Rchr
J-GLOBAL ID:200901039988067794   Update date: Mar. 04, 2021

OHTANI Tomoko

OHTANI Tomoko
Research keywords  (6): デバイス評価 ,  臨場感・迫真性 ,  ワークショップ ,  optical illusion blocks ,  色彩 ,  視覚
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2019 - 2022 メディア芸術作品を介した仮想世界インタフェースの抽出
  • 2015 - 2020 実感を伴う情報表現に関する研究
  • 2018 - 2019 感覚情報の認知がコンテンツの臨場感・迫真性の判断に与える影響に関する検討
  • 2018 - 2019 話者映像が音声刺激の聞き取りおよび再生成績に及ぼす影響
  • 2018 - 2018 錯視模様を利用した,二次元平面と三次元立体の対応
Show all
Papers (22):
more...
MISC (22):
  • 大谷智子. 特集「心とVR ポジティブコンピューティング」巻頭言. 日本バーチャルリアリティ学会誌. 2018. 23. 1. 6
  • 大谷智子, 丸谷和史. 能動的な観察をうながすワークショッププログラムの開発. AMC Journal 芸術情報センター活動報告書. 2017. 2. 50-63
  • 福地健太郎, 大谷智子. VRメディア評論「落語:あたまやま,小説:フラットランド」. 日本バーチャルリアリティ学会誌. 2017. 22. 3. 52-53
  • 福地健太郎, 大谷智子. VRメディア評論「映画:この世界の片隅に」片渕須直(監督・脚本)、こうの史代(原作)他. 日本バーチャルリアリティ学会誌. 2017. 22. 2. 52-53
  • 福地健太郎, 大谷智子. VRメディア評論「小説:朝のガスパール」筒井康隆(著),新潮社. 日本バーチャルリアリティ学会誌. 2017. 22. 1. 54-55
more...
Books (1):
  • Digital Public Art Project 空気の港〜テクノロジー×空気で感じる新しい世界〜
    美術出版社 2010
Lectures and oral presentations  (54):
  • フラッグクエスト:仮想世界指向インタフェースを備えた ゲームシステムの提案
    (インタラクション2020 2020)
  • 場の作り方が,錯視立体の作成に与える影響 : 2種の錯視ブロックワークショップを通した検討
    (日本図学会大会 2019)
  • カフェウォール錯視の3次元的解釈と錯視パターンのバリエーション
    (2018年度 日本図学会秋季大会(東京) 2018)
  • The optical illusion blocks: Optical illusion patterns in a three dimensional world
    (Vision Sciences Society 16th Annual demo night, [demo] 2018)
  • 芸術と○○
    (STEAM (un)conference Vol.1, 日本工学アカデミー 2016)
more...
Works (1):
  • 錯視ブロックワークショップ シリーズ
    大谷智子 2008 - 現在
Professional career (1):
  • 博士(心理学)
Work history (7):
  • 2020/04 - 現在 Meiji University School of Interdisciplinary Mathematical Sciences
  • 2015/04 - 2020/03 Tokyo University of the Arts Art Media Center
  • 2013/04 - 2015/03 Tohoku University Research Institute of Electrical Communication Assis.Prof.
  • 2012/04 - 2013/03 東京大学大学院情報学環 特任助教
  • 2009/08 - 2012/03 The University of Tokyo Intelligent Modeling Laboratory
Show all
Committee career (7):
  • 2017/04 - 現在 日本バーチャルリアリティ学会 理事
  • 2015/04 - 現在 日本バーチャルリアリティ学会 学会誌編集委員
  • 2011/04 - 現在 日本VR学会 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト実行委員会
  • 2009/01 - 現在 日本VR学会 「情報技術と文化の融合」調査研究委員会
  • 2015/04 - 2019/05 日本図学会 理事
Show all
Awards (2):
  • 2017/09 - Kids Design Award
  • 2009/05 - 日本色彩学会 平成21年度日本色彩学会論文奨励賞
Association Membership(s) (10):
JAPANESE ACADEMY OF FACIAL STUDIES ,  JAPANESE COGNITIVE SCIENCE SOCIETY ,  THE JAPANESE PSYCHONOMIC SOCIETY ,  VISION SOCIETY OF JAPAN ,  THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS ,  JAPAN SOCIETY FOR GRAPHIC SCIENCE ,  The Association for Computing Machinery ,  日本バーチャルリアリティ学会 ,  日本色彩学会 ,  日本心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page