Rchr
J-GLOBAL ID:200901041986259305   Update date: Oct. 27, 2020

Watanuki Tetsuro

ワタヌキ テツロウ | Watanuki Tetsuro
Affiliation and department:
Job title: 兼任講師
Other affiliations (5):
Homepage URL  (1): https://mianguan0424.wixsite.com/manju1635
Research field  (3): History - Asia/Africa ,  Human interfaces and interactions ,  Database science
Research keywords  (10): 档案 ,  デジタルアーカイブ ,  清朝 ,  満族 ,  八旗 ,  旗人 ,  満洲語 ,  満漢関係 ,  八旗世襲譜档案 ,  八旗漢軍
Papers (15):
  • 綿貫哲郎. 正白旗漢軍一等延恩侯朱氏的封爵(漢語). 『満学論叢』. 2017. (7). 54-68頁
  • 綿貫哲郎. 再論祖大寿与“祖家将”(漢語). 『吉林師範大学学報(人文社会科学報)』. 2017. 2017年. 第6期. 26-40頁
  • 綿貫哲郎. 従“帰附漢人”転到“漢軍旗人”-以“盛京出生者”為中心(漢語). 劉小萌[主編]『国際青年学者満学研究論集(2015)』中国社会科学出版社. 2017. 280-302頁
  • 綿貫哲郎. 従“帰附漢人”転到“漢軍旗人”-以“盛京出生”者為中心(漢語). 『清史研究』. 2015. 2015年. 第4期. 80-91頁
  • 綿貫哲郎. 清朝八旗漢軍の研究. 日本大学. 2015
more...
Books (3):
  • 遠隔でつくる人文社会学知-2020年度前期の授業実践報告-
    2020 ISBN:9784600005191
  • 『デジタルアーカイブの活用と諸問題-日本大学文理学部の取り組み』
    トランスアート 2006
  • 『デジタルアーカイブの構築-日本大学文理学部の取り組み-』
    トランスアート 2005
Lectures and oral presentations  (24):
  • 降清後的孫可望及其家族
    (第2回国際満学学術研討会 2019)
  • 再論祖大寿与“祖家将”
    (国際満学学術研討会 2017)
  • From “Han Chinese who surrendered to the Qing Dynasty” to “Han Chinese bannermen”- centered on those “born in Mukden” -
    (twatanuki 2015)
  • 祖大寿一族と「祖家将」をめぐって-明朝武将から漢軍旗人へ-
    (満族史研究会第29回大会 2014)
  • 安南黎氏与北京安南営
    (紀念王鍾翰先生百年誕辰曁清史、民族史国際学術研討会 2013)
more...
Education (4):
  • 2001 - 2004 日本大学大学院 東洋史学専攻
  • 2002 - 2002 中国社会科学院
  • 1999 - 2001 日本大学大学院 史学専攻
  • 1994 - 1999 Nihon University
Professional career (1):
  • 博士(文学) (日本大学)
Work history (15):
  • 2018/04 - 現在 Soka University Division of Correspondence Education
  • 2018/04 - 現在 Aoyama Gakuin University
  • 2018/04 - 現在 Soka University Faculty of Letters
  • 2017/10 - 現在 North Asia University Faculty of Economics
  • 2015/04 - 現在 Bunkyo University Faculty of Human Sciences
Show all
Committee career (3):
  • 2019/05 - 現在 中国史史料研究会 副会長
  • 2004/04 - 現在 満文講読会 幹事
  • 2011/11 - 2016/11 歴史学会 理事
Association Membership(s) (4):
満族史研究会 ,  満文講読会 ,  歴史学会 ,  中国史史料研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page