Rchr
J-GLOBAL ID:200901039666058447   Update date: Sep. 01, 2020

Okazawa Hidehiko

オカザワ ヒデヒコ | Okazawa Hidehiko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.med.u-fukui.ac.jp/birc/index.html
Research field  (1): Radiology
Research keywords  (10): fMRI ,  腫瘍核医学 ,  脳循環代謝 ,  PET ,  脳核医学 ,  fMRI ,  Nuclear oncology ,  PET ,  Neuroscience ,  Cerebral Blood Flow and Metabolism
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2009 - 2015 腫瘍核医学に関する研究
  • 2009 - 2015 Nuclear oncology
  • 2009 - 2014 脳の発達および精神疾患に関する脳機能イメージング
  • 2009 - 2014 Brain functional imaging on brain development and related psychiatric disorders.
  • 2003 - 2012 脳循環代謝の定量測定と脳血管障害患者の病態観察
Show all
Papers (61):
more...
MISC (267):
  • Masato Kobayashi, Tetsuya Mori, Tetsuya Tsujikawa, Kazuhiro Ogai, Jyunko Sugama, Yasushi Kiyono, Keiichi Kawai, Hidehiko Okazawa. Comparison of image quality with <sup>62</sup>Cu and <sup>64</sup>Cu-labeled radiotracers in positron emission tomography whole-body phantom imaging. Hellenic Journal of Nuclear Medicine. 2015. 18. 2. 103-107
  • Masamichi Ikawa, Hidehiko Okazawa, Tetsuya Tsujikawa, Akiko Matsunaga, Osamu Yamamura, Tetsuya Mori, Tadanori Hamano, Yasushi Kiyono, Yasunari Nakamoto, Makoto Yoneda. Increased oxidative stress is related to disease severity in the ALS motor cortex. Neurology. 2015. 84. 20. 2033-2039
  • Shigeyuki Wakahara, Tadashi Konoshita, Ai Sakai, Takahiro Nakaya, Mai Ichikawa, Katsushi Yamamoto, Michiko Imagawa, Hirohiko Kimura, Hidehiko Okazawa, Tamotsu Ishizuka, et al. Intrathoracic Benign goiter Imaged by <sup>18</sup>F-FDG-PET: A case report. Medicine (United States). 2015. 94
  • Chao Lin, Kyo Kume, Tetsuya Mori, Miguel E. Martinez, Hidehiko Okazawa, Yasushi Kiyono, Yasushi Kiyono. Predictive value of early-stage uptake of 39-deoxy-39-<sup>18</sup>FFluorothymidine in cancer cells treated with charged particle irradiation. Journal of Nuclear Medicine. 2015. 56. 945-950
  • H. Okazawa, M. Ikawa, T. Tsujikawa, Y. Kiyono, M. Yoneda. Brain imaging for oxidative stress and mitochondrial dysfunction in neurodegenerative diseases. Quarterly Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging. 2014. 58. 4. 387-397
more...
Patents (1):
  • PET薬剤送出装置およびその作動方法
Books (21):
  • Neuroprotection and Regeneration of the Spinal Cord(分担執筆:Clinical significance of 3D-MRI/18F-FDG PET fusion imaging of patients with cervical compressive myelopathy)
    Springer 2014 ISBN:9784431545019
  • 遺伝子医学MOOK 26: 脳内環境-維持機構と破綻がもたらす(分担執筆:8. パーキンソン病および関連神経疾患のPET酸化ストレスイメージング)
    メディカル ドゥ 2014 ISBN:9784944157563
  • 循環器専門医に必要な検査必須知識(分担執筆:第4章画像所見の読み方、活かし方 「PETでなにがわかるか」)
    メジカルビュー社 2013 ISBN:9784758314053
  • イメージングテクノロジーの進歩と脳卒中治療(分担執筆:脳血管障害の分子イメージング)
    にゅーろん社 2012
  • 核医学画像診断ハンドブック(分担執筆:腫瘍FDG: 6-2-6: 頭頸部癌におけるPETの読み方)
    エルゼビア・ジャパン 2011 ISBN:9784860342333
more...
