Rchr
J-GLOBAL ID:200901043164552429   Update date: Dec. 21, 2020

Ohtsuki Makoto

オオツキ マコト | Ohtsuki Makoto
Affiliation and department:
Research field  (6): Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Food sciences ,  Home economics, lifestyle science
Research keywords  (4): 公衆栄養学 ,  食品機能学 ,  栄養学 ,  食品学
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2017 - 2020 中壮年からのロコモ検診、ロコモ予防
  • 2009 - 2011 Malarial parasite molecules essential for development from sporoziote to merozoite in the liver stage.
  • ブナシメジ未利用部の利活用による脂肪肝予防素材の開発
  • 若年者の野菜・果物摂取量向上を目指したランダム化比較試験 -知識と興味の獲得によって野菜・果物摂取量は増加するのか-
  • 三重県産ブナシメジの肝臓脂肪蓄積抑制(脂肪肝予防)作用及びその作用機序の解明
Papers (17):
more...
MISC (50):
  • 大槻誠. わが国の栄養・食生活状況と食環境整備. 月刊「地方自治みえ」. 2020. 337. 1-4
  • 加藤 俊宏, 西村 明展, 大槻 誠, 若杉 悠佑, 桒原 健太, 福田 亜紀, 加藤 公, 湏藤 啓広. 労働世代に対するロコトレがロコモ度・運動器疼痛・身体活動に与える影響. 日本運動器疼痛学会誌. 2020. 12. 2. 154-158
  • 大久保 剛, 加藤 夕里奈, 末永 美聖, 細川 陽, 鎌田 真海, 若杉 悠佑, 大槻 誠, 神田 あづさ. 秤量法による食事からのコリン化合物摂取量の算出(2). 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2020. 74回. 244-244
  • 加藤 俊宏, 西村 明展, 大槻 誠, 若杉 悠佑, 桑原 健太, 福田 亜紀, 加藤 公, 須藤 啓広. 労働世代に対するロコトレが運動器疼痛・身体活動に与える影響. Journal of Musculoskeletal Pain Research. 2019. 11. 4. S67-S67
  • 大槻 誠, 若杉 悠佑, 加藤 俊宏, 長尾 理恵, 駒田 亜衣, 芝田 登美子. 中壮年期における食品群・栄養素摂取量とロコモティブシンドロームとの関連. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2019. 78回. 560-560
more...
Lectures and oral presentations  (35):
  • 被災者の食と健康を守る-日本栄養士会災害支援チーム(JDA-DAT)の活動-
    (医療栄養学科第1回市民公開講座 2020)
  • 災害時栄養・食生活支援活動について
    (伊勢保健所 第3回管内市町栄養改善業務検討会 2020)
  • 災害時栄養・食生活支援活動について
    (桑名保健所 第3回管内市町栄養改善業務検討会 2019)
  • ロコモティブシンドロームにおける食事の影響
    (令和元年三重県栄養改善大会 みえの食フォーラム 2019)
  • おいしい!は(=)たのしい!
    (KKC健康スクエア 2019)
more...
Education (3):
  • 2004 - 2007 Mie University
  • 1999 - 2001 Suzuka University of Medical Science
  • 1994 - 1998 Suzuka University of Medical Science Department of Clinical Nutrition
Professional career (1):
  • 博士(学術) (三重大学)
Committee career (3):
  • 2010 - 現在 三重県ラグビーフットボール協会 理事
  • 2019/07 - 2021/06 公益社団法人 三重県栄養士会 災害対策委員長
  • 2018/06 - 2020/05 公益社団法人 日本栄養士会 JDA-DAT運営委員会委員
Awards (2):
  • 2020/04 - WILEY Journal of Occupational Health TOP DOWNLOADED PAPER 2018-2019 Relationships between body mass index, lifestyle habits, and locomotive syndrome in young- and middle-aged adults: A cross-sectional survey of workers in Japan
  • 2017/01 - 第69回三重県公衆衛生学会 奨励賞
Association Membership(s) (6):
JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR HYGIENE ,  THE JAPAN ASSOCIATION FOR THE INTEGRATED STUDY OF DIETARY HABITS ,  THE JAPANESE SOCIETY OF NUTRITION AND DIETETICS ,  日本食品科学工学会 ,  日本栄養・食糧学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page