Rchr
J-GLOBAL ID:200901040134132469   Update date: Nov. 17, 2020

Nakao Teruyuki

ナカオ テルユキ | Nakao Teruyuki
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.setsunan.ac.jp/
Research field  (2): Green/sustainable/environmental chemistry ,  Environmental impact assessment
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2011 - 性ホルモンモニタリングを基礎とした現実のPOPs汚染レベルにおける環境医学的研究
  • 2011 - 心疾患等を誘発するall-trans、cis-trans混合型リノール酸およびα-リノレン酸の合成を基礎とした、食品中の上記脂肪酸レベルの高精度分析並びにその健康影響評価
  • Risk Assessment of Dioxin and Related Compounds
  • ダイオキシン関連物質に関する影響評価
  • (BLANK)
Show all
Papers (248):
MISC (1):
  • 中尾晃幸. 移民・難民問題に触れて -長期海外出張(カナダ)での体験談-. 摂南大学「地域と結びついた『異文化間相互理解と不寛容除去』の研究プロジェクト. 2020. 71-74
Patents (1):
  • アルミナの水分含量判定方法及びこれに用いた試薬特許出願公開番号:特開2001-13124(P2001-13124A)
Lectures and oral presentations  (132):
  • トランス型脂肪酸摂取マウスにおける脂肪酸分布特性と血中脂質への影響
    (第69回 日本薬学会関西支部総会・大会 2019)
  • Tight junction構成タンパク質発現に及ぼすAhRリガンドの影響
    (第69回 日本薬学会関西支部総会・大会 2019)
  • ベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤のNAFLD増悪への関与
    (第69回 日本薬学会関西支部総会・大会 2019)
  • 紫外線吸収剤が有する核内受容体活性化作用の評価
    (第69回 日本薬学会関西支部総会・大会 2019)
  • ヒト単球様細胞株を用いた炎症性サイトカイン産生を指標とした紫外線吸収剤の毒性評価
    (第69回 日本薬学会関西支部総会・大会 2019)
more...
Education (2):
  • - 1996 Setsunan University
  • - 1994 Setsunan University
Professional career (2):
  • 学士(薬学) (摂南大学)
  • 博士(薬学) (摂南大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page