Rchr
J-GLOBAL ID:200901040507925626   Update date: May. 07, 2021

IMANAKA Maiko

イマナカ マイコ | IMANAKA Maiko
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (1): Foreign language education
Research keywords  (4): 言語教育学 ,  ワークショップ ,  協同学習 ,  フランス語教育
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2021 - 2022 ミュージアムにおけるフランス語教育活動の研究
  • 2020 - 2021 ヴィジュアルリテラシーとナラティヴに着目したミュージアムの言語教育活動の研究
  • 2018 - 2019 サービスラーニングのコミュニティデザインに着目した実践知フレームワークの開発
  • 2017 - 2019 協同する教育の実践的研究-高等教育におけるアクティブラーニングをめぐる諸課題に着目して
  • 2017 - 2018 外国語教育を目的としたメディアコンテンツ制作の方法論の歴史的変遷
Show all
Papers (36):
  • 山田嘉徳, 今中舞衣子, 中山英治, 藤岡克則, 藤岡芳郎, 中原翔, 山田耕嗣, 榎真一. アクティブラーニングを対象とする授業づくり支援に向けた一考察:相互研修型FD理念を手がかりとして. 大阪産業大学論集. 2021. 41. 19-35
  • 教員の語りにみるサービスラーニング・プロジェクトのデザイン原則. 大阪産業大学論集 人文・社会科学編. 2020. 40. 53-71
  • フランス語の授業デザイン. 日本フランス語フランス文学会東北支部会報 Nord-Est. 2020. 13. 9-10
  • 「ことばの教師」に聴く:コミュニティにおける変容,継続性と価値の継承. キリスト教文化研究所研究年報、宮城学院女子大学キリスト教文化研究所. 2020. 53. 93-102
  • Faire le lien entre l’enseignement des langues et l’éducation à destination des première année à l’université. L'ENSEIGNEMENT DU FRANCAIS EN ASIE-PACIFIQUE: TRADITIONS ET TENDANCES (WEB公開:http://auf.num.edu.mn/colloqueMongolie2019/). 2020
more...
MISC (7):
  • 書評 溝上慎一、『アクティブラーニングと教授学習パラダイムの転換』. Revue japonaise de didactique du français. 2015. 10. 1-2. 168-171
  • コラム 生きることを支え続けるものは. 増補改訂 研究計画書デザイン 細川英雄. 2015
  • 書評 西口光一、『第二言語教育におけるバフチン的視点-第二言語教育学の基盤として』. Revue japonaise de didactique du français. 2014. 9(1). 178-180
  • Introduction/趣旨説明「フランス語をめぐる学びのコミュニティづくり」. RENCONTRES. 2012. 26. 68-69
  • 書評 石黒広昭・亀田達也(編)、『文化と実践--心の本質的社会性を問う』. Revue japonaise de didactique du francais. 2011. 6. 2. 190-191
more...
Books (6):
  • Soyons actifs ! 2
    2020 ISBN:456006136X
  • Soyons actifs ! 1
    2020 ISBN:4560061351
  • アクティヴ!
    白水社 2018 ISBN:4560061297
  • キクタンフランス語【初中級編】仏検3級レベル
    アルク 2013 ISBN:4757422938
  • キクタン フランス語【初級編】仏検4級レベル
    アルク 2012 ISBN:4757422180
more...
Lectures and oral presentations  (52):
  • フランス語の授業デザイン
    (日本フランス語フランス文学会東北支部大会シンポジウム「フランス語教育の今、これから」東北大学 2019)
  • Faire le lien entre l’enseignement des langues et l’éducation à destination des première année à l’université
    (Colloque international conjoint « L’enseignement du français en Asie-Pacifique : traditions et tendances » Universitè nationale de Mongolie 2019)
  • 学生の声に聴く:学生間の対話と深い思考を促す講義型授業の探究
    (第1回 声のつながり研究会(声の主体による文化・社会構築研究会)ギャラリーチフリグリ 2019)
  • 主体的で協同的な学習活動を促す初修フランス語教科書のデザイン
    (日本フランス語教育学会シンポジウム「学習支援者(médiateur)としてのフランス語教師の役割」大東文化大学 2019)
  • 「ことばの教師」に聴く-コミュニティにおける変容、継続性と価値の継承
    (宮城学院女子大学シンポジウム「声を聴く、声をしるす-21世紀教養教育考」 2019)
more...
Education (4):
  • 2006 - 2011 Osaka City University
  • 2006 - 2008 モンス・エノー大学 言語教育学専攻 修了
  • 2004 - 2006 Osaka City University
  • 1999 - 2004 Osaka City University
Professional career (1):
  • DEA didactique des langues (-)
Work history (8):
  • 2017/04 - 現在 Osaka Sangyo University Faculty of International Studies
  • 2016/04 - 2017/03 Osaka Sangyo University College of General Education
  • 2013/04 - 2016/03 Osaka Sangyo University College of General Education
  • 2012/04 - 2013/03 Kyoto University of Education
  • 2011/04 - 2013/03 Osaka City University
Show all
Committee career (4):
  • 2014/07 - 現在 ベルギー研究会 シンポジウム実行委員
  • 2009/10 - 現在 関西フランス語教育研究会 運営委員(2010-2011事務局長、2014-2015事務局長)
  • 2015/06 - 2021/05 日本フランス語教育学会 理事(2017-2018幹事長、2018-2019総務)
  • 2016/10 - 2017/09 国際フランス語教授連合(FIPF) アジア太平洋大会(CAP KYOTO 2017) 文化活動委員長
Awards (2):
  • 2017/06 - 日本フランス語教育学会 SJDF奨励賞・発表部門 「NHK フランス語教育番組における出演者の役割の歴史的変遷」
  • 2012/04 - 大阪府立大学高等教育推進機構 機構長教育奨励賞
Association Membership(s) (7):
言語文化教育研究学会 ,  JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY ,  大阪市立大学フランス文学会 ,  ベルギー研究会 ,  関西フランス語教育研究会 ,  活動理論学会 ,  日本フランス語教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page