Rchr
J-GLOBAL ID:200901042813201340   Update date: Dec. 03, 2020

Inamoto Mariko

イナモト マリコ | Inamoto Mariko
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): http://blog.livedoor.jp/mariko1961/
Research field  (3): Gender studies ,  Art history ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (9): AI ,  VR ,  DabaBase ,  Yamato-e ,  Illustrated Handscrolls ,  Genji picture ,  Japanese art history ,  Gender ,  Narrative painting
Research theme for competitive and other funds  (17):
  • 2017 - 2022 「オントロジーに基づく源氏絵データベースを共有・活用した源氏絵の総合研究」
  • 2017 - 2019 「源氏絵データベース拡充のための基礎的研究」
  • 2013 - 2015 「源氏絵データベース作成のための基礎的研究」
  • 2011 - 2014 「「幻の源氏物語絵巻」の文化史的意義-近世前期の源氏物語享受をめぐる総合比較研究」
  • 2011 - 2012 「恵泉女学園大学のジェンダー教育に関する調査研究 1988年度~2011年度」
Show all
Papers (39):
  • 稲本 万里子. 「記憶の表象-災害の記憶と「伴大納言絵巻」「信貴山縁起絵巻」の制作」. 安田政彦編『自然災害と疾病』(上杉和彦監修『生活と文化の歴史学』8)竹林舎. 2017. 433-452
  • 稲本 万里子. 「幻の「源氏物語絵巻」の制作背景再考」. 『恵泉女学園大学紀要』. 2017. 29. 182-204
  • 稲本 万里子. 「物語絵の上に書写された『法華経』」. 『アジア遊学』. 2016. 202. 179-189
  • 稲本 万里子. 「「信貴山縁起絵巻」の視覚表象から制作主体を探る」. 加須屋誠編『図像解釈学-権力と他者』(西川杏太郎監修、林温編『仏教美術論集』4)竹林舎. 2013. 195-212
  • 稲本 万里子. 「夫妻の情景-「源氏物語絵巻」夕霧段、御法段を中心に」. 服藤早苗・倉田実・小嶋菜温子編『王朝びとの生活誌-源氏物語の時代と心性』森話社. 2013. 175-194
more...
MISC (69):
  • 稲本 万里子. 「美術史学の視座から/文学と美術史学の重なり合う視点とは」. 『リポート笠間』. 2016. 61. 32-33
  • 稲本 万里子. 「「物語をえがく」展の源氏絵」. 『公明新聞』2015年12月9日. 2015
  • 稲本 万里子. 「源氏絵選択の意図」. 『【五十四帖】夢浮橋』(秋山虔監修『週刊朝日百科 週刊 絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖』60)朝日新聞出版社. 2013. 24
  • 稲本 万里子. 「源氏絵を描く女-清原雪信「源氏物語画帖」」. 『【五十三帖】手習』(秋山虔監修『週刊朝日百科 週刊 絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖』59)朝日新聞出版. 2013. 24
  • 稲本 万里子. 「『谷崎源氏画譜』-現代の源氏絵3」. 『【五十一帖】浮舟-2』(秋山虔監修『週刊朝日百科 週刊 絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖』57)朝日新聞出版. 2013. 24
more...
Books (6):
  • 『教養の日本美術史』
    ミネルヴァ書房 2019
  • 『源氏絵の系譜-平安時代から現代まで』
    森話社 2018
  • 『イメージとパトロン-美術史を学ぶための23章』
    ブリュッケ 2009
  • 『すぐわかる源氏物語の絵画』
    東京美術 2009
  • 『イメージとテキスト-美術史を学ぶための13章』
    ブリュッケ 2007
more...
Lectures and oral presentations  (34):
  • 「趣旨説明・登壇者紹介」
    (第5回源氏絵データベース研究会 シンポジウム「室町時代源氏絵研究の最前線」 2019)
  • 「AIとVRによる源氏絵の研究と鑑賞」
    (ICOM京都大会開催記念 東京富士美術館所蔵「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」記念講演会 2019)
  • 「源氏絵データベース科研AI班の4つの取り組み」
    (源氏絵データベース科研 VRデモンストレーションと討論 2019)
  • Recognition of Kuzushi-ji with Deep Learning Method: A Case Study of Kiritsubo Chapter in the Tale of Genji
    (人工知能学会第33回全国大会 2019)
  • 「AIとVRによる源氏絵の研究と鑑賞」
    (ICOM 京都大会開催記念 京都新聞創刊140年記念 東京富士美術館所蔵「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」記者発表会 2019)
more...
Education (2):
  • 1984 - 1986 Tokyo University of the Arts
  • 1979 - 1983 Tokyo University of the Arts
Work history (9):
  • 2007/04 - 現在 Keisen University Faculty of Humanities Professor
  • 2007/04 - 現在 Keisen University Graduate School of Humanities Division Professor
  • 1994/08 - 2019/03 The Tokugawa Reimeikai Foundation The Tokugawa Art Museum
  • 2017/04 - 2017/09 Gakushuin University Faculty of Letters
  • 2001/04 - 2007/03 Keisen University Faculty of Humanities Associate Professor
Show all
Committee career (1):
  • 2014 - 現在 神奈川県 文化財保護審議会委員
Awards (1):
  • 2018/07 - THE JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL INTELLIGENCE JSAI Annual Conference Award Detection of a Painter School with Deep Learning Method: A Case Study of Scenes from the Tale of Genji
Association Membership(s) (7):
ジェンダー史学会 ,  物語研究会 ,  歴史学会 ,  美学会 ,  美術史学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL INTELLIGENCE ,  仏教芸術学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page