Rchr
J-GLOBAL ID:200901043875858970   Update date: Jul. 21, 2010

Kusanagi Taro

クサナギ タロウ | Kusanagi Taro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.hmt.u-toyama.ac.jp/eibei/Kusanagi2/db.htm
Research field  (2): Literature - European ,  Sociology/history of science and technology
Research keywords  (5): 科学史(英国) ,  シェイクスピア学 ,  英文学 ,  Study of the history of science(British) ,  Study of Shakespeare
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 1998 - ニュートンとシェイクスピア
  • 1998 - Newton and Shakespeare
  • 1985 - シェイクスピア研究の英米の伝統比較
  • 1985 - The two traditions(British and American) in Studying Shakespeare
  • 演劇中心の異文化(含科学技術)研究
Show all
MISC (22):
  • 「データベース:米国シェイクスピア研究学位論文」からシェイクスピア=ベーコン説を検証し、特に「テロ対策」との関連を探る その一. 富山大学人文学部紀要. 2007. 47. 83-137
  • 「データベース:米国シェイクスピア研究学位論文」からシェイクスピア=ベーコン説を検証する その二. 富山大学人文学部紀要. 2006. 45. 155-165
  • 「データベース:米国シェイクスピア研究学位論文」からシェイクスピア=ベーコン説を検証する その一. 富山大学人文学部紀要. 2006. 44. 1-21
  • 「データベース:米国シェイクスピア研究学位論文」が著す米国の特徴 その二. 富山大学人文学部紀要. 2005. 42. 63-70
  • 「データベース:米国シェイクスピア研究学位論文」が表す米国の特徴 その一. 富山大学人文学部紀要. 2004. 40. 169-181
more...
Books (4):
  • (韓国語訳)マーフィーのあなたも幸福がつかめる
    IDEA BOOK(韓国) 2004
  • マーフィーのあなたも幸福がつかめる
    産能大学出版部 1996
  • シェイクスピア全作品論(共著『タイタス・アンドロニカス』担当)
    研究社出版株式会社 1992
  • 知らず知らずに成功する-シェイクスピアはマーフィー理論を実践した大成功者だった
    産能大学出版部 1988
Lectures and oral presentations  (1):
  • 王政復古期のシェイクスピア改作と、ボイルレクチャーからニュートン主義に至る科学史との関係
    (パネル・ディスカッション「17-18世紀におけるシェイクスピアの改作について」:出席者:野田学(座長)草薙太郎他二名、第39回シェイクスピア学会 2000)
Education (4):
  • - 1980 The University of Tokyo
  • - 1980 The University of Tokyo Study of Shakespeare
  • - 1978 The University of Tokyo
  • - 1978 The University of Tokyo Department of English Literature
Professional career (1):
  • (BLANK) Master of Arts (The University of Tokyo)
Association Membership(s) (2):
科学技術社会論学会 ,  日本シェイクスピア協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page