Rchr
J-GLOBAL ID:200901041006083648   Update date: May. 05, 2021

NAKAYAMA Tomohiro

ナカヤマ トモヒロ | NAKAYAMA Tomohiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (6):
  • Nihon University  School of Medicine Department of Medicine -   Others
  • Nihon University  School of Medicine Department of Medicine -   Others
  • Nihon University  School of Medicine Department of Medicine -   麻布大学生命・環境科学部 非常勤講師
  • Nihon University  School of Medicine Department of Medicine -   日本医科大学付属病院遺伝診療科 嘱託医
  • Nihon University  School of Medicine Department of Medicine -   Professor
Show all
Research field  (4): Metabolism and endocrinology ,  Cardiology ,  Other ,  Medical biochemistry
Research keywords  (9): Genetic testing ,  genomic medicine ,  myocardial infarction ,  cerebral infarction ,  hypertension ,  遺伝学的検査 ,  Genetic testing ,  Lanoratory Medicine ,  Susceptibility gene
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2018 - 2021 難病領域における検体検査の精度管理体制の整備に資する研究(30080401)
  • 2018 - 2020 難病領域における検体検査の精度管理体制の整備に資する研究(30080401)
  • 2017 - 2020 A.ゲノム創薬研究の推進に係る課題解決に関する研究A-➀:検査品質・精度確保課題バイオバンク及びゲノム医療に係る検査の品質・精度の国際的基準構築と実施、及びバイオバンクの連携体制構築に関する研究研究施設における遺伝学的検査結果およびその解釈における品質・精度の確保についての研究
  • 2017 - 2020 A.ゲノム創薬研究の推進に係る課題解決に関する研究,A-➀:検査品質・精度確保課題,バイオバンク及びゲノム医療に係る検査の品質・精度の国際的基準構築と実施、及びバイオバンクの連携体制構築に関する研究,研究施設における遺伝学的検査結果およびその解釈における品質・精度の確保についての研究
  • 2017 - 2019 A.ゲノム創薬研究の推進に係る課題解決に関する研究A-➀:検査品質・精度確保課題バイオバンク及びゲノム医療に係る検査の品質・精度の国際的基準構築と実施、及びバイオバンクの連携体制構築に関する研究研究施設における遺伝学的検査結果およびその解釈における品質・精度の確保についての研究
Show all
Papers (325):
  • Kono A, Shinya K, Nakayama T, Shikata E, Yamamoto T, Kawana K. Haplotype-based, Case-Control Study of Myosin Phosphatase Target Subunit 1 (PPP1R12A) Gene and Hypertensive Disorders of Pregnancy. Hypertension in Pregnancy 2020 in press. 2021
  • Yoshikawa M, Asaba K, Nakayama T. The APLNR gene polymorphism rs7119375 is associated with an increased risk of development of essential hypertension in the Chinese population. Medicine (Baltimore). 2020 Dec 11;99(50):e22418. doi: . PMID: 33327224 Free PMC article. 2020. 99. 50. e22418
  • Naruse H, Umemura H, Nakayama T. Identification of a novel heterozygous deletion/frameshift mutation in the multiple endocrine neoplasia type 1-associated gene MEN1. Molecular Medicine Reports 2020 Dec;22(6):5423-5427. doi: 10.3892/mmr.2020.11596. Epub 2020 Oct 14. PMID: 33173995. 2020. 22. 6. 5423-5427
  • Ochiai Y, Sumi K, Sano E, Yoshimura S, Yamamuro S, Ogino A, Ueda T, Suzuki Y, Nakayama T, Hara H, et al. Antitumor effects of ribavirin in combination with TMZ and IFN-β in malignant glioma cells. Oncol Lett. 2020 Nov;20(5):178. doi: 10.3892/ol.2020.12039. Epub 2020 Aug 31. 2020. 20. 178. 1-7
  • Tsuchida S, Umemura H*, Nakayama T. Current Status of Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization-Time-of-Flight Mass Spectrometry (MALDI-TOF MS) in Clinical Diagnostic Microbiology. Molecules 2020 Oct 17;25(20):4775. doi: 10.3390/molecules25204775. 2020. 25. 20. 4775
more...
MISC (43):
  • Hanashima Y, Sano E, Sumi K, Ozawa Y, Yagi C, Tatsuoka J, Yoshimura S, Yamamuro S, Ueda T, Nakayama T, et al. Antitumor effect of lenalidomide in malignant glioma cell lines. Oncology Reports. 2020. 43. 1580-1590
  • Fujioka K, Fujioka A, Tajima S, Oishi M, Hayashi K, Eto H, Nakayama T. Characteristic Power Doppler Sonographic Imaging of Nodular Fasciitis from a Dermatological Perspective: Another Case and Review of Three Cases. Journal of Clinical Case Reports. 2018. 8. 9. 1165
  • Fujioka K, Oishi M, Fujioka A, Nakayama T. Presentations of clinical, ultrasonographic and pathological features of nodular fasciitis from an established cytogenetic viewpoint: review of the case series. Biomedical Journals. 2018
  • Sunagawa K, Yagoshi M, Suzuki A, Seki T, Nakamura S, Miyazaki Y, Nakayama T, Hashimoto S, Sugitani M. Cytological and molecular detection of Scedosporium apiospermum in a patient treated for a Mycobacterium avium complex infection. LETTER TO THE EDITOR. Diagnostic Cytopathology. 2018. 1-3
  • Fujioka K, Oishi M, Fujioka A, Nakayama T. Increased nitroglycerin-mediated vasodilation in migraineurs without aura in the interictal period. Journal of Medical Ultrasonics. 2018. 45. 4. 605-610
more...
