Rchr
J-GLOBAL ID:200901045603727179   Update date: Apr. 07, 2021

YUKO ISHIZAKI

イシザキ ユウコ | YUKO ISHIZAKI
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Fetal medicine/Pediatrics
Research keywords  (11): childhood-onset chronic diseases ,  child abuse ,  health care transition ,  Psychosomatic Medicine ,  Pediatrics ,  起立性調節障害 ,  社会的養護 ,  自律神経 ,  発達障害 ,  child health ,  心身症
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2021 - 2926 起立性調節障害児のデコンディショニングに対するトレーニングプログラムの開発
  • 2018 - 2023 発達障害のある子どもの里親・養親を対象としたペアレント・トレーニングの開発
  • 2021 - 2022 社会的養護を要する赤ちゃんの家庭を支える小児科医による里親・養親家庭支援ネットワークの構築に関する研究
  • 2020 - 2021 起立性調節障害児の下腿筋力を回復するトレーニング機器の開発
  • 2009 - 2020 地域の小児科医にできる里親・養親支援の方策の確立
Show all
Papers (108):
more...
MISC (105):
more...
Books (27):
  • 小児期発症慢性疾患患者のための 移行支援ガイド
    じほう 2018 ISBN:4840750297
  • 教育と医学 2015年 5月号 [雑誌]
    慶應義塾大学出版会 2015
  • 小児の疼痛障害.「今日の治療指針」
    医学書院 2012
  • 子どもの心の診療に関する診療体制確保,専門的人材育成に関する研究 4.診療の標準化に関する研究 子どもの心身医学的診療(含リエゾン)の標準化に関する研究「子どもの心の診療に関する診療体制確保、専門的人材育成に関する研究 平成20-22年度 総合研究報告書(総括・分担)」
    厚生労働省 2011
  • 子どもの心の診療に関する診療体制確保,専門的人材育成に関する研究 4.診療の標準化に関する研究 子どもの心身医学的診療(含リエゾン)の標準化に関する研究「子どもの心の診療に関する診療体制確保、専門的人材育成に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書」
    厚生労働省 2011
more...
Lectures and oral presentations  (221):
  • Proposal of support system for foster and adopted children and their parents by paediatric practitioners in Japan
    (2020)
  • A questionnaire survey administered to medical professionals regarding health care transition from pediatric to adult care of adult patients with 5p- Syndrome
    (The 8th Congress of the European Academy of Paediatric Societies (EAPS 2020) 2020)
  • Similarity of gaze characteristics of monozygotic twins and triplets
    (The 3rd International Conference on Research in Education, Teaching and Learning (ICETL) 2020)
  • Promotion of the transition of adult patients with childhood-onset chronic diseases among Pediatricians in Japan
    (The 7th Congress of the European Academy of Paediatric Societies (EAPS) 2018)
  • 起立性調節障害患者を対象とした第3回野外キャンプの報告
    (子どもの心とからだ 2018)
more...
Works (5):
  • 難病・心身障害・発達障害を持つ患児ときょうだい・保護者の心の健康づくりのための講演会と地域におけるサポートネットワーク構築の試み
    - 2012
  • 成人移行期の小児慢性疾患患者の心理社会適応を高める多職種協働患者中心型看護モデル
    2009 - 2010
  • 向精神薬の小児に対する安全性に関する研究
    2007 -
  • 眼球運動測定による学童期発育障害児の学校における問題の神経生理学的評価
  • 発達障害児のデイキャンプ開催時における保護者へのペアレントトレーニングの発達障害治療における意義
Education (1):
  • 1983 - 1989 Kansai Medical University
Professional career (1):
  • 博士(医学) (東京大学)
Work history (7):
  • 2012/02 - 2018/11 Kansai Medical University Faculty of Medicine
  • 2007/05/01 - 2012/01/31 Kansai Medical University Faculty of Medicine
  • 2001/10 - 2007/04 Kansai Medical University Faculty of Medicine
  • 2001/02/19 - 2001/10/15 無給研究医員
  • 1991/10/01 - 2001/02/18 医師
Show all
Committee career (10):
  • 2018/07 - The Japan Pediatric Society
  • 2018/07 - 日本小児科学会 薬事委員
  • 2016/10 - The Japan Pediatric Society
  • 2016/10 - 日本小児科学会 社会保険委員
  • 2016/07 - The Japan Pediatric Society
Show all
Awards (3):
  • 2017/05 - (一社)大阪小児科医会 大阪小児科医会賞
  • 2006/04 - こども環境学会 こども環境学論文賞
  • 2003/04 - 日本小児科学会 小児医学研究振興財団設立準備室 日本イーライリリーアワード
Association Membership(s) (6):
The Japan Pediatric Society ,  Japanese Society of Psychosomatic Internal Medicine ,  Japanese Society of Psychosomatic Meidicine ,  The japanese Scosiety of Child Health ,  日本小児精神神経学会 ,  Japanese Society of Psychosomatic Pediatrics
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page