Rchr
J-GLOBAL ID:200901043423932413   Update date: Sep. 13, 2019

INAGAKI Shigenori

イナガキ シゲノリ | INAGAKI Shigenori
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research keywords  (1): Science Education
Papers (332):
  • Tokuoka Mikihiro, Komiya Naoki, Mizoguchi Hiroshi, Egusa Ryohei, INAGAKI SHIGENORI, Kusunoki Fusako. Implementation and Evaluation of a Wide-Range Human-Sensing System Based on Cooperating Multiple Range Image Sensors. Sensors. 2019. 19. 5. 1172
  • Kawaguchi Shuya, Mizoguchi Hiroshi, Egusa Ryohei, Takeda Yoshiaki, Yamaguchi Etsuji, INAGAKI SHIGENORI, Kusunoki Fusako, Funaoi Hideo, Sugimoto Masanori. Augmentation of Environmental Education Using a Forest Management Game to Stimulate Learners’ Self-Discovery. Proceedings of XVIII IOSTE Symposium: Future Educational Challenges from Science and Technology Perspectives. 2019. 122-127
  • YAMAGUCHI ETSUJI, WAKABAYASHI Kazuya, SAKAMOTO MIKI, YAMAMOTO Tomokazu, INAGAKI SHIGENORI. Development of a learning progression for multiple perspective taking in socioscientific issues. Proceedings of XVIII IOSTE Symposium: Future Educational Challenges from Science and Technology Perspectives. 2019. 352-357
  • Wakabayashi Kazuya, YAMAGUCHI Etsuji, SAKAMOTO Miki, YAMAMOTO Tomokazu, INAGAKI Shigenori. Development of design elements of a socio-scientific issue curriculum unit for fostering students’ argumentation for persuasion: Case of the ‘rice seed-based edible vaccine for Japanese cedar pollinosis’ curriculum unit. Proceedings of XVIII IOSTE Symposium. 2019. 128-132
  • Tokuoka Mikihiro, Mizoguchi Hiroshi, Egusa Ryohei, INAGAKI SHIGENORI, Kusunoki Fusako. Expansion of Science Education Within the Museum Using Body Movements of Multiple People. Proceedings of XVIII IOSTE Symposium: Future Educational Challenges from Science and Technology Perspectives. 2019. 311-318
more...
MISC (6):
  • 野上 智行, 中島 秀人, 小川 正賢, 城 仁士, 稲垣 成哲. 科学技術情報社会のライフスキルとしての知識経営能力育成プログラムの開発. 科学研究費補助金(基盤研究 A1)研究成果報告書. 2002. , 全159p(19p-24p)
  • INAGAKI, Shigenori. 科学教育における情報通信ネットワークを利用した学習環境のデザイン. 平成11〜13年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書(研究代表者・稲垣成哲). 2002. ,
  • INAGAKI, Shigenori. 科学的な情報活用能力の育成を支援する学校・地域・大学連携プログラムの開発:クロスカリキュラムの視点から. 平成11〜13年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))研究成果報告書(研究代表者・稲垣成哲). 2002. ,
  • YAMAGUCHI, Etsuji, IKARI, Miwa, INAGAKI, Shigenori, FUNAKOSHI, Shunsuke, NOGAMI, Tomoyuki. 現職教員研修システムの概要. 平成11〜13年度科学研究費補助金(地域連携推進研究費(2))研究成果報告書「生涯学習社会に求められる学校教育を主とした教育専門家育成システムの開発・評価研究」(研究代表者・船越俊介). 2002. , p1-p9
  • NOGAMI, Tomoyuki, FUNAKOSHI, Syunnsuke, SHIBA, Mariko, JYOH, Hitoshi, INAGAKI, Narisuke, OKADA, Yuka, ASADA, Tadashi, IKUTA, Takashi, NOJIMA, Eiichiro, ITOH, Motomu. 生涯学習社会に求められる学校教育を主とした教育専門家養成システムの開発・評価研究. 科学研究費補助金(地域連携推進研究費)研究成果報告書. 2002. , 全66p(29p-49p)
more...
Books (18):
  • 中山迅・ 稲垣成哲監訳,(ホワイト,R. & ガンストン,R.)『子どもの学びを探る-知の多様な表現を基底にした教室をめざして-』
    東洋館出版社 1995
  • 村越昌昭・津幡道夫編著,『子どもの自然の見方や考え方をつかむポイント4』
    東洋館出版社 1995
  • 野上智行編著,『総合的学習への提言-教科をクロスする授業「クロスカリキュラム」理論と方法』 第2章「変貌する教室-対話としての授業の構築に向けて-」
    明治図書 1996
  • Learning Therory and Method about Cross Curriculum
    明治図書 1996
  • 中山迅・稲垣成哲編著,『理科授業で使う思考と表現の道具-概念地図法と描画法入門』 第4章第2節「道具と学びのデザイン」
    明治図書 1998
more...
Lectures and oral presentations  (360):
  • 教室の相互交渉に関する事例研究(1)-理科授業における教師の発話分析-
    (日本発達心理学会第6回大会 1995)
  • 共同的な学びのなかのやりとり:コンセプトマップの作成過程における対話の進行
    (日本科学教育学会第19回年会 1995)
  • 理科授業のエスノグラフィー(2):教師の発話分析からのアプローチ
    (日本理科教育学会第45回全国大会 1995)
  • 理科授業のエスノグラフィー(1):状況的認知の立場から授業をどのように語るか
    (日本理科教育学会第45回全国大会 1995)
  • SATIS 8-14の教材分析(9):科学者は何をするのか?
    (平成7年度日本理科教育学会近畿支部大会 1995)
more...
Awards (6):
  • 2017/08 - 日本科学教育学会 日本科学教育学会論文賞 科学教育学研究第40巻4号掲載の論文
  • 2015/08 - 一般社団法人 日本科学教育学会 日本科学教育学会学術賞 ICTを利用した教育・学習支援に関する学際的プロジェクト型研究の開拓
  • 2015/08 - 一般社団法人 日本科学教育学会 日本科学教育学会 論文賞 教員志望の大学生を対象としたアーギュメント・スキル教育プログラムのデザイン
  • 2011/07 - 日本教育心理学会 日本教育心理学会優秀論文賞 教育心理学研究58巻1号掲載の論文
  • 2005/09 - 日本科学教育学会 日本科学教育学会科学教育実践賞 「再構成型コンセプトマップ作成ソフトウェアの開発と教育実践研究の展開」として取り組んできた研究
Show all
Association Membership(s) (1):
ACM
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page