Rchr
J-GLOBAL ID:200901044521777899   Update date: May. 22, 2020

Taniguchi Masaru

タニグチ マサル | Taniguchi Masaru
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • 免疫制御戦略研究グループ  職名グループディレクター
Research field  (2): Experimental pathology ,  Immunology
Research keywords  (32): がん抗原 ,  トランスジェニックマウス ,  がん遺伝子 ,  サイトカイン ,  自己免疫病 ,  Antisense RNA ,  メラノ-マ ,  免疫寛容 ,  分化抗原 ,  腫瘍抗原 ,  キラ-T細胞 ,  TCR ,  胸腺外分化 ,  抑制T細胞 ,  バイオセンサ- ,  バイオテクノロジー ,  サブトラクション ,  転写因子 ,  メラノーマ抗原 ,  抗原レセプター ,  T細胞抗原受容体 ,  ポリコ-ム遺伝子 ,  有機リン系農薬センサ- ,  アポトーシス ,  DNA結合蛋白 ,  内部抗原 ,  T細胞 ,  がん ,  自己免疫疾患 ,  アルファガラクトシルセラミド ,  免疫制御 ,  NKT細胞
Research theme for competitive and other funds  (26):
  • 2011 - 2016 NKT 細胞系列決定・機能発現メカニズム
  • 2008 - 2013 ヒトips細胞の分化能と腫瘍化傾向を反映するマーカー遺伝子群の探索
  • 2006 - 2010 The mechanisms of development and differentiation in Valpha14 NKT cells
  • 2001 - 2004 Molecular mechanisms of NKT cells' differentiation and functions
  • 1994 - 1998 がん免疫寛容のメカニズムとその制御
Show all
Papers (10):
more...
MISC (5):
Books (5):
  • 見えてきたがんを治す免疫-アレルギーとがんの治療最前線
    技術評論社 2010
  • 新 免疫の不思議
    岩波書店 2004
  • 標準免疫学
    医学書院 2002
  • 免疫、その驚異のメカニズム
    ウェッジ選書 2000
  • 免疫の不思議
    岩波書店 1995
Works (1):
  • α-GalCel によるVα14NKT 細胞の遺伝子機能変化
Education (1):
  • - 1974 千葉大学大学院 博士課程修了
Professional career (1):
  • 医博
Work history (8):
  • 2013/04 - 現在 理研統合生命医科学研究センター 特別顧問
  • 2001/07 - 2013/03 理研免疫・アレルギー科学総合研究センター長
  • 2001 - Chiba University Graduate School of Medicine
  • 1996 - 千葉大学医学部長
  • 1989 - Chiba University School of Medicine
Show all
Awards (3):
  • 2004 - 上原賞
  • 1993 - 野口英世記念医学賞
  • 1977 - エルウィン・フォン・ベルツ賞
Association Membership(s) (2):
JAPANESE SOCIETY OF ALLERGOLOGY ,  JAPANESE SOCIETY FOR IMMUNOLOGY (JSI)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page