Lectures and oral presentations  (627):
  • <SUP>123</SUP>I標識イメージング製剤による定量脳血流SPECTの為の収集処理方法の標準化に向けての多施設評価
    (日本核医学会第80回中部地方会 2015)
  • 難治性がん治療に向けた機能画像診断法の開発
    (分子イメージング研究戦略推進プログラム成果報告シンポジウム 2014 2014)
  • <SUP>62</SUP>Cu-ATSMを用いた低酸素イメージングによる頭頸部癌の予後予測
    (分子イメージング研究戦略推進プログラム成果報告シンポジウム 2014 2014)
  • Interim PETによる悪性リンパ腫の予後予測
    (日本核医学学会第78回中部地方会 2014)
  • Insulin Resistance Impairs Cardiac Efficiency in Patients with Acute Myocardial Infarction
    (第78回日本循環器学会学術集会 2014)
more...
Works (26):
  • 18FfluoroacetatePETを用いたアストロサイト機能に注目した脳外科疾患の解明
    2014 - 2016
  • 非公開, 新学術領域研究(研究領域提案型)(継続の研究領域・終了研究領域)
    2014 -
  • 腎癌に対するFLT PETを用いた分子標的薬の早期治療効果判定のための臨床研究, 基盤研究(C)(一般)
    2014 -
  • 生体機能検査を用いた子宮肉腫の病態解明の試みと治療法の模索, 基盤研究(C)(一般)
    2014 -
  • 腫瘍分子イメージングによる効果的がん治療法開発のための総合研究, 基盤研究(A)(一般)
    2014 -
more...
Education (4):
  • - 1996 京都大学大学院 内科系
  • - 1996 Graduate School, Kyoto University 内科系
  • - 1988 Kyoto University Department of Medical Science
  • - 1988 Kyoto University School of Medicine
Professional career (1):
  • M.D., Ph.D. (Kyoto University)
Work history (18):
  • 2010 - - 福井大学高エネルギー医学研究センター, センター長(併任)
  • 2010 - - Biomedical Imaging Research Center, Director
  • 2003 - 2006 福井大学(旧福井医科大学)高エネルギー医学研究センター, 助教授
  • 2003 - 2006 Biomedical Imaging Research Institute, University of Fukui, Associate Professor
  • 2006 - - 福井大学(旧福井医科大学)高エネルギー医学研究センター, 教授
Show all
Committee career (26):
  • 2012 - 2014 日本脳神経核医学研究会 運営委員長
  • 2012 - 2014 The Japanese Council of Nuclear Neuroimaging 運営委員長
  • 2014 - 日本神経科学学会 一般会員
  • 2014 - 小動物インビボイメージング研究会 世話人
  • 2014 - 日本ヒト脳機能マッピング学会 運営委員
Show all
Awards (23):
  • 2014 - 福井大学医学部 2013年度下半期における 優秀論文
  • 2014 - 第7回分子イメージング賞
  • 2013 - 2012年度(後期)医学部教員・学生等による優秀論文賞
  • 2013 - 福井大学医学部 2012年度後期優秀論文賞
  • 2012 - 平成23年度学術論文優秀賞
Show all
Association Membership(s) (24):
日本神経科学学会 ,  小動物インビボイメージング研究会 ,  日本アイソトープ協会 医学・薬学部会 ,  日本ヒト脳機能マッピング学会 ,  日本脳循環代謝学会 ,  日本分子イメージング学会 ,  日本脳卒中学会 ,  米国神経学会 ,  日本脳神経核医学研究会 ,  欧州核医学会 ,  国際脳循環代謝学会 ,  米国核医学会 ,  日本核医学会 ,  日本医学放射線学会 ,  The Japan Neuroscience Society ,  Japanese Society for Molecular Imaging ,  The Japan Stroke Society ,  American Academy of Neurology ,  The Japanese Council of Nuclear Neuroimaging ,  European Association of Nuclear Medicine ,  International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism ,  Society of Nuclear Medicine ,  Japanese Society of Nuclear Medicine ,  Japan Radiological Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page