOI SHUN-ICHI KURINO, NORIAKI YOSHIKAI. Study on System Architecture based on Utilization of ICT Systemfor supporting Agriculture Volunteer Activityafter Kumamoto Earthquake. IPSJ シンポジウムシリーズ (DICOMO2019シンポジウム論文集). 2019. 2019. 1. 1368-1378
  • Kana Shimbo, Shun-ichi Kurino, Noriaki Yoshikai. Research on Verification of Persuasion Effectto Cope with Virus Infection Based onCollective Protection Motivation Theory. Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies. 2018. 22. 1. 763-771
  • Noriaki Yoshikai, Kana Shimbo, John, Stavrakakis, Toshio Takahashi. Study on Persuasion Effect of Computer Virus Measures based on Collective Protection Motivation Theory. Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies. 2017. 7. 518-528
more...
MISC (1):
  • Noriaki Yoshikai. 研究会に行こう. Fundamental Review. 2014. 8. 2. 126-126
Patents (9):
  • AIによる事象クラスの判別方法及び判別システム
  • コンテンツ配信方法、およびコンテンツ配信システム
  • 通信ネットワーク設計方法及びプログラム及び記録媒体(国際出願)
  • 路車間通信用エージェント管理装置及びデータ通信方法
  • ドライバー状況依存コミュニケーション装置およびその方法
more...
Books (7):
  • ネット評判社会
    NTT出版 2009 ISBN:9784757102668
  • e-Trust : Solving the Lemons problem with Reputation
    Russell Sage Foundation 2009 ISBN:9780871543110
  • Technology and Human-Nature
    Korea Publishing Marketing Research Institute 2007
  • ITと文明
    NTT出版 2004
  • ITSと情報通信技術
    裳華房 2003
more...
Lectures and oral presentations  (122):
  • 医療とAIの近未来について
    (AIを活用した保健指導システム研究推進事業・成果報告シンポジウム 2020)
  • Development of AI predicting the risk of aggravation for patients withchronic diseases to support extraction those who are highly effective ininterventions by health guidance
    (第39回日本医療情報学連合大会 2019)
  • 慢性疾患患者の行動変容、セルフマネジメント能力向上を支援する保健指導問診・介入支援システムの開発 -中間報告-
    (第20回日本医療情報学会看護学術大会 2019)
  • AIって何? これからの、世の中は、どう変わるの?
    (サイエンス講座 2018)
  • Study on Effect Testing of Persuasive Message Stimulating Computer Virus Measures based on Collective Protection Motivation Theory
    (電子情報通信学会 SITE研究会 2018)
more...
Education (1):
  • - 1979 Kumamoto University
Professional career (1):
  • 工学博士 (東京工業大学)
Work history (14):
  • 2020/04 - 日本大学・理工学部・数学科 特任教授
  • 2009/04 - 2020/03/31 日本大学・理工学部・数学科 教授
  • 2014/07/01 - 2014/09/30 University of Sydney School of IT Visiting scientist
  • 2003/04 - 2009/09 慶応義塾大学理工学部非常勤講師(情報ネットワーク)
  • 2005/04 - 2009/03/31 日本大学大学院総合科学研究科 教授
Show all
Committee career (12):
  • 2017/09/19 - 公正研究推進協会 理工学部分科会
  • 2015/01/30 - 2017/03/31 電子情報通信学会 倫理委員会事例集検討小委員会 委員長
  • 2014/05/01 - 2016/04/30 電子情報通信学会 技術と社会・倫理研究専門委員会 委員長
  • 2016/04/19 - 日本工業会 技術倫理協議会
  • 2010/05/22 - 2014/05 電子情報通信学会 技術と社会・倫理研究専門委員会 副委員長
Show all
Awards (2):
  • 2011/03/18 - 情報処理学会・グループウエアとネットワークサービス研究会 優秀発表賞 集合知ゲームを用いた情報セキュリティ対策への意識調査に関する検討
  • 2005/09/21 - 電子情報通信学会 通信ソサエティ功労顕彰状
Association Membership(s) (4):
IEICE ,  IEEE ,  JSTE ,  JSCVS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page