Rchr
J-GLOBAL ID:200901040275161756   Update date: May. 19, 2021

Ishiwari Takayoshi

イシワリ タカヨシ | Ishiwari Takayoshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Literature - British/English-languag ,  Literature - General
Research keywords  (3): Thomas Pynchon ,  Novel Theory ,  Literary Text and Context
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2023 ピンチョン文学における科学と人文学との接点について--「見ること」という観点から
  • 2017 - 2020 Residues of Epistemology, or Seeing in Pynchon's Novels
  • 2010 - 2012 A Study of Pynchon from the Perspective of Novel Theory
  • 2003 - 2006 Relation between Metamorphosis of Body Consciousness and Media in Contemporary American Literature
Papers (18):
  • ISHIWARI Takayoshi. Revealing Light: Cinematic Realism in Thomas Pynchon's Vineland. Machikaneyama Ronso: Cultural Dynamics. 2019. 53. 1-19
  • ISHIWARI Takayoshi. Cinematic Mimesis: The Representation of Reality in Gravity's Rainbow. Memoirs of the Graduate School of Letters Osaka University. 2019. 59. 201-219
  • 石割隆喜. 小説の非人間化--ポストモダニズムとポストヒューマン. 言葉のしんそう(深層・真相)--大庭幸男教授退職記念論文集. 2015. 137-147
  • Ishiwari, Takayoshi. Rainbow's Light: Or, "Illuminations" in Thomas Pynchon's Gravity's Rainbow. The Japanese Journal of American Studies. 2013. 24. 185-201
  • 石割隆喜. ポスト・ノヴェルと「人間」--ピンチョンの諸問題. 英米文学の可能性--玉井暲教授退職記念論文集. 2010. 759-770
more...
MISC (11):
  • 石割隆喜. 光は暴く--Vineland における映画的リアリズム. 日本英文学会第90回大会 Proceedings. 2018. 23-24
  • 石割隆喜. 映画的ミメーシス--Gravity's Rainbow における現実の表象. 日本英文学会第89回大会 Proceedings. 2017. 268-269
  • 石割隆喜. 三浦玲一『村上春樹とポストモダン・ジャパン--グローバル化の文化と文学』. 英文学研究. 2016. 93. 179-184
  • 石割隆喜. 武田悠一『読みの抗争--現代批評のレトリック』. 英文学研究. 2013. 90. 101-105
  • 石割隆喜. 小説の非人間化--あるいはポストヒューマン的読書. 日本英文学会第83回大会Proceedings. 2011. 126-128
more...
Books (3):
  • 現代作家ガイド7 トマス・ピンチョン
    彩流社 2014 ISBN:9784779120039
  • 西洋文学--理解と鑑賞
    大阪大学出版会 2011 ISBN:9784872593884
  • Postmodern Metamorphosis: Capitalism and the Subject in Contemporary American Fiction
    Eihosha 2001 ISBN:4269720018
Lectures and oral presentations  (12):
  • 映画から草稿へ--意識の流れとデカルト劇場
    (大阪大学21世紀懐徳堂 i-spot 講座 2018)
  • 光は暴く--Vineland における映画的リアリズム
    (日本英文学会第90回大会 2018)
  • 映画的ミメーシス--Gravity's Rainbow における現実の表象
    (日本英文学会関西支部第11回大会 2016)
  • 小説の非人間化--あるいはポストヒューマン的読書
    (日本英文学会第83回大会 2011)
  • シュールリアリスティックな資本主義--Gravity's Rainbow における幽霊的 V2
    (日本英文学会関西支部第2回大会 2007)
more...
Education (3):
  • 1996 - 1999 Osaka University
  • 1994 - 1996 Osaka University
  • 1989 - 1994 Osaka University of Foreign Studies
Professional career (1):
  • Doctor(Literature) (Osaka University)
Work history (6):
  • 2019/04 - 現在 Osaka University
  • 2007/10 - 2019/03 Osaka University
  • 2007/04 - 2007/09 大阪外国語大学 外国語学部 地域文化学科 北米地域文化専攻 准教授
  • 2003/01 - 2007/03 大阪外国語大学 外国語学部 地域文化学科 北米地域文化専攻 助教授
  • 2001/01 - 2002/12 大阪外国語大学 外国語学部 地域文化学科 北米地域文化専攻 講師
Show all
Committee career (7):
  • 2019/04 - 現在 日本アメリカ文学会関西支部 本部大会運営委員
  • 2011/04 - 現在 日本アメリカ文学会関西支部 評議員
  • 2011/04 - 2013/03 日本英文学会関西支部 編集委員
  • 2010/04 - 2011/03 日本英文学会関西支部 大会準備委員
  • 2006/04 - 2009/03 日本アメリカ文学会 会計幹事
Show all
Awards (1):
  • 1999 - 日本英文学会第22回新人賞 ("Anti-Oedipa: Masochism, Self-Portrait, and The Crying of Lot 49"『英文学研究』76 (2) 125-140)
Association Membership(s) (4):
Modern Language Association ,  The English Literary Society of Japan ,  The American Literature Society of Japan ,  The Kansai American Literature Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page