Rchr
J-GLOBAL ID:200901045007033135   Update date: Feb. 25, 2021

Oga Chiharu

オオガ チハル | Oga Chiharu
Affiliation and department:
Research field  (1): Japanese language education
Research keywords  (6): コロケーションの習得 ,  the acquisition of vocabulary ,  中国人学習者 ,  第二言語習得 ,  Second Language Acquisition ,  Chinese Learners
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2019 - 2022 日本語学習者による多義語コロケーションの習得
  • 2016 - 2019 日本語学習者によるコロケーションの習得過程-概念形成理論を援 用して-
  • 2016 - 2018 日本語学習者によるコロケーションの習得過程-概念形成理論を援 用して-
  • 2014 - 2016 日本語語彙知識における漢字読み能力の重要性の研究-オンラインテスト応用を目指して-
  • 2014 - 2015 日本語学習者によるコロケーション習得-全学日本語教材開発に向けた基礎研究-
Show all
Papers (35):
  • 大神智春. 「とる」と類義語の意味的相違に関する一考察. 『言語の研究-言語学、日本語学、日本語教育学、言語コミュニケーション学からの視座-』. 2019. 15-28
  • OGA Chiharu. The Acquisition of Some Collocations within the Polysemous Verb Constructions by Chinese Learners of Japanese: A Comparative Analysis Based on Learners' Proficiency. 12th_International_Symposium_Proceedings. 2018
  • Understanding and use of Collocations formed with Synonyms by Chinese learners of Japanese. 2018. 4. 2. 70-71
  • Acquisition of Collocation by Using Polysemous Verb as Node. 2017. 166. 47-61
  • 大神 智春. 中国人学習者のコロケーションに対する認識と産出. 東アジア日本語教育・日本文化研究学会. 2016. 19. 133-152
more...
MISC (22):
  • 大神 智春. 日本語研修コース. 2020
  • 大神智春, 郭俊海. 平成28年度~平成30年度科学研究費助成金基盤研究(C)研究成果報告書 日本語学習者によるコロケーションの習得過程-概念形成理論を援用して-. 2019
  • 大神 智春. 日本語研修コース. 2019
  • 大神 智春. 日本語研修コース. 2018
  • 大神 智春. 日本語研修コース. 2017
more...
Books (14):
  • 『言語の研究-言語学、日本語学、日本語教育学、言語コミュニケーション学からの視座-』
    花書院 2019
  • 使って身につく漢字語彙 vol.2 Basic Kanji Workbook vol.2
    凡人社 2016
  • Basic Kanji Workbook 使って、身につく!漢字×語彙 2
    凡人社 2016
  • Basic Kanji Workbook 使って、身につく!漢字×語彙2
    凡人社 2016
  • 最新赴日留学会話必携
    中国南京大学出版 2013
more...
Lectures and oral presentations  (35):
  • 日本語学習者横断コーパス(I-JAS)に見られる多義語コロケーションの分析-「きく」「でる」「つける」に焦点を当てて-
    (外国語教育学会 2019)
  • The Acquisition of Some Collocations within the Polysemous Verb Constructions by Chinese Learners of Japanese: - A Comparative Analysis Based on Learners' Proficiency
    (第2回九州大学女性研究者 ダイバーシティシンポジウム 2019)
  • 中国人学習者による多義語コロケーションの習得-レベル別の学習者の比較から-
    (The 12th International Symposium on Japanese Language Education and Japanese Studies 2018)
  • The Acquisition of Some Collocations within the Polysemous Verb Constructions by Chinese Learners of Japanese: A Comparative AnalysiThe Acquisition of Some Collocations within the Polysemous Verb Constructions by Chinese Learners of Japanese: A Comparativ
    (The 12th International Symposium 2018)
  • 類義語で形成されるコロケーションの理解と使い分け-中国語母語話者を対象として-
    (日本語教育方法研究会 2018)
more...
Works (1):
  • 『Basic Kanji Book Vol.1 Work Book』
    2005 -
Education (2):
  • - 1999 Kyushu University Japanese Language Teaching
  • - 1992 University of Tsukuba
Professional career (1):
  • 芸術工学博士 (九州大学)
Work history (1):
  • 2005/11 - International Student center, Kyushu University Professor
Committee career (24):
  • 2020/04 - 2021/03 九州大学 共創学部国際教育企画室委員
  • 2020/04 - 2021/03 九州大学 基幹教育科目実施班(日本語班)
  • 2020/04 - 2021/03 九州大学 共創学部教務委員会
  • 2020/04 - 2021/03 九州日本語教育連絡協議会 運営委員
  • 2019/04 - 2021/03 九州日本語教育連絡協議会 監査
Show all
Awards (1):
  • 1999/12 - Jilin province, China Jilin honor award
Association Membership(s) (12):
EAST ASIAN RESEARCH SOCIETY FOR JAPANESE LANGUAGE EDUCATION AND JAPANESE CULTURE ,  JAPANESE COGNITIVE LINGUISTICS ASSOCIATION ,  JSL漢字学習研究会 ,  福岡JSL研究会 ,  第二言語習得研究会 ,  日本言語学会 ,  日本語教育方法研究会 ,  日本語教育学会 ,  九州日本語教育連絡協議会 ,  Japanese Cognitive Science Society ,  The Japan Second language Association ,  中国語話者のための日本語教育研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page