Rchr
J-GLOBAL ID:200901046670245614   Update date: Sep. 26, 2020

Yoshida Kunio

ヨシダ クニオ | Yoshida Kunio
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (5): Analytical chemistry ,  Space and planetary science ,  Archaeology ,  Museology ,  Cultural properties
Research keywords  (14): 分子レベル同位体分析 ,  土器付着炭化物 ,  脂質分析 ,  加速器質量分析 ,  土器 ,  古食性分析 ,  安定同位体 ,  放射性炭素年代測定 ,  年代測定 ,  文化財科学 ,  考古科学 ,  Archaeological Chemistry ,  Radiocarbon(C-14) ,  Chronology
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2017 - 2019 近世の京漆器に使われた漆の産地を探る
  • 2015 - 2019 縄文土器で煮炊きしたものと土器の使い分けについての研究
  • 2013 - 2017 マリタ遺跡のヴィーナス像に関する年代研究
  • 2011 - 2014 漆製品に使われた漆の産地に関する研究
  • 2007 - 2009 安定同位体分析により漆の産地を同定する試み
Show all
Papers (44):
more...
MISC (106):
Books (8):
  • Archaeometry
    The University Museum, The University of Tokyo 2012
  • 人類史と時間情報〜「過去」の形成過程と先史考古学
    雄山閣 2012
  • 考古科学が探る火炎土器(吉田邦夫、西田泰民)
    『火炎土器の国 新潟』、新潟県歴史博物館 編、新潟日報事業社 2009 ISBN:9784861323331
  • 「火炎土器に付着した炭化物の放射性炭素年代.」「マイクロフォーカスX線CT装置を利用した火炎型土器の隆起線文様施文手法の検討.」
    『火炎土器の研究』新潟県歴史博物館[編]同成社 2004 ISBN:488621293X
  • 真贋を科学する 年代物-ほんとうはいつ頃のもの?
    『真贋のはざま デュシャンから遺伝子まで』 東京大学総合研究博物館 2001
more...
Lectures and oral presentations  (42):
  • 稲作文化定着時期の食生活を八日市地方遺跡出土調理用土器の残留有機物分析から検討する
    (日本文化財科学会大会研究発表要旨集 2018)
  • 土器残存有機物による日本列島のフードスケープ復元の試み
    (日本文化財科学会大会研究発表要旨集 2018)
  • 縄文人はサケを食べていたのか!?-土器残存脂質分析から見た北海道内陸部のフードスケイプ-
    (日本文化財科学会大会研究発表要旨集 2018)
  • 中国新石器時代初期稲作遺構田螺山遺跡出土土器脂質分析による食性復元
    (日本第四紀学会講演要旨集 2017)
  • 田螺山遺跡出土土器残存有機物を用いた古食性復元
    (日本文化財科学会大会研究発表要旨集 2017)
more...
Works (6):
  • 縄文海進と古代人の適応
    1999 -
  • Jomon transgression and adaptation of ancient people
    1999 -
  • 日中古代金属遺物の年代および産地に関する自然科学的比較研究
    1995 - 1997
  • Scientific study of date and site determinations on Japanese and Chinese ancient metal relics
    1995 - 1997
  • 縄文土器の炭素14年代
    1995 -
more...
Education (3):
  • - 1977 The University of Tokyo
  • - 1977 The University of Tokyo
  • - 1973 The University of Tokyo
Professional career (2):
  • Doctor of Science. (The University of Tokyo)
  • Master of Science (The University of Tokyo)
Committee career (4):
  • 2014/10 - 現在 新潟県魚沼市 黒姫洞窟遺跡調査指導委員会副委員長
  • 2013/04 - 2014/03 青森県つがる市 縄文遺跡整備検討有識者会議委員
  • 2006/08 - 2007/07 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2003/09 - 2005/08 大学評価・学位授与機構 大学評価委員会評価員
Awards (3):
  • 2018/07 - 日本文化財科学会 日本文化財科学会第12回学会表彰・ポスター賞 稲作文化定着期の食生活を八日市地方遺跡出土調理土器の残留有機物分析から検討する
  • 1997 - 日本第四紀学会 第四紀学会論文賞 長野県出土人骨試料における炭素・窒素同位体比および微量元素量に基づく古食性の復元
  • 1990/11 - 東方学会 東方学術賞 仏教資料年代測定の研究
Association Membership(s) (4):
漆を科学する会 ,  THE JAPANESE ARCHAEOLOGICAL ASSOCIATION ,  日本第四紀学会 ,  日本文化財科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page