Patents (7):
  • 網膜色素線条の原因変異を判定するための方法およびこれに使用されるオリゴヌクレオチド
  • 脳梗塞の判定方法
  • 本態性高血圧症の判定方法
  • 循環器疾患の遺伝的要因を判定するための方法及びこれに使用されるオリゴヌクレオチド
  • 心筋梗塞の遺伝的要因を判定するための方法及びこれに使用されるオリゴヌクレオチド
more...
Books (40):
  • 「最新臨床検査学講座」シリーズ。遺伝子・染色体検査学第2版
    医歯薬出版株式会社。 2021
  • 周産期遺伝カウンセリングマニュアル 改訂第3版 COLUMN 臨床医のためのゲノム情報web検索法
    株式会社中外医学社 2020
  • 周産期遺伝カウンセリングマニュアル 改訂第3版COLUMN 臨床医のためのゲノム情報web検索法
    株式会社中外医学社 2020
  • ハマー&マクフィー 疾患の病態生理: 臨床医学入門 原書7版 (Lange Textbookシリーズ)
    株式会社 丸善出版社 2019
  • 遺伝子関連検査、臨床検査のガイドライン JSLM2018
    株式会社 宇宙堂八木書店 2018
more...
Lectures and oral presentations  (664):
  • がんゲノム医療における臨床検査に携わる医師の役割
    (第67回日本臨床検査医学会学術集会(アイーナ・盛岡市) 、現地とWeb配信の両方あり、2020.11.19-11.22(Web Oral 11.19-11.22) 2020)
  • 委員会企画5(医療安全委員会共催)医療法改正後の情勢とこれからの臨床検査に必要なこと。臨床検査部以外での遺伝子関連検査の精度管理について
    (第67回日本臨床検査医学会学術集会(アイーナ・盛岡市) 、現地とWeb配信の両方あり、2020.11.19-11.22(Web Oral 11.19-11.22) 2020)
  • がんゲノム医療におけるチーム医療としての臨床遺伝医師の役割
    (日本人類遺伝学会第65回大会、Web開催、2020.11.18-12.1(Web Oral 11.18-12.1) 2020)
  • 教育セッション12 遺伝学的検査の精度管理と日本における現状
    (日本人類遺伝学会第65回大会、Web開催、2020.11.18-12.1(Web Oral 11.18-12.1) 2020)
  • がんゲノム医療における臨床検査医師の役割
    (がんゲノム医療における臨床検査医師の役割 2020)
more...
Education (2):
  • - 1994 Nihon University 内科学(]G0002[)
  • - 1988 Nihon University 医学
Work history (36):
  • 2019/10 - 現在 お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 非常勤講師
  • 2019 - 現在 日本大学医学部附属板橋病院 がんゲノム医療連携委員会 委員長
  • 2018/10 - 現在 日本大学医学部附属板橋病院 感染予防対策室 室長
  • 2018/10 - 現在 日本大学医学部附属板橋病院 感染防止対策委員会 委員長
  • 2018/04 - 現在 日本大学歯学部 兼担教授(現在に至る)
Show all
Committee career (59):
  • 2020/01 - 現在 3学会合同ゲノム医療推進タスクフォース オブザーバー
  • 2019/04 - 現在 日本遺伝カウンセリング学会 将来構想委員会委員
  • 2019/04 - 現在 日本臨床検査自動化学会(2020年1月1日から日本医療検査科学会) 遺伝子・プロテオミクス技術委員会副委員長
  • 2018/10 - 現在 全国遺伝子医療部門連絡会議 理事
  • 2017/06 - 現在 日本臨床化学会関東支部 常任幹事
Show all
Awards (12):
  • 2017/03 - 日本大学多年勤続(15年)
  • 2014/12 - 日本遺伝子分析科学同学院 2014年 一級遺伝子分析科学認定士取得による表彰
  • 2008/05 - 第28回(平成20年度)日本内分泌学会研究奨励賞
  • 2007/03 - 東京都医師会医学研究賞
  • 2006/01 - 財団法人博慈会老人病研究所助成論文優秀論文賞
Show all
Association Membership(s) (35):
A11678 ,  American Society of Nephrology. ,  American Society of Human Genetics ,  European Society of Human Genetics ,  公益社団法人 日本化学療法学会 ,  一般社団法人 日本臨床化学会 ,  日本臨床検査同学院 ,  一般社団法人 日本臨床検査自動化学会 ,  一般社団法人 日本感染症学会 ,  日本臨床検査医学会 ,  公益社団法人 日本産科婦人科学会 ,  日本遺伝カウンセリング学会 ,  一般社団法人 日本人類遺伝学会 ,  日本成人病(生活習慣病)学会 ,  日本心血管内分泌代謝学会 ,  日本遺伝子診療学会 ,  特定非営利活動法人 日本分子生物学会 ,  特定非営利活動法人 日本高血圧学会 ,  一般社団法人 日本生理学会 ,  一般社団法人 日本腎臓学会 ,  一般社団法人 日本内科学会 ,  一般社団法人 日本内分泌学会 ,  一般社団法人 日本循環器学会 ,  一般社団法人 日本疫学会 ,  American Association for the Advancement of Science(AAAS) ,  American Heart Association ,  一般社団法人 日本動脈硬化学会 ,  日本病態生理学会 ,  日本神経学会関東地方会 ,  日本適応医学会 ,  日本老年医学会 ,  American Diabetes association ,  The Endocrine Society ,  International Society of Nephrology (ISN) ,  日本臨床生理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page