Rchr
J-GLOBAL ID:200901041389215089   Update date: Feb. 27, 2021

Shingu Kiyoshi

シングウ キヨシ | Shingu Kiyoshi
Affiliation and department:
Job title: Honorable Professor
Other affiliations (4):
Homepage URL  (2): http://www.shingu-lab.jp/http://www.shingu-lab.jp/
Research field  (8): Computational science ,  Soft computing ,  High-performance computing ,  Building structures and materials ,  Sensitivity (kansei) informatics ,  Marine and maritime engineering ,  Intelligent informatics ,  Building structures and materials
Research keywords  (41): patent ,  耐震・防火・計画・法制度の各面からの安全性能確保 ,  大規模木造宿泊施設 ,  歴史的・文化的価値 ,  海震 ,  洋上接合治具 ,  形状記憶合金 ,  ロボット ,  artificial intelligence ,  近代建築 ,  茶室 ,  複雑系 ,  修正ボックスカウント法 ,  最適化 ,  フラクタル ,  遺伝的アルゴリズム (GA) ,  ニューロナル振動制御 ,  ファジィ振動制御 ,  eggs ,  shells ,  シェル・空間構造 (シェル・空間構造物) ,  Shell Structure ,  Neural Network ,  Damping Ratio ,  evaluation ,  beauty ,  architecture ,  Vibration Control ,  Fuzzy ,  Shell ,  Base Isolated Shell Structure ,  Response ,  Earthquake ,  Damping Mechanism ,  減衰定数 ,  Shell and Spatial Structures ,  Soft Computing ,  Damping ,  Soft-Settled-Type Offshore Structure ,  Intelligent Vibration Control ,  Shell Structure
Research theme for competitive and other funds  (93):
  • 2017 - 2019 歴史的・文化的な価値を有する大規模な木造宿泊施設に関して「耐震・防火・計画・法制度の各面から安全性能を如何に確保するか」の分野横断的調査研究
  • 2015 - 2017 歴史的価値を持つ大規模な木造宿泊施設を対象に、耐震的・防火的安全性を確保するための方策を、技術的・法的側面から分野横断的に検討する調査研究
  • 2013 - 2014 Study on Vibration Damping Characteristics and Vibration Supression of Large Scale Spatial Structures
  • 2012 - 2013 プロジェクト2 構造物被害と地盤災害「地震動および津波による構造物・建築物の被害」
  • 2012 - 2013 Study on Damping Characteristics and Vibration Supression of Large Scale Spatial Structures
Show all
Papers (231):
  • Yusei Shiozaki, Toshihiro Irie, Nobuaki Kobayashi, Kiyoshi Shingu. Study on a Dataset for Detecting Persons with Infrared Camera Supposing to rescue in Mountainous Area. 日本建築学会 第43回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集. 2020. 43. 496-501
  • K.Shingu, M.Yukawa, K.Hiratsuka, N.Kondo, T.Irie. THE STATUS QUO OF DAMPING EVALUATION OF SHELL AND SPATIAL STRUCTURES IN JAPAN. 17th World Conference on Earthquake Engineering, 17WCEE. 2020. Paper No.:2c-0066. 1-9
  • N. Satake, N. Ougiya, S. Ito, Y. Hirata, S. Song, K. Shingu, S. Shimaoka. Outline of Database and Regression Analyses on Vibration Damping Data of Full-Scale Buildings and Architecture. 17th World Conference on Earthquake Engineering, 17WCEE. 2020. Paper No.:2i-0187. 1-12
  • Kiyoshi Shingu. 災害に強いシェル構造の魅力. H & E Letter Vol.77. 2020. 77. 1-2
  • Kiyoshi Shingu. 「支援建築会議・全国建築系大学教育連絡協議会・特別調査委員会・特別研究委員会」2018年度活動報告、歴史的価値を有する大規模木造宿泊施設の安全性能確保特別調査委員会. 建築雑誌(日本建築学会 機関誌). 2019. 134. 1728. 59-60
more...
MISC (14):
  • Kiyoshi Shingu. 著書紹介『日本再発見紀行(第二集)-平成の名残を伝えるこころの旅路-』. 駿博会報. 2020. 89. 89. 6-6
  • Kiyoshi Shingu. Special Paper "Japan Structural Consultants Association and I". Structure. 2020. No.153. 10-11
  • Kiyoshi Shingu. 研究生活50年を振り返って. 海建 カイケン マガジン 学科創設40周年記念号. 2018. 学科創設40周年記念号. 7-7
  • Kiyoshi SHINGU. 名誉会員追悼 名誉会員・西村敏雄先生の逝去を悼む. Journal of Architecture and Building Science. 2016. 131. 1681. 78-78
  • 新宮清志. シェル構造の魅力と茶室空間の美. 日本大学教職員組合 OB会 会報 みずすまし. 2015. 56. 1-4
more...
Patents (1):
  • At-sea joining jig
Books (40):
  • Damping and Vibration of Buildings
    Maruzen 2020
  • 日本再発見紀行(第二集)
    文芸社 2019 ISBN:9784286197906
  • 特別研究・57 歴史的価値を持つ大規模な木造宿泊施設の耐震的・防火的安全性を確保するための技術的・法的側面からの調査研究(日本建築学会編)
    日本建築学会 2017
  • 特別研究・57 歴史的価値を持つ大規模な木造宿泊施設の耐震的・防火的安全性を確保するための技術的・法的側面からの調査研究
    日本建築学会 2017
  • 特別研究57 歴史的価値を持つ大規模な木造宿泊施設の耐震的・防火的安全性を確保するための技術的・法的側面からの調査研究
    日本建築学会 2017
more...
