Rchr
J-GLOBAL ID:200901040134102055   Update date: Nov. 26, 2019

NAGASAWA Katsushige

ナガサワ カツシゲ | NAGASAWA Katsushige
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Research field  (3): Economic theory ,  Economic statistics ,  Social welfare and social work studies
Research keywords  (1): economic statistics, sociology, information economy, electronic commerce, economic statistics
Papers (18):
  • 長澤克重. 文化産業分析のための統計的枠組み -2009 UNESCO FCS の構造と課題-. 立命館産業社会論集. 2014. 第50. 第2. 1-13
  • 長澤克重. 全労働生産性と全要素生産性からみたIT化の経済効果. 立命館産業社会論集. 2009. 45. 3. 1-16
  • 江戸末期の狐禅寺村の人口構造と平均余命. 『19~20世紀東北日本の前近代型出生・生存・移動・死亡パターンの歴史人口学的研究』(平成15年度~平成18年度科学研究費補助金 (基盤研究(A))成果報告書 (研究代表者:高木正朗(立命館大学産業社会学部教授)、課題番号:15203023). 2007. 195-206
  • 産業・職業分類の変容. 経済統計学会『統計学』. 2006. 90. 78-87
  • 「19世紀初期の庶民の生命表-狐禅寺村の人口・民政資料による」. 『立命館大学人文科学研究所紀要』. 2006. 87. 215-226
more...
Books (12):
  • 自立と協同の経済システム
    大月書店 1991
  • Guide Book of Economic Statistics
    大月書店 1992
  • Hiroshi Izumi,Shigeru Kinoshita,Masatsugu Fujie,Hiroshi Ohnishi,Teruaki Fujii(ed.),Modernization of Economic Statistics,
    Koyo Shobou 1995
  • 統計ガイドブック 社会・経済[第2版]
    大月書店 1998
  • メディア社会の歩き方
    世界思想社 2004
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • 産業連関論と長期計画~ターンパイクモデルを中心に
    (経済統計学会 1985)
  • 学生の『学び』の実態-立命館大学アンケート調査から-
    (京都大学高等教育教授システム開発センター第22回公開研究会 1998)
  • 学生の「学び」の構造と成長・発達 -アンケート調査の結果から-
    (大学教育学会 1999)
  • 学生の情報ネットワーク利用実態における格差の要因分析
    (情報通信学会 1999)
  • 電子商取引の計測に関する統計調査-米国商務省の動向を中心に-
    (経済統計学会第45回全国総会,中央大学 2001)
more...
Works (4):
  • 人口減社会 地域の先例に学ぶ 一関藩・狐禅寺村研究2
    2006 -
  • 江戸末期の庶民の平均寿命と人口構造
    2007 -
  • 国連貿易開発会議(UNCTAD)による「創造経済」(Creative Economy)に関する報告書について
    2010 -
  • ユネスコ文化統計の枠組み(2009 UNESCO FCS)による文化産業と文化雇用
    2017 - 2017
Education (2):
  • - 1982 Kyoto University Faculty of Literature Sociology Major, Division of Philosophy
  • - 1989 Kyoto University Graduate School, Division of Economics Theoretical Economics & Economic History
Professional career (1):
  • Master of Economics (Kyoto University)
Association Membership(s) (5):
Japan Society of Economic Statistics ,  Japan Statistical Society ,  The Japan Society of Information and Communication Research ,  Pan Pacific Association of Input-Output Studies ,  Japan Association for College and University Education
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page