Rchr
J-GLOBAL ID:200901041113231650   Update date: Feb. 04, 2021

Murakami Koshi

ムラカミ コウシ | Murakami Koshi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.unryu2000.com
Research field  (1): Social psychology
Research keywords  (10): Social Problems ,  Disaster Report ,  Social psychology ,  Risk ,  lay theory ,  Perspective for Happiness ,  Subjective Happiness ,  ”Kotodama" ,  Gambling ,  Luck
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2015 - 2018 不確実事象の予測に関する研究:「フラグを立てる」現象から
  • 2011 - 2014 資源の限定観が主観的幸福感に及ぼす影響の検討
  • 2011 - 2014 疫病蔓延・大事故発生などの危機事態における災害報道と人々のリスク認知
Papers (9):
MISC (22):
  • 村上幸史, 植村善太郎, 釘原直樹. マスコミが対象とするスケープゴートの変遷(26)-COVID-19とSARSの比較から-. 日本心理学会大会発表論文集. 2020. 84th
  • 植村善太郎, 村上幸史, 釘原直樹. マスコミが対象とするスケープゴートの変遷(27)-日本におけるスペイン・インフルエンザ流行時の新聞報道の様態-. 日本心理学会大会発表論文集. 2020. 84th
  • 村上 幸史. 日常生活における運. 大阪保険医雑誌. 2018. 46. 12-15
  • 村上 幸史. The structure of "luck with men". 神戸山手大学紀要. 2014. 16. 139-148
  • 植村善太郎, 村上幸史, 阿形亜子, 釘原直樹. リスクイメージに基づいた災害・事故等の分類の試み 一般社会人データによる検討. 日本心理学会大会発表論文集. 2014. 78th
more...
Books (6):
  • 幸運と不運の心理学 : 運はどのように捉えられているのか?
    ちとせプレス 2020 ISBN:9784908736209
  • 質的心理学辞典
    新曜社 2018 ISBN:9784788516014
  • Scapegoating
    2014 ISBN:9784641174054
  • 幸福を目指す対人社会心理学 : 対人コミュニケーションと対人関係の科学 大坊 郁夫(編)
    ナカニシヤ出版 2012 ISBN:9784779504457
  • 社会心理学事典
    丸善 2009 ISBN:9784621081075
more...
Lectures and oral presentations  (2):
  • 「いつも誰かが非難されている」 ~スケープゴート現象とわれわれの社会
    (2012)
  • 「連続した」不確実事象に関する認知と行動 ~ギャンブラーの認識から
    (2008)
Education (3):
  • 1997 - 2004 Osaka University
  • 1995 - 1997 Osaka University
  • 1990 - 1995 Osaka University Department of Human Sciences
Professional career (1):
  • Ph. D.(Human sciences) (Osaka University)
Work history (2):
  • 2020/04 - 現在 Kansai University of International Studies
  • 2007/04 - 2020/03 Kobe Yamate University Faculty of the Study of Contemporary Society
Committee career (3):
  • 2018/04 - 現在 日本質的心理学会 論文査読委員
  • 2015/03 - 現在 日本心理学会 代議員
  • 2010/04 - 2013/03 日本質的心理学会 編集監事
Association Membership(s) (5):
日本応用心理学会 ,  日本質的心理学会 ,  日本スポーツ社会学会 ,  日本心理学会 ,  日本社会心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page