Rchr
J-GLOBAL ID:200901042073744027   Update date: Aug. 26, 2020

Yonekura Shuji

ヨネクラ シュウジ | Yonekura Shuji
Affiliation and department:
Research field  (1): Hematology and oncology
Research keywords  (6): 造血器腫瘍に対する化学療法 ,  造血幹細胞移植 ,  骨髄線維化の発症機序 ,  Chemotherapy for hematological malignancies ,  Blood and stem cell transplantation ,  Mechanism of Myelofibrosis
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 画像情報システムによる物的・人的資源、時間の有効な後利用
  • 病院情報システムによる医療の効率化と適正化
  • 血液細胞のアポトーシス抑制
  • 臍帯血幹細胞のin vitro増幅に関する研究
  • TPO(トロンボポエチン)、各種サイトカインと白血病細胞の相互作用に関する研究
Show all
MISC (80):
  • 米倉 修司、プラクティカル看護セミナー、これだけは知っておきたい血液検査. プラクティカル看護セミナー、全共連ビル(東京、永田町)、医学教育研究所、総合医学社. 2003
  • 米倉 修司、血液・造血器疾患の治療と看護 3. 血液疾患の症候とみかた 4. 診察・検査と看護(共著). ナースのための『治療と看護』編集 堀田知光、横田弘子、(共著). 2002. 17-34, 35-48
  • 木村 哲、石橋 大海、米倉 修司、III. 一般内科医に必要な症状や疾患の重症度分類とその基準ー8. 血液(共著). 標準的内科診療録ー電子化にどう対応するか(共著)、社団法人 日本内科学会(認定内科専門医会編). 2002. 212-217
  • 同胞間骨髄移植後に二次性好酸球増多を示した好酸球増多症候群. 臨床血液. 2001. 42(6), 496-501
  • 急性骨髄性白血病細胞の増殖と分化へ及ぼすTPOの影響. 日本血液学会 日本血液学会. 1998. 67. supple. 190
more...
Books (18):
  • ーより良いインフォームド・コンセント(IC)のためにー
    社団法人日本内科学会、杏林舎 2003
  • 看護に役立つ検査値の読み方・考え方
    (株)総合医学社 2003
  • 今月の治療 特集ー白血病・リンパ腫の治療ー薬物療法と最近のトピックス
    総合医学社 2003
  • 血液・造血器疾患の治療と看護
    南江堂 2002
  • 標準的内科診療録ー電子化にどう対応するかー
    社団法人日本内科学会(杏林舎) 2002
more...
Education (4):
  • - 1986 Tokai University
  • - 1986 Tokai University
  • - 1981 Tokai University Faculty of Medicine
  • - 1981 Tokai University
Professional career (1):
  • PhD (Tokai University)
Committee career (15):
  • 1996 - 日本内科学会、認定内科専門医会 評議員,専門医役員、幹事、理事
  • 1995 - アメリカ臨床癌学会(ASCO) 正会員
  • 1995 - アメリカ骨髄移植学会 正会員
  • 1995 - アメリカ内科学会 評議員、専門医(日本支部理事、選挙管理委員会委員長、支部副委員長)
  • 1994 - 日本感染症学会 専門医、認定医
Show all
Association Membership(s) (15):
アメリカ臨床癌学会(ASCO) ,  認定内科専門医会 ,  国際血液治療及び移植工学学会(ISHAGE) ,  アメリカ骨髄移植学会 ,  国際血液学会 ,  アメリカ内科学会 ,  日本臨床免疫学会 ,  アメリカ血液学会 ,  国際無菌生物学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本感染症学会 ,  日本血液学会 ,  日本癌学会 ,  日本内科学会 ,  日本臨床血液学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page