Rchr
J-GLOBAL ID:200901043548130050   Update date: Jun. 22, 2022

Kuse Masaki

クセ マサキ | Kuse Masaki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.research.kobe-u.ac.jp/ans-nprd-chem/index.htmlhttp://www.research.kobe-u.ac.jp/ans-nprd-chem/contents/en/en_index.html
Research field  (6): Synthetic organic chemistry ,  Bioorganic chemistry ,  Biochemistry ,  Bioorganic chemistry ,  Structural/physical organic chemistry ,  Molecular biochemistry
Research keywords  (9): Chemical Biology ,  Spectral measurement ,  Organic Synthesis ,  bioluminescence ,  ケミカルバイオロジー ,  機器分析 ,  有機合成 ,  生物発光 ,  生物有機化学
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2021 - 2022 生物発光の仕組みを利用した活性酸素種の次世代型解析手法の開発
  • 2019 - 2022 発光タンパク質フォラシンの活性部位の構造解析と高輝度発光系への応用
  • 2017 - 2021 寄生雑草ストライガの2次代謝産物に着目した学際的研究と除草防除の実現
  • 2015 - 2018 発光タンパク質のクロモフォア構造に関する生物有機化学的研究
  • 2011 - 2014 生物発光基質アナログによる発光タンパク質の持続的発光の実現
Show all
Papers (56):
more...
MISC (23):
more...
Books (2):
  • Marine Bioluminescence with Dehydrocoelenterazine, an Imidazopyrazinone Compound. In: . Topics in Heterocyclic Chemistry.
    Springer, Berlin, Heidelberg 2020
  • 農芸化学分野における質量分析
    「農芸化学の事典」 2003
Lectures and oral presentations  (67):
  • Bioluminescence for the Assay of Anti-cancer Activity
    (The International Conference and Exhibition on Pharmaceutical Sciences and Technology 2022 2022)
  • ヒカリカモメガイ由来の 発光タンパク質に関する有機化学的研究
    (日本農芸化学会中四国支部 第32回若手シンポジウム 2021)
  • Asymmetric Total Synthesis of A Benzylic Cyclopropane-Having Cannabinoid, Radulanin J
    (2020)
  • Synthesis and luminescent activity of N-Ar-DCL analogs
    (2020)
  • Isolation and identification of bioactive constituents of Striga hermonthica
    (JSBBA Kansai 6th Student Forum 2019)
more...
Works (3):
  • トビイカ発光タンパクシンプレクチンに関する生物有機化学的研究
    2003 - 2005
  • 名古屋大学上海フォーラム
    2005 -
  • 名古屋大学科学研究フォーラム
    2005 -
Education (4):
  • 1997 - 2000 Nagoya University
  • 1995 - 1997 Nagoya University
  • 1991 - 1995 Nagoya University
  • 1988 - 1991 富山中部高等学校
Professional career (2):
  • Master of Agriculture (Nagoya University)
  • Doctor of Agriculture (Nagoya University)
Work history (7):
  • 2022/04 - 現在 神戸大学 大学院農学研究科 教授
  • 2011/09 - 2022/03 神戸大学 大学院農学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2011/08 名古屋大学 物質科学国際研究センター化学測定機器室 助教
  • 2004/04 - 2007/03 名古屋大学 物質科学国際研究センター 化学測定機器室 助手
  • 2001/04 - 2004/03 名古屋大学 化学測定機器センター (大学院生命農学研究科・兼担)) 助手
Show all
Committee career (4):
  • 2017/05 - 現在 日本農芸化学会 関西支部参与
  • 2021/11 - 2023/02 日本農芸化学会 2022年度大会実行委員会委員
  • 2015/05 - 2017/05 日本農芸化学会 関西支部幹事
  • 2015/12 - 2017/03 日本農芸化学会 2017年度 京都大会 実行委員
Awards (8):
  • 2019/12 - JSPS 12th Organocatalyst Simposium Poster Award Organic Base-Catalyzed Primary Alcohol-Selective Aroylation For Rapid Access to Complex Unexplored Prodrugs
  • 2016/12 - 日本農芸化学会 関西支部 日本農芸化学会 関西支部 支部賛助企業特別賞 高輝度発光基質による発光タンパク質フォラシンの再構成と発光活性
  • 2016/03 - 日本農芸化学会 BBB論文賞 A concise synthesis of optically active solanacol, the germination stimulant for seeds of root parasitic weeds
  • 2013/12 - 日本農芸化学会関西支部 日本農芸化学会関西支部賛助企業特別賞 発行波長を改変する生物発光基質アナログの化学合成
  • 2013/03 - 日本農芸化学会 JSBBA Award for Young Scientists 海洋生物由来の発光タンパク質に関する生物有機化学的研究
Show all
Association Membership(s) (7):
American Chemical Society ,  近畿化学協会 ,  生物発光化学発光研究会 ,  アメリカ化学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  日本農芸化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page