Rchr
J-GLOBAL ID:200901046776145465   Update date: Sep. 09, 2020

Umamoto Tsutomu

ウマモト ツトム | Umamoto Tsutomu
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.pu-hiroshima.ac.jp/p/umamoto/
Research field  (1): Foreign language education
Research keywords  (9): 基本語選定 ,  英語独習書 ,  コーパス ,  英語教科書 ,  英学史 ,  英語教育史 ,  英語教育 ,  Vocabulary Selection ,  History of ELT in Japan
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2012 - 2014 独習書の分析を通じた英語学習法の変遷に関する研究
  • 2003 - 2004 A quantitative analysis of the English textbooks of the Meiji, Taisho and Early Showa Eras
  • 2000 - 2002 A quantitative analysis of the English textbooks (1868 - 1940)
  • 2000 - 2001 英語基本語彙の選定と評価の基準に関する研究
  • 1997 - 1998 メンタル・レキシコンを応用したホームページ型語彙学習ソフトの開発
Show all
Papers (34):
  • 馬本 勉. 英学史におけるアクティブ・ラーニングの研究. 県立広島大学総合教育センター紀要. 2016. 1. 1-13
  • 馬本 勉. 『パーレー万国史』独習書に関する研究. 英語と英文学と:田村道美先生退職記念論文集. 2014. 53-62
  • 馬本 勉. 明治期における英語読本独習書の研究--森修一の独案内に見る英語学習の諸相. 日本英語教育史研究. 2010. 25. 89-111
  • 馬本 勉. 森修一の『独案内』から見た庄原英学校の英語教育. 庄原英学校の歴史と英語教育. 2009. 14-27
  • 馬本 勉. 広島中学校『英語之基礎』における語彙選定. 英學史論叢. 2009. 12. 13-24
more...
MISC (4):
  • English Language Self-Study Books from Hiroshima. 2012. 0. 27. 183-193
  • 馬本 勉. 英語教科書の計量的分析--研究の歩みと教科書のこれから (2005年[日本英語教育史学会]全国大会シンポジウム 戦後英語教科書の歴史と展望). 日本英語教育史研究. 2006. 21. 65-75
  • 馬本 勉. 語彙指導はこうしよう (特集1 「教師力」クリニック). 英語教育. 2004. 53. 3. 11-13
  • 馬本 勉. 研究手法としての「計量分析」の意義について (〔日本英語教育史学会〕創立20周年記念特集) -- (これからの日本英語教育史研究--2003年〔日本英語教育史学会〕全国大会シンポジウム). 日本英語教育史研究. 2004. 19. 51-59
Books (2):
  • 外国語活動から始まる英語教育:ことばへの気づきを中心として
    あいり出版 2014 ISBN:9784901903882
  • 英語教科書の歴史的研究
    辞游社 2004
Lectures and oral presentations  (3):
  • A History of English Language Teaching in Hiroshima : the Written Materials Speak : The Gist of the Symposium
    (日本英語教育史研究 2012)
  • これからの日本英語教育史研究 (〔日本英語教育史学会 第19回 全国〕大会研究発表レジュメ)
    (日本英語教育史研究 2004)
  • An Evaluation of the Word Lists for High School and College English Education
    (2000)
Education (3):
  • 1998 - 2001 Hiroshima University
  • 1987 - 1989 Hiroshima University
  • 1983 - 1987 Hiroshima University
Professional career (1):
  • 博士 (広島大学)
Work history (9):
  • 2020/04 - 現在 県立広島大学 生物資源科学部 教授
  • 2011/04 - 現在 Prefectural University of Hiroshima Faculty of Life and Environmental Scienses
  • 2007/04 - 2011/03 Prefectural University of Hiroshima Faculty of Life and Environmental Scienses
  • 2005/04 - 2007/03 Prefectural University of Hiroshima Faculty of Life and Environmental Scienses
  • 2002/04 - 2005/03 Prefectural University of Hiroshima
Show all
Committee career (12):
  • 2017/05 - 現在 日本英学史学会中国・四国支部 副支部長
  • 2016/04 - 現在 教育ネットワーク中国 運営委員
  • 2014/05 - 現在 日本英語教育史学会 副会長
  • 2003/05 - 現在 日本英学史学会中国・四国支部 事務局長
  • 2017/04 - 2020/03 教育ネットワーク中国 大学間・高大連携委員会 委員長
Show all
Awards (1):
  • 2010/05 - 日本英語教育史学会賞
Association Membership(s) (11):
広島大学英語教育学会 ,  岩崎研究会 ,  日本英学史学会中国・四国支部 ,  中国地区英語教育学会 ,  JAPAN ASSOCIATION FOR ENGLISH CORPUS STUDIES ,  外国語教育メディア学会 ,  日本英学史学会 ,  日本英語教育史学会 ,  全国英語教育学会 ,  大学英語教育学会 ,  大学教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page