Lectures and oral presentations  (734):
  • 人工知能およびソフトコンピューティングとその近傍領域(オーガナイザー)
    (第26回計算工学講演会 2021)
  • 災害に強いシェル構造の魅力
    (住まいと環境 東北フォーラム勉強会 2020)
  • Study on Vibration Damping of Shell and Spatial Structures- Reflection to the New Book -
    (日本建築学会大会(関東) 2020)
  • Experiment and Analysis of a Deep Learning Model for Self-Driving CarsUsing Real-Time Image Recognition
    (第25回計算工学講演会 2020)
  • 人工知能およびソフトコンピューティングとその近傍領域(オーガナイザー)
    (第25回計算工学講演会 2020)
more...
Works (10):
  • 日本大学第一高等学校 校舎設計(地震応答解析担当)
    Kiyoshi Shingu 1980 - 1980
  • 千葉県武道館(4枚組合せH.P.シェル)設計(応力・変形解析担当)、1981年3月竣工
    Toshio NIshimura, Katsuhiko Kamizono, Kiyoshi Shingu 1980 - 1980
  • 日本大学文理学部研究棟 設計(地震応答解析担当)
    1978 - 1978
  • 日本大学会館(日本大学本部) 設計 (地震応答解析担当)
    1978 - 1978
  • 日本大学会館(日本大学本部)設計 (地震応答解析担当)
    1978 - 1978
more...
Education (5):
  • 1970 - 1974 Nihon University Department of Architecture
  • 1970 - 1974 Nihon University Department of Architecture
  • 1968 - 1970 Nihon University Construction Engineering
  • 1968 - 1970 Nihon University Construction Engineering
  • 1964 - 1968 Nihon University Architecture
Professional career (4):
  • Master of Eng. (Nihon University)
  • 工学修士 (日本大学)
  • 工学博士 (日本大学)
  • Dr. Eng. (Nihon University)
Work history (88):
  • 2021/01/01 - The Japan Society of Mechanical Engineers Senior Member
  • 2020/11/20 - 日本大学 大学院理工学研究科 学位申請論文(論文博士)審査委員会 委員
  • 2020/11/20 - 日本大学 大学院理工学研究科 学位申請論文(論文博士)の審査委員会 委員
  • 2013/04/01 - 2020/09/15 日本大学 理工学部 (大学院理工学研究科) 非常勤講師
  • 2013/04/01 - 2020/09/15 日本大学 理工学部(大学院理工学研究科) 非常勤講師
Show all
Committee career (150):
  • 2020/11/20 - 日本大学 大学院理工学研究科 学位申請論文(論文博士)審査委員会 委員
  • 2020/11/20 - 日本大学 大学院理工学研究科 学位申請論文(論文博士)の審査委員会 委員
  • 2019/06/18 - 日本建築構造技術者協会(略称:JSCA) 監事
  • 2019/04/01 - 日本建築学会 建築IoTモニタリング小委員会 委員
  • 2019/04/01 - 日本工学会 科学技術人材育成コンソーシアム 委員(日本建築学会選出)
Show all
Awards (14):
  • 2021/01/01 - 日本機械学会 日本機械学会 永年会員(称号) 称号授与
  • 2019/11/21 - College of Science and Technology, Nihon University 日本大学理工学部 令和元年度学会・協会賞 表彰状
  • 2018/05/30 - Architectural Institute of Japan 日本建築学会 名誉会員(称号) 称号授与
  • 2015/11/26 - College of Science and Technology, Nihon University 日本大学理工学部 平成27年度学会・協会賞 表彰状
  • 2015/07/28 - Japan Association for Computational Mechanics (JACM) 2015 JACM FELLOWS AWARD
Show all
Association Membership(s) (35):
日本工学会(2009/11/13~、フェロー(称号)) ,  日本ファジィ学会(1989/11~正会員、2015/4/1~名誉会員。2003/4/1「日本知能情報ファジィ学会」に名称変更) ,  日本建築学会(1965/6/11~準会員、1968/4/1~正会員、2015/6/22~終身正会員、2018/5/30~名誉会員(称号)) ,  日本ファジィ学会(2003/4/1、「日本知能情報ファジィ学会」に名称変更) ,  Membrane Structures Association of Japan ,  日本ファジィ学会(「日本知能情報ファジィ学会」に名称変更、2003/4/1~) ,  Japan Society for Aeronautical and Space Science ,  Society for Natural Philosophy ,  日本シミュレーション学会 ,  日本原子力研究所 ,  バイオメディカル・ファジィ・システム学会 ,  日本学術会議 ,  Japan Institute for National Fundamentals ,  The Japan Institute of International Affairs (JIIA) ,  いづも財団 ,  日本船舶海洋工学会 ,  International Association for Shell and Spatial Structures ,  International Association for Bridge and Structural Engineering(IABSE) ,  画像電子学会 ,  DIRECT FORCE ,  JAPAN CONCRETE INSTITUTE (JCI) ,  日本工学会 ,  早稲田大学数学教育学会 ,  JACM (Japan Association for Computational Mechanics) ,  日本地震工学会 ,  Japan Society for Computational Engineering and Science ,  日本鋼構造協会 ,  日本免震構造協会 ,  JSCA ,  日本ファジィ学会(2003/4-:日本知能情報ファジィ学会に名称変更) ,  Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics ,  Japan Society of Mechanical Engineers ,  Japan Society of Civil Engineers ,  東京建築士会 ,  日本建築学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page