Rchr
J-GLOBAL ID:200901041167459311   Update date: Aug. 30, 2020

Mori Takefumi

モリ タケフミ | Mori Takefumi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (2): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f52961ee6116d3faaa96b9ba79a89834.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f52961ee6116d3faaa96b9ba79a89834.html
Research field  (4): Metabolism and endocrinology ,  Clinical pharmacy ,  Physiology ,  Nephrology
Research keywords  (2): 酸化ストレス ,  Oxidative stress
MISC (104):
Lectures and oral presentations  (248):
  • 慢性腎臓病におけるカルボニルストレスの役割とレニン・アンジンテンシン系の関与
    (第14回アンジオテンシンカンファレンス 2009)
  • Role of Methylglyoxal in the Pathogenesis of Metabolic Syndrome and Chronic Kidney Disease
    (第12回東北腎・高血圧研究会 2009)
  • Specific T-type Calcium Channel Blocker R(-) Efonidipine increases renal medullary circulation by inhibition of oxidative stress in rats.
    (第73回日本循環器学術総会 2009)
  • TranilastおよびInsulinが糖尿病Dahl食塩感受性高血圧ラットの腎障害・腎内脂質に及ぼす影響
    (第21回腎と脂質研究会 2009)
  • 若年者における肥満と慢性腎臓病関連生体情報の開発、第21回腎と脂質研究会
    (第21回腎と脂質研究会 2009)
more...
Works (6):
  • インスリン抵抗性に伴う高インスリン血症による高血圧発症と腎障害メカニズムの解明
    2007 -
  • インスリン抵抗性に伴う高インスリン血症による高血圧発症と腎障害メカニズムの解明
    2007 -
  • 脂質代謝と酸化ストレスを介した慢性腎不全の病態解明と新しい治療戦略の開発
    2006 -
  • 脂質代謝と酸化ストレスを介した慢性腎不全の病態解明と新しい治療戦略の開発
    2006 -
  • 過酸化水素を介した酸化ストレスによる腎髄質血流調節機序
    2004 -
more...
Awards (4):
  • 2009 - 2009年日本抗加齢医学会研究奨励賞
  • 2009 - 2009年日本抗加齢医学会研究奨励賞
  • 2006 - International Symposium of The Kidney and Hypertension, Young Investigator Award
  • 2006 - International Symposium of The Kidney and Hypertension, Young Investigator Award
Association Membership(s) (21):
日本高血圧学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本神経内分泌学会 ,  日本抗加齢医学会 ,  国際腎臓学会 ,  日本心血管内分泌代謝学会 ,  日本内科学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本内分泌学会 ,  アメリカ心臓学会高血圧カウンシル ,  日本高血圧学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本神経内分泌学会 ,  日本抗加齢医学会 ,  国際腎臓学会 ,  Japanese Society of Cardiovascular Endocrinology and Metabolism ,  Japanese Society of Internal Medicine ,  Japanese Society of Nephrology ,  Janpan Endocrine Society ,  Council of High Blood Pressure Research ,  American Heart Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page