Rchr
J-GLOBAL ID:200901043053893413   Update date: May. 06, 2019

Megumi Arai

アライ メグミ | Megumi Arai
Affiliation and department:
Job title: Chairperson of the Master's(Doctoral) Program in English and American Literature
Research field  (1): Literature - British/English-languag
Papers (27):
  • 岩や山に比べればーージェイン・オースティンと「観光」. 『比較文学研究』. 2017. 103. 69-83
  • 「カントリー・ハウスへようこそ!」5. 日本経済新聞. 2017
  • 「ジェイン・オースティン没後200年ー時代超える等身大ヒロイン」. しんぶん赤旗. 2017
  • 「カントリー・ハウスへようこそ!」1. 日本経済新聞. 2017
  • 「英国における「ロウワー・ミドル・クラス」イメージの成立と表象ーーダニエル・デフォーからカズオ・イシグロまで」. 東京大学大学院総合文化研究科. 2016
more...
MISC (55):
  • 新井潤美. 『日の名残り』と執事という語り手. ユリイカ. 2017. 158-168
  • 新井潤美. 「カズオ・イシグロ」を読む. しんぶん赤旗. 2017. 7-7
  • 「カントリー・ハウスへようこそ!」8. 日本経済新聞. 2017
  • 「カントリー・ハウスへようこそ!」7. 日本経済新聞. 2017
  • 「カントリー・ハウスへようこそ!」6. 日本経済新聞. 2017
more...
Books (35):
  • 『舞台芸術の世界を学ぶーーオペラ・バレエ・ダンス・ミュージカル・演劇・宝塚』「サヴォイ・オペラからロック・オペラへーー英米のミュージカル」
    2018
  • 『文学とアダプテーションーーヨーロッパの文化的変容』「イギリスからハリウッドとボリウッドへーージェイン・オースティンの作品の翻案」
    春風社 2017
  • 『教室の英文学』「表象文化(映画)を考えるーーアダプテーションというコンセプト」
    研究者 2017 ISBN:9784327472351
  • 「ジェイン・オースティン作品の映像化」、日本オースティン協会編『ジェイン・オースティン研究の今ーー同時代のテクストも視野に入れて』
    彩流社 2017
  • 『パブリック・スクールーーイギリス的紳士・淑女のつくられかた』
    岩波書店 2016
more...
Lectures and oral presentations  (51):
  • プーター氏の悲哀ーヴィクトリア朝におけるロウワー・ミドル・クラスの表象
    (日本ヴィクトリア朝文化研究学会第18回全国大会 2018)
  • ジェイン・オースティン映画の解釈と受容
    (アメリカ学会第52回年次大会 2018)
  • 英国社会における階級意識
    (2017)
  • 「イギリスのカントリー・ハウス観光と文学」
    (名古屋大学英文学会 2017)
  • 「文学をどう教えるか」
    (「文学をどう教えるか」 2016)
more...
Professional career (3):
  • 教養学士号 (国際基督教大学)
  • 学術修士号 (東京大学)
  • 博士(学術) (東京大学)
Work history (1):
  • Sophia University Faculty of Humanities, Department of English Literature Professor
Association Membership(s) (8):
東京大学比較文学会 ,  Japan Comparative Literature Association ,  International Comparative Literature Association ,  English Literature Society of Japan ,  The Jane Austen Society of Japan ,  The Victorian Studies Society of Japan ,  Japan Dickens Fellowship ,  The Dickens Fellowship
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page