Rchr
J-GLOBAL ID:200901044548321609   Update date: Mar. 02, 2008

Shimodaira Osamu

シモダイラ オサム | Shimodaira Osamu
Affiliation and department:
Research field  (1): Prosthodontics
Research keywords  (6): 高齢者歯科学 ,  全部床義歯学 ,  補綴理工系歯学 ,  Geriatric Dentistry ,  Complete Denture Prosthetics ,  Prosthodontics and Dental Technology
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2003 - 義歯支持組織のバイオメカニックス特性の官能評価法の確立
  • 1997 - 顔面と下顎骨上仮想点の咀嚼・発音時の運動経路の解析
  • 1997 - Analysis of Trajectory in Orofacial and Virtual Points on Mandible during Mastication and Pronunciation
  • 1996 - 下顎および手指の音刺激に対応するタッピング運動の解析
  • 1996 - Comparison of Orofacial and Hand-Tapping Movements
Show all
MISC (50):
  • 2年間の高齢者歯科学授業におけるPBLチュートリアルの実施と評価(共著). 昭和歯科学会雑誌. 2004. 24. 1. 67-68
  • 痴呆高齢者における嚥下補助装置治療に対する受容と適応(共著). 日本補綴歯科学会雑誌. 2004. 48. 111回特別号、161
  • 義歯の破折とその予防法~診断と設計~(共著). 東京都歯科医師会雑誌. 2003. 51. 12. 536-542
  • レポート, 「第109回日本補綴歯科学会学術大会」開催される(共著). 補綴臨床. 2003. 36. 4. 450-452
  • 顔面皮膚の動態解析による下顎運動の推定-中心咬合位からの開口量について-(共著). 日本補綴歯科学会雑誌. 2003. 47. 110回特別号. 61
more...
Books (3):
  • 支台歯の前処理-レストシート, ガイドプレーンをどうするか-, 補綴を健康にする80のいろいろ -診査・診断からトラブル対処法まで-(共著)
    デンタルダイヤモンド増刊号, デンタルダイヤモンド社 2003
  • 顔面と下顎骨上仮想点の咀嚼・発音時の運動経路の解析
    健康科学における歯科補綴学-21世紀に目指すもの-(日本補綴歯科学会) 1999
  • Analysis of Trajectory in Orofacial and Virtual Points on Mandible during Mastication and Pronunciation
    1999
Works (1):
  • 口腔・顔面および手指の動作解析による高齢者の機能評価
    2000 - 2003
Education (2):
  • - 1990 Showa University Division of Dentistry
  • - 1990 Showa University
Professional career (1):
  • Doctor of Dental Surgery (Showa University)
Association Membership(s) (5):
日本老年歯科医学会 ,  日本顎顔面補綴学会 ,  日本口腔インプラント学会 ,  昭和歯学会 ,  日本補綴歯